羽田空港でスマートフォンの充電が無料でできる!

スケジュール管理、地図の確認、ちょっとした調べ物から待ち時間の暇つぶしまで。
旅行中も大活躍するスマートフォンですが、その分バッテリー消費も激しくなるもの。

外出先でインターネットや動画鑑賞、ゲームで遊んでいるうちにバッテリー切れしてしまったことは、かなりの方がした経験があるのではないでしょうか。

そんなときに便利なのが、携帯電話の充電スタンドです。
国内線の飛行機旅行でお世話になる東京・羽田空港のターミナルビルには、第1、第2ターミナルビルの各所に無料の充電スタンドが設置されているのをご存知でしょうか。

空港に到着してからバッテリーの残量が気になったとき、飛行機の待ち時間を有効活用したいとき。
いざというときの充電切れでも安心の、羽田空港の充電スポットをご紹介します。

■羽田空港で携帯電話の充電サービスが受けられる場所は?

羽田空港では、下記の案内所にそれぞれ1台ずつ携帯電話の無料充電スタンドが設置されています。

【第1旅客ターミナル】
1) 地下1F・第7案内所
 京急の羽田空港国内線ターミナル駅のすぐそばにある集合場所、「太陽の塔」と「月の塔」に挟まれたちょうど中央に位置するインフォメーションセンターが、羽田空港の第7案内所です。

2) 地上2F・第1、第2案内所
 JAL、スカイマーク、スターフライヤー、日本トランスオーシャンの出発ロビーにあたる第1ターミナル2Fの北ウィング、南ウィング中央にあるインフォメーションセンターに、それぞれ1台ずつ無料の携帯電話充電器が設置されています。

【第2旅客ターミナル】 
1) 地下1F・第5案内所
 京急線、東京モノレール駅から接続する連絡通路の「左手」にあるインフォメーションセンターです。三井住友銀行と東京スター銀行のATM正面にあたります。
※反対側にある第6案内所には設置されていないのでご注意ください。

2) 地上2F・第1、第2案内所
 羽田空港のANA、エア・ドゥ、ソラシドエアの出発ロビーとなる第2ターミナルの各インフォメーションセンターにも1台ずつ設置されてます。

【ゲートラウンジ内】
 各旅客ターミナルのゲートラウンジにも、待ち合わせ座席のある出発コンコースの正面に、携帯電話充電スタンドが並んでいます。
 ※ゲートラウンジ内にある充電器スタンドは一部の携帯機種には対応していませんが、ご自身の充電器画を持参していればコンセントから充電可能です。
 

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ