2015年上半期(1月~6月)ANAの2015年1月以降に変化のあった運行路線

全日本空輸(ANA)をはじめとする航空会社は、上期(1月~6月)と下期(7月~12月)で運航ダイヤを変えることがあります。
路線を再開させたり、あるいは便数を増やしたり運休させる。シーズンや顧客ニーズに対応した調整を行えることが、航空会社の特徴といえるでしょう。

2015年、全日空は国内線において、需要の動向や競争環境を踏まえた上で、便数や運航機材の最適化に尽力してきました。全日空ユーザーの更なる利便性向上を目標に、ネットワークの幅も充実しています。実際、どのようにダイヤが変更されたかをご紹介します。

■2015年1月から変化のあった、ANA・国内線の運航路線
<運航開始・再開>
・羽田-岡山 1/2~1/5
・伊丹-函館 3/29~
・小松-千歳 3/29~10/24
・富山-千歳 3/29~10/24
・福島-千歳 3/29~10/24
・福岡-石垣 4/24~10/24(期間運航)
ただし、2015年5/11~6/19の期間は運休です。

再開線では、1日1往復体制の伊丹-函館、小松-千歳、富山-千歳、福島-千歳、福岡-石垣線があります。千歳空港発着3便は、元はエアドゥ運航によるもの。全日空とのコードシェア便でしたが、エアドゥ撤退により全日空が引き継ぐ形となりました。

また、上記の他にも関西-宮古(期間運航便)、千歳-利尻、関西-旭川、関西-女満別線などが、6/1~9/30まで1日1往復で運航予定です。

<増便>
・羽田-石垣 3/29~10/24 1日2往復(期間増便継続)
・伊丹-千歳 3/29~ 6往復
・関西-千歳 3/29~ 4往復
・福岡-宮崎 3/29~ 3往復
・羽田-稚内 6/1~  2往復
・中部-函館線 6/1~ 2往復
・中部-鹿児島 5/1~5/6 5往復
・中部-宮崎  5/1~5/6 4往復

<運航休止・減便>
・新潟-那覇 6/1より運休
・成田-福岡 3/29~ 1日2往復
・伊丹-福岡 4往復
・伊丹-仙台 5往復
・伊丹-新潟 4往復
・関西-函館 1往復(季節運航便化)
・中部-那覇 2往復
・仙台-千歳 2往復
・小松-福岡 1往復
・福岡-那覇 8往復
・那覇-石垣 6往復

減便線も数多くありますが、新潟-那覇線以降は、すべて3月29日スタートで、1日の往復回数も異なります。鹿児島-那覇線も3月29日~10月24日まで休止予定ですが、ソラシドエア便とのコードシェア自体は継続です。

那覇発着の中部線と石垣線の2便は、ソラシドエアとのコードシェア便を開始。それに伴い、那覇-中部を1日1便、那覇-石垣で1日2便の減便を行いました。ソラシドエアとの共同運航により、沖縄-名古屋線が3便、沖縄-石垣線が8便を全日空便として引き続き利用していく形です。

2015年上期、変更のあった路線を簡単に挙げて紹介しましたが、運航ダイヤの予定は、時季や状況で変化していきます。詳しい情報は公式ホームページから閲覧することができるので、利用の際は確認してみましょう。
常にお客様の利用性向上へ向けて尽力しているANAは、これからも国内線ネットワークをより充実させていくでしょう。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ