新千歳空港JAL国内線ラウンジがリニューアルオープンしました

飛行機に搭乗するなら、空港には早めに到着しておきたいもの。
時間通りに到着しても、飛行機の遅延は日常茶飯事。悪天候や滑走路の状況により、思わぬ空き時間が出来ることも。

空港のターミナルビルにはレストラン、お土産店、マッサージや有名ブランド店など、空き時間を過ごすのにぴったりな施設もいっぱいあって、ちょっと時間を潰すつもりが、思わず出費をしてしまった経験のある方もいるのでは。

そんな空港の待ち時間を、ゆったりとリラックスして過ごすのにぴったりなのが、各空港で飛行機に搭乗するまでの特別待合室、空港ラウンジです。

北海道は札幌の空の玄関口・新千歳空港では、国内線ターミナルビルの改修に伴い、2016年夏から従来の「さくらラウンジ」をリニューアル。さらに、新たに「ダイヤモンド・プレミアム ラウンジ」を新設します。

■フライト前にくつろぎの贅沢空間!新千歳空港の国内線ラウンジの利用方法は?

2016年6月29日(水)リニューアルオープンしました新千歳空港の「さくらラウンジ」は、ターミナルビルの2階から3階に移転します。

ゆったりとしたソファとテーブルの並んだラウンジ内には、新聞や雑誌などが取り揃えられ、無料LANや携帯電話の充電器、FAXやコピー機、ワーキングデスクなどビジネス利用に便利な設備が充実した快適な空港が広がっています。今回のリニューアルでは、以前より広いスペースを確保したくつろぎの空間となりました。

ソフトドリンクはもちろん、ビールやウィスキー、焼酎などアルコール類まで無料!新千歳空港のサクララウンジには、北海道限定のビール「サッポロクラシック」もあるのが嬉しいポイント。

【JALの国内線「サクララウンジ」の利用方法は?】
JAL上級会員専用のラウンジである「サクララウンジ」は、誰でも利用できるわけではありません。
ファーストクラスで搭乗するか、JALマイレージバンクの会員ステイタス(JMB上級会員、もしくはJGC会員。同行者1名まで無料でOK)などの条件を満たしている必要があります。
※ただし、羽田空港のサクララウンジに限り、事前に予約すればラウンジ利用料金(3,000円)を支払えば利用可能です。

■新設されるJAL「ダイヤモンドプレミアムラウンジ」とは?

今回新千歳空港に新設となる「ダイヤモンドプレミアムラウンジ」は、サクララウンジと同じくターミナルビル3階にあります。
JALマイレージバンクのダイヤモンド会員、JALグローバルクラブプレミア会員、そしてファーストクラスの搭乗者向けのラウンジです。

新千歳空港の新たなラウンジのデザインコンセプトは「日本の佇まい」。
サクララウンジの設備に加え、さらに落ち着いたゴージャスな空間が広がり、早朝にはパン、お昼はおにぎりなど軽食の無料提供もあり。サクララウンジと違い、忙しい時間帯でも満席になることもありません。

■ラウンジ入室資格がある方は、リニューアル前の代替サービスも忘れずに!

2016年6月29日のリニューアルオープンまでに新千歳空港を利用するラウンジ入室資格がある方を対象に、空港内レストランや、クレジットカード会員を対象としたカードラウンジの「スーパーラウンジ」で利用できるお食事券を配布されているようでした。

お食事券の配布場所は、2階JGCエントランス横のラウンジ代替サービス特設カウンターです。
新千歳空港の空港レストランといえば、北海道名物の美味しい料理が盛り沢山!ラウンジが利用できないのは残念ですが、入室資格をお持ちの方は忘れずに利用しましょう!

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ