購入した主要航空会社の航空券は予約変更・払い戻しが可能か?

「急に仕事が入ってフライトをずらしたい」
「悪天候で飛行機が飛ばない時の対処法は?」

前々から入念に旅行や出張などの計画をしていても、時期や状況で予定が狂ってしまうこともあります。そんな時に気になるのが、飛行機の運航や運賃。

旅行の場合はホテルの予約などもありますし、なんとか計画を崩さず搭乗したいですし、飛行機の航空券は決して安いものではないだけに、支払ったお金の行方も心配です。

JALやANAといった主要航空会社の予約変更や払い戻しができるのか?
また、その方法と変更する際の注意すべき点は?

航空券について知っておきたいポイントをご紹介いたします!

■主要航空会社の普通運賃や株主優待割引は、便の変更OK!

ANAでは、出発前の変更、取消はもちろん、悪天候で欠航になった場合には、他の便へフライト変更したり払い戻しできます。また、病気などの理由でも、医師の診断書があればOK。その際の手数料もかかりません。

JALも同様のサービスを適用しており、同一区間のフライト変更ができます。また、ご搭乗予定便が欠航・30分以上出発遅延・天候調査中・条件付き運航となった場合は、払戻しできる期間が出発予定から40日以内と長く、ゆとりを持って計画を立て直せるのが魅力です。

01

払戻については購入した旅行代理店で返金できるため、空港カウンターで時間を取られずに済みます。その際に「欠航証明書」が必要となりますのでお受け取りいただきご確認ください。混雑や紛失などで手元に無い場合は、旅行代理店が運行状況の確認・対応をしてくれるので安心です。

 

■主要航空会社には、こんな手厚いサービスも!

病気などの理由により利用が出来なくなってしまった場合は、特例で出発予定日から30日以内の便であれば、振替えが可能です。
遅延によって深夜からのフライトになってしまった場合には、上限15,000円まで航空会社の費用負担でホテルの宿泊代や交通機関を利用することができます。

また、特典航空券などのチケットは変更できないことが多いですが、JALでは有効期限内であれば空席がある限り何回でも予約変更ができ、便を気にせず柔軟に計画が立てられます。

■変更NGやお金が戻らない便もあるので要注意

中には変更ができない運賃(券種)があります。

ANAの「旅割」などの格安チケットは、お客様都合での変更できません。払戻後に再度購入する必要があります。払戻の手数料は高額な物であれば50%以上の手数料が必要になります。
JALの「おともdeマイル割引」では変更・返金は不可、その他の運賃では取消手数料がかかります。その額も500~8,000円と、手数料の高い区間にとっては痛い出費となります。

快適でスムーズな旅をするのに、主要航空会社は適していますが、券種によってサービスに違いが差がありますので、航空券を予約する前に必ずチェックしてみましょう。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ