国内旅行に必要なこと11選

同じ日本を旅する国内旅行では、現地に行けばなんとかなる、と甘く考えて、持ち物や事前準備のチェックも甘くなりがちです。

普段から旅慣れている人ならともかく、たまの旅行の前には、なにを準備すべきか迷います。
とはいえ旅行先で、「あれも持ってくればよかった!」「予約しておけばよかった!」と準備不足で後悔するのは避けたいところです。

そこで今回は、国内旅行で覚えておきたい、11個の便利な「準備のコツ」をお伝えします。

■これだけは忘れちゃいけない!旅の足と宿泊予約

【1.航空券(旅券)】
なにはなくてもまず必要なのが旅の足。
当サイト、格安航空券センターで予約した飛行機チケットは、「予約番号」「確認番号」の2つがあれば、当日チケットレスで飛行機に搭乗できます。
※スカイマーク(SKY)のご予約のみ、航空券引換え証の印刷が必要です。

便利なチケットレスサービス「eチケット」の詳細は、下記の記事でご確認ください。
>>出発当日のeチケットの使い方や空港のご利用方法について

【2.ホテル(宿泊)予約】
旅先で、ぶらりと宿泊先を決めるというのもオツですが、実際のところ予約は必須。
観光地周辺のホテルは、半年前には予約でいっぱいになってしまうことも珍しくありません。
人気のホテルや温泉旅館に泊まりたいときは、あえて連休の時期とずらした閑散期が狙い目です。

■荷物を減らして上手に節約♪身軽な旅の、ちょっとした知恵

【3.現金】
洋服のポケットに紛れた小銭が保安検査場の金属探知機に反応すれば、ムダな時間が取られてしまいます。飛行機に搭乗する前には、現金はしっかり財布にまとめておきましょう。

手荷物のサイズ・重量が厳しく制限されている格安LCCでは、旅行中に必要な物をすべて持っていくよりも、現地で買ってしまったほうが安上がりになることも。身軽な旅を心がけるなら、旅行先で立ち寄るスポットの周辺にある100円ショップをチェックしておくと便利です。

【4.クレジットカード】
旅行中は、思わぬ出費がかさむもの。クレジットカードといえば海外旅行の必須アイテムですが、国内旅行でもたった1枚あるだけでも頼もしさが段違い。また、ピーチ航空を予約している場合は、当日荷物を預ける場合、クレジットカード決済のみ受け付けになるので、利用する場合は忘れずに!
クレジットカードによっては、スーツケースやゴルフバック、スキーなど空港手荷物を無料で宅配できるサービスを会員に提供しています。対象となる空港や、対象の手荷物の規定はカード会社によって異なりますので、お手持ちのカード会社に確認しておきましょう。

■旅先で体調を崩した時の用心に!

【5.常備薬】
旅行中の疲れや環境の変化で体調を崩すのはよくあることです。ふだんから飲んでいる常備薬はもちろん、健康に自信がある人でも、軽い発熱や風邪に備えて、かさばらない粒状の総合かぜ薬などは準備しておけば、イザという時にも安心です。

【6.健康保険証】
学校の遠足や修学旅行では、健康保険証のコピーは必需品でした。
では、一般の場合でも、健康保険証はコピーでOKか、といえば、答えはNO。基本的に、保険証のコピーだけでは、ほとんどの医療機関で対応してもらえません。旅先で急に倒れたり事故にあった時に備えて、コピーではなく健康保険証を忘れず持っていきましょう。

【7.旅行保険】
国内の旅行で、わざわざ保険?と思うなかれ。
国内旅行保険は、日帰り、1泊2日なら200円台から加入できるうえ、旅行中に他人にケガをさせたり、物を破損してしまったりといった個人賠償責任補償は最大1億円規模の、手厚い補償が受けられる頼もしい味方なんです。
申込みも簡単で、旅行の直前にサッと加入できるので、万一の入院やトラブルに備えてぜひ加入しておきましょう。

■旅の準備に、思い出作りに大活躍!

【8.携帯電話】
飛行機チケットやホテルの予約番号をメールで確認したり、次の行き先を地図で確認したりと、旅行中も大活躍するのが携帯電話です。国内であれば万一バッテリーが切れてもコンビニに行けばモバイルバッテリーも買えるとはいえ、充電器も忘れず荷物に入れておきましょう。
スマホやタブレットのUSBケーブルを持っていれば、旅先で充電できるチャンスも多いのでなにかと重宝します。

【9.カメラ】
スマートフォンやガラゲーのカメラも進化しているとはいえ、やっぱりデジカメの画質は捨てがたいもの。とくに夜景の撮影では、圧倒的に一眼レフのカメラに軍配が上がります。
また、旅の思い出をムービーで残そうとすると、すぐに容量が一杯になってしまいます。写真だけでなく動画も撮影するなら、microSDカードやSDメモリーカードは余分に持っていきましょう。

【10.旅のしおり】
旅の前、計画を練るワクワク感も、旅行の醍醐味!
みんなで旅行の計画を立てる前にチェックしておきたいのが、行きたいスポットと時間を登録するだけで簡単に『旅のしおり』が作れる、スマートフォン向けの旅行プラン作成アプリの数々です。

スケジュールを登録しておけば、旅先で毎回いちいち次の目的地までの地図を検索する手間も省け、出かける前の持ち物チェックやお土産・買い物リストなどなど機能も満載。仲間と情報を共有するのもワンタッチと、至れり尽くせりのアプリがそろっています。

【11.旅の思い出を持ち帰るなら…】
旅の思い出を残すのに大活躍するアイテムが、小さなガラスのボトルと、ちょっぴり奮発した丈夫なメモ帳。

沖縄や奄美の旅行で、真っ白なビーチの砂や貝殻を詰めたガラスのメモリー・ジャーは、南の島の美しい風景をそのまま封じ込めた素敵なインテリアに早変わり!
旅先でメモ帳に走り書きした記録や、観光地で押したスタンプの残ったメモ帳は、デジタルな記録とはまた違った旅の息遣いが聞こえる、一生ものの宝物です。

関連記事:

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ