最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

小松空港(石川)から新千歳空港(札幌)の始発と最終の時刻表

小松空港(石川)発~新千歳空港(札幌)着のフライトは、ANA(全日空)が運航する小松空港(石川)12:15発のみです。

小松空港(石川)から新千歳空港(札幌)おすすめの時期

広大な大地の自然が織りなす風景は、季節毎に異なる表情を見せてくれるのも、北海道の魅力の一つです。さらに、梅雨がない北海道は、夏の時期は本州に比べカラッとした天候が特徴的で、7月~8月はその過ごしやすさから北海道旅行のハイシーズンです。また、日本で最も早い紅葉の時期を迎える北海道では、9月には日本最大の面積を誇る国立公園「大雪山国立公園」などの木々が紅葉のベストシーズンを迎え、多くの旅行者が足を運んでいます。冬にはウィンタースポーツや、北海道の冬の絶景を目的とする旅行者が増加します。国内屈指の人気の観光地「北海道」には一年中観光客が訪れ、空港をはじめ、人気の観光地は賑わいを見せています。そのため、ゆったりと北海道旅行を楽しむには、比較的観光客が少ない4月~5月がおすすめです。

観光情報と地域紹介

国内の旅行先として特に人気の北海道は、ブランド総合研究所が毎年発表する「全国都道府県魅力度ランキング」においても9年連続で1位を獲得していることでも周知されています。そんな北海道を訪れる旅行者数は増加傾向にあり、インバウンドの数は著しく増加しており、平成28年度に北海道を訪れた外国人は230万人に達し、今後もさらに訪日外国人の数は増加することが予想されています。全国の都道府県で最も広い面積を誇る北海道には、壮大な自然を垣間見ることができる世界遺産にも登録されている「知床半島」などの景勝地をはじめ、豊富な観光スポットがあることも人気の理由です。また、札幌市内では季節毎に様々なイベントが開催され、有名な「さっぽろ雪まつり」や、YOSAKOIまつりなどの開催時には多くの見物客で賑わいます。また、札幌以外にも、日本三大夜景や国の特別史跡に登録されている「五稜郭」がある函館、小樽運河の街並みが美しい「小樽」や、子供から大人まで楽しめる全国的に有名になった「旭山動物園」などは特に有名です。さらに、最近では、トマムの「雲海テラス」がメディアなどに取り上げられ話題となっています。トマム山頂に設置された雲の形をしたハンモックからの眺望を独自のスタイルで楽しめ、フォトジェニックなスポットとして人気を呼んでいます。また、北海道では雄大な大地の恵みで作られる農作物や新鮮な魚介類が豊富なことから、北海道グルメは旅行の目的の一つとしても挙げられています。

小松空港(石川)から新千歳空港(札幌)の距離とフライト時間

この区間の飛行距離は959kmで、所要時間は約1時間30分です。

小松空港(石川)から新千歳空港(札幌)の就航している航空会社と運航本数

小松空港(石川)発~新千歳空港(札幌)着の路線はANA(全日空)が一日に1本の定期便を運航しています。

小松空港(石川)の特徴

石川県には能登半島の能登空港と小松空港(石川)の二つの空港があります。北陸の小京都として人気の観光地「金沢」にほど近い小松空港は、2017年に約117万人の旅行者によって利用されました。国内線の就航先には、新千歳空港(札幌)以外にも、羽田、仙台、福岡、那覇へ定期便を運航しています。また、近年では金沢への特にインバウンドの旅行者が増加傾向にあり、東アジア圏の旅行者のニーズが高く、2018年の1月には国際線初のLCC就航となるタイガーエアー台湾(TWW)が台北との就航したことでも話題となりました。また、小松空港のターミナル内には展望デッキを備え、土産店なども完備しています。さらに、空港近隣には小型飛行機などの18機の展示やフライトシュミレーターが体験できる「航空プラザ」があることでも知られていて、航空マニアや子供連れが多く訪れています。

新千歳空港(札幌)の特徴

国内外からの北海道の空の重要な窓口としての役割を担う「新千歳空港」は、札幌からJR「快速エアポート」で37分の千歳市にある空港です。新千歳空港の利用者数は全国で5番目に多く、2017年には空港を利用した旅行客が約2771万人となり、開港後最も多い旅行客が利用したことでも話題となりました。多くの利用者を誇る新千歳空港(札幌)のターミナル内には豊富な北海道の物産品を扱うショップが所狭しと並び、常に多くの旅行客で賑わっています。さらに、ターミナル内には、映画館「ソラシネマちとせ」や実物大のエンジンパネルやタイヤが展示され、歴史などが学べる「デジタル航空博物館」なども併設されています。デジタル航空博物館内には、子供達が楽しめるフライトシュミレーターや、ちびっこ制服体験などもあり子供連れの旅行者に喜ばれています。現在、新千歳空港(札幌)では、特に利用者の増加が著しい国際線ターミナルの改修工事を2020年3月に完成を目標に進めており、同年には民営化も予定されていて、今後の動向が注目されています。

小松空港(石川)から新千歳空港(札幌)路線の利用者の傾向

小松空港(石川)発~新千歳空港(札幌)着のフライトを利用するのは、北海道観光を目的とした旅行者やビジネス目的の旅行者、さらに北海道から金沢に観光へ出かけた旅行者の往路の便としても利用されています。このフライトは毎年35,000人が利用する路線で、全国的にも北海道の人気の観光シーズンとなる、8月~9月が毎年混雑しています。この区間を運航するANA(全日空)の最安値の航空券は12,300円で販売されていて、搭乗日75日前購入の旅割75の格安航空券です。運航するフライトが1日1便と限定されているため、連休や週末などに予約が集中し、旅割などの格安航空券においては先の日程にも関わらず、残席が残りわずかなものや、満席のものが目立ちます。そのため、この区間のフライトを予約する際には、早々に予約することをおすすめします。

まとめ

北海道旅行者の8割はリピーターで、一度北海道を訪れた旅行者は度々北海道へ足を運んでいるほど、北海道は魅力溢れる場所です。新千歳空港は道内のハブ空港としても重要な役割を果たしており、広い北海道の大地に点在する景勝地や観光スポットへこの区間のフライトを利用して旅行を楽しむのもおすすめです。

小松空港

石川県金沢市鞍月1-1

大きな地図で見る

バスを利用

  • 小松空港→市内経由のバス「金沢駅」…約60分

新千歳空港

北海道千歳市美々987-22

大きな地図で見る

電車を利用

  • 新千歳空港札幌駅間はJR線「快速エアポート」が運行。
    15分間隔(※) 所要時間36分(最速)
  • ※時間帯によって異なりますので、詳しくはJR新千歳空港駅にお問い合わせください。
  • 新千歳空港小樽 所要時間1時間12分(最速)
  • 新千歳空港帯広 所要時間約2時間30分 ※南千歳乗り換え
  • 新千歳空港旭川 所要時間2時間01分(最速)
  • 新千歳空港苫小牧 所要時間約30分 ※南千歳乗り換え

自動車を利用

  • 札幌都心約1時間
  • 苫小牧約30分

バスを利用

  • 札幌都心約1時間20分
  • 地下鉄東西線「大谷地駅」約40分
  • 苫小牧約45分
  • 室蘭約1時間45分
小松空港発着の空港情報へ

PAGE TOP