最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

始発と最終の時刻表

新千歳空港(札幌)発~福島空港着のフライトはANA(全日空)の16:15発のみです。

新千歳空港(札幌)発~福島空港着 おすすめの時期

福島の旅行におすすめの時期は春と秋です。福島には46の国の史跡に指定されていて、全国的にも多い史跡の数を誇ります。そんな国の史跡に登録される代表的な鶴ヶ城や霞ヶ城では、春には天守閣と桜の美しい風景を目にすることができます。 さらに、自然景勝地に恵まれた福島では、新緑の木々が美しい初夏や紅葉に色づく秋のハイキングが楽しめます。また、10月や11月にはぶどう狩りや梨狩りも楽しめるのも、福島の秋の魅力です。福島は一年中、気候が安定しているので、春や秋以外にも、冬には雪化粧した山々の光景や、重要伝統的建造物群にも指定されている「大内宿」などの冬の景色は風情を感じることができるスポットです。 しかし、1月や2月は出発地となる新千歳空港(札幌)の就航率が他の時期に比べると下がるので、日程的にタイトなスケジュールでの旅行の際には、この時期はあまりおすすめできません。

観光情報と地域紹介

東北の福島の県庁所在地は福島市ですが、福島の人気の観光エリアは会津周辺です。この会津周辺には福島の代表的な景勝地が集中しており、なかでも猪苗代湖や磐梯山を含む磐梯高原が代表的な景勝地です。 磐梯山には大小30の小湖沼があり、時間帯や季節によって水面の色が変化することから「五色沼」と呼ばれ、その美しい光景を望めるハイキングコースは人気です。さらに、福島市の西から磐梯方面まで通る「磐梯吾妻スカイライン」は、秋には吾妻連峰の美しい紅葉を望むことができるドライブコースです。 会津若松市には、福島を代表する国の史跡「鶴ヶ城」、「旧滝沢本陣」や「会津武家屋敷」などの会津藩や白虎隊のゆかりのスポットが多く、歴史スポット巡りが楽しめます。鶴ヶ城と並び、福島の代表的な史跡「霞ヶ城」は二本松市にあり、この二本松市は日本の三大提灯祭りと称される「二本松の提灯祭り」が有名で、毎年10月に開催される祭りの期間には、約20万人の人出で賑わいます。 喜多方市は「蔵の街」としても有名で、風情なその街並みと、昔ながらの製法で作られる酒や味噌などのグルメを堪能できます。また、福島空港からは世界遺産に登録されている日光東照宮へのアクセスも良いこともあり、福島観光へ訪れた観光客は日光まで足を延ばすことも多いようです。 日光東照宮は樹齢400年~800年の神杉や、東照宮の煌びやかな建造物は一見の価値があります。

新千歳空港(札幌)発~福島空港着の距離とフライト時間

新千歳空港(札幌)~福島空港の距離720kmを、約45分の所要時間で運航しています。

就航している航空会社と運航本数

新千歳空港(札幌)発~福岡空港着のフライトを運航する航空会社はANA(全日空)のみで、運航本数は1日1便です。

新千歳空港(札幌)の特徴

ブランド総合研究所が毎年発表する「全国都道府県別魅力度ランキング」で9年連続1位を獲得している北海道。そんな北海道の空の窓口として重要な役割を担う新千歳空港(札幌)は、全国で5番目となる、2017年の一年間に約2271万人の国内外の旅行者が利用しました。 2018年頃にはインバウンドも増加傾向にあり、国際線においては特にLCCの増便が積極的に行われています。空港を利用する旅行者の増加に伴う混雑を軽減するために、国内線旅客ターミナルの改修工事が進められています。 さらには、2020年1月完成予定の8階建のターミナルビルの増築工事が進められています。新ターミナルの高層階には高級ホテルの開業や利便性を考慮した設備が充実するとされており、多くの旅行者が利用する新千歳空港(札幌)の動向は国内外から注目されています。

福島空港の特徴

福島空港は石川郡玉川村と須賀川市に跨る場所にある福島唯一の空港です。福島の第二の都市「郡山市」の中心部までリムジンバスで約40分の距離にあります。 福島空港はこの新千歳空港(札幌)の路線を含む、国内線4路線の定期便を就航し、チャーター便による国際線の就航を行なっており、2017年には約27万人の旅行客が利用しました。近年の空港利用者は増加傾向にある福島空港は、2018年3月に開港25周年を迎え、今後も空港利用者の増加が期待されています。 また、福島はウルトラマンの生みの親「円谷英二」が生まれた場所でもあることから、空港内には4mのウルトラマンティーガの像や、ウルトラマンシリーズの撮影で使用されたジオラマなどが常設展示されており、旅行客に喜ばれています。

この路線の利用者の傾向

新千歳空港(札幌)発~福島空港着の路線は、毎年約30,000~35,000人に利用されています。この路線は北海道から福島への観光客はもちろんのこと、福島から北海道旅行へでかける観光客の往路の便として多く利用されています。 そのため、北海道の人気の観光シーズンとなる7月下旬から8月が、通年で最もフライトが混雑する傾向があります。ANA(全日空)の最安値の航空券は10,800円で、搭乗日75日前までに購入の旅割75のチケットです。 この区間の就航本数が1日に1便と限定されるため、北海道観光を目的とする福島の旅行客が集中する連休の最終日や日曜日の便が特に混雑する傾向にあります。そのため、連休などを絡めた日程で旅行を計画する際には、早々にフライトの予約をすることをお勧めします。

まとめ

北の大地「北海道」、そして東北の福島。同じ日本の北のエリアにありながら、異なる個性を持ち、それぞれの地域の特色を感じながら、思う存分旅行を楽しめる場所です。 人気の観光地「北海道」も福島には、まだ周知されていない絶景スポットがたくさんあります。格安の航空券などを上手に利用して、度々旅行に訪れて、一度の旅をゆっくり楽しんでみることをお勧めします。

新千歳空港

北海道千歳市美々987-22

大きな地図で見る

電車を利用

  • 新千歳空港札幌駅間はJR線「快速エアポート」が運行。
    15分間隔(※) 所要時間36分(最速)
  • ※時間帯によって異なりますので、詳しくはJR新千歳空港駅にお問い合わせください。
  • 新千歳空港小樽 所要時間1時間12分(最速)
  • 新千歳空港帯広 所要時間約2時間30分 ※南千歳乗り換え
  • 新千歳空港旭川 所要時間2時間01分(最速)
  • 新千歳空港苫小牧 所要時間約30分 ※南千歳乗り換え

自動車を利用

  • 札幌都心約1時間
  • 苫小牧約30分

バスを利用

  • 札幌都心約1時間20分
  • 地下鉄東西線「大谷地駅」約40分
  • 苫小牧約45分
  • 室蘭約1時間45分

福島空港

福島県石川郡玉川村北須釜はばき田21

大きな地図で見る

自動車を利用

【福島方面】

「東北道」ご利用の場合
  • 福島空港「国見IC」約90.5km 約65分 2,150円(普通車)
  • 福島空港「福島飯坂IC」約79.4km 約59分 1,900円(普通車)
  • 福島空港「福島西IC」約69.4km 約53分 1,600円(普通車)

【会津方面】

「東北道」「磐越道」ご利用の場合
  • 福島空港「西会津IC」107.1km 約90分 2,600円(普通車)
  • 福島空港「会津坂下IC」95.7km 約80分 2,300円(普通車)
  • 福島空港「会津若松IC」80.8km 約65分 1,900円(普通車)
  • 福島空港「猪苗代磐梯高原IC」60.9km 約50分 1,400円(普通車)
  • 福島空港「磐梯熱海IC」42.9km 約40分 950円(普通車)

【いわき方面(北部)】

「あぶくま高原道路」「磐越道」「常磐道」ご利用の場合
  • 福島空港「常磐富岡IC」108.5km 約90分 2,300円(普通車)
  • 福島空港「広野IC」92.1km 約75分 1,850円(普通車)
  • 福島空港「いわき四倉IC」78.3km 約65分 1,500円(普通車)
  • 福島空港「いわき中央IC」65.5km 約55分 1,200円(普通車)

【いわき方面(南部)】

「あぶくま高原道路」「磐越道」「常磐道」ご利用の場合
  • 福島空港「いわき勿来IC」77.9km 約60分 1,500円(普通車)
  • 福島空港「いわき湯本IC」65.3km 約52分 1,150円(普通車)
  • 福島空港「いわき三和IC」52.4km 約43分 850円(普通車)

【白河方面】

「あぶくま高原道路」「東北道」ご利用の場合
  • 福島空港「白河IC」33.9km 約27分 900円(普通車)

【栃木県方面】

「東北道」ご利用の場合
  • 福島空港「日光IC」125.3km 約85分 3,000円(普通車)
  • 福島空港「宇都宮IC」100.6km 約67分 2,600円(普通車)
  • 福島空港「西那須野塩原IC」64.5km 約46分 1,700円(普通車)
  • 福島空港「那須IC」51.1km 約38分 1,350円(普通車)

バスを利用

  • 福島空港「郡山駅」約40分 1,080円
  • 福島空港「会津若松駅前」約2時間15分 2,000円
  • 福島空港「いわき駅前」約1時間25分 2,000円
  • 福島空港「湯本駅前」約1時間45分 2,000円

PAGE TOP