最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

始発と最終の時刻表

始発 ANA(全日空) 8:25
最終 スカイマーク(Skymark) 17:40

神戸空港発(兵庫)発~新千歳空港(札幌)着おすすめの時期

壮大な大自然が広がる北海道。そんな北海道では一年中四季折々の風景を楽しむことができます。春には札幌市内の大通り公園では新緑の木々が美しく、夏にはラベンダー畑やひまわり畑が北海道の大地を彩ります。秋には日本最大の面積を誇る国立公園「大雪山国立公園」などの山々で紅葉を望むことができます。さらに、冬には毎年約250万人が訪れる「さっぽろ雪まつり」が開催され、期間中の札幌市内は多くの人で賑わいます。北海道の観光のハイシーズンは夏の7月~8月で、本州に比べ過ごしやすい気候でもあるため、多くの観光客が北海道を訪れます。そのため、人気の観光地には観光客で混雑していることが多いため、のんびりと北海道旅行を楽しみたい人には不向きです。また、冬の時期は天候悪化のための欠航便が発生する可能性もあるので、タイトな日程での旅行にはあまりおすすめできません。北海道は全国でも人気の観光地の一つです、北海道が大自然をゆったりと満喫するならば、比較的観光客が少なく、気候が安定する4月~5月がお勧めです。

観光情報と地域紹介

ブランド総合研究所が地域のブランド力を毎年調査発表する「全国都道府県別魅力度ランキング」にて、9年連続の1位を獲得している北海道。平成28年度には道外の観光客594万人、訪日外国人230万人が北海道を訪れる日本屈指の人気の観光地です。昨年3月から新千歳空港(札幌)の発着枠を大幅に広げたことにより、国際便を利用して北海道を訪れるインバウンドの数はさらに増加することが見込まれています。国内外からの注目が高い「北海道」には、最も多くの観光客が訪れる札幌市以外にも、世界自然遺産に登録されている「知床半島」や、日本三大夜景でも有名な「函館」、ラベンダー畑が美しい「富良野」、独自のスタイルを築いた「旭山動物園」など数多くの観光地があることも、観光地として人気の理由です。最近話題の観光地には、国内リゾートホテルチェーン「星野リゾート」が運営するトマムの「雲海テラス」です。雲海テラスではクラウドウォークと呼ばれる思考を凝らした展望デッキ「クラウドウォーク」や、昨年の9月にオープンしたばかりの雲の形をしたハンモック「クラウドプール」など、楽しみながらその絶景を楽しめるスポッットとして話題です。そんな見所たっぷりの北海道のさらなる魅力は北海道のご当地グルメです。新鮮な魚介類や大地の恵で育った野菜の数々など、北海道は食材の宝庫。そして、そんな食材を利用したオリジナルのグルメの数々も、観光客にとっては北海道へ旅行する目的の一つです。

神戸空港発(兵庫)発~新千歳空港(札幌)着の距離とフライト時間

この区間のフライト距離は1251kmで、所要時間は約1時間50~55分です。

就航している航空会社と運航本数

ANA(全日空)、エアドゥ(AIR DO)、そしてスカイマーク(Skymark)、の3社が神戸空港(兵庫)から新千歳空港(札幌)へ就航しています。各航空会社のフライト本数の内訳は下記となります。
ANA(全日空) 3本 *内、2本はエアドゥ(AIR DO)とのコードシェア便
エアドゥ(AIR DO) 2本 *ANA(全日空)とのコードシェア便
スカイマーク(Skymark) 3本

神戸空港発(兵庫)の特徴

神戸空港(兵庫)は神戸市街地からエアポートライナーで約20分の人工島「ポートアイランド」にあり、好アクセスな空港です。4月には「新神戸駅」から空港シャトルバスが開通したことにより、今までラッシュ時の利用が懸念されがちだったエアポートライナー以外に旅行者の選択肢が増え、空港までの利便性が高まりました。また、神戸空港(兵庫)は関西国際空港(大阪)と伊丹空港(大阪)と合わせて「関西三空港」と呼ばれ、今年の4月には関西三空港の一体運営が始まり、今後の動向が注目されています。平成29年度の空港利用者数は、開港以来最高の307万人で、昨年の夏にスカイマーク(Skymark)による仙台-神戸間の路線の就航を復活や、既存の就航路線を増便したことが要因となりました。年内では、夏ダイヤの那覇空港(沖縄)との1往復の増便が予定されています。また、神戸空港(兵庫)は現在、年間6000便の運航1万便を目標に掲げており、今後の動向が注目されています。

新千歳空港(札幌)の特徴

新千歳空港(札幌)は北海道で最も多くの旅行客に利用され、さらに全国でも5番目に利用客が多い空港です。昨年は開港以来、最も多い約2271万人が新千歳空港(札幌)を利用しました。近年は北海道観光を目的とするインバウンドの増加が目立ち、そのため国際線を中心としたLCCの増便を積極的に行っています。また、国内線においては、エアアジアジャパン(AirAsia)が中部国際セントレア空港(名古屋)との便を夏限定で増やすことを予定しています。利用客が増加する新千歳空港(札幌)では、ターミナルの設備強化のため、ターミナルの改修工事を実施しており、今年の1月末にはANA(全日空)やエアドゥ(AIR DO)のカウンターをリニューアルオープンさせたばかりです。また、旅行者が札幌方面への移動に最も多く利用する、JR「新千歳空港駅」においても、利用客の需要に対応するために今年の12月に完成予定で、駅構内のリニューアル工事を実施しています。今後、今まで以上に施設が整備され、利便性が整い新千歳空港(札幌)の利用客の満足度が高まりそうです。

この路線の利用者の傾向

神戸空港(兵庫)から新千歳空港(札幌)へのフライトは、北海道観光やビジネスを目的とした旅行者が多く利用しています。平成28年のこの路線の利用者は約23万人で、座席利用率は約65%でした。毎年、このフライトが混雑するのは、春休みの3月下旬、そしてハイシーズンとなる夏から秋にかけての7月~11月で、ピーク時には月に約5万人が利用し、座席利用率も約80%まで上昇します。3つの航空会社が運航しているこの路線ですが、最も安価な航空券を販売しているのが、スカイマーク(skymark)で、最安値は「いま得」の5,600円の航空券です。また、共同運航しているANA(全日空)とエアドゥ(AIR DO)の航空券においては、ほぼ同額で販売されています。このANA(全日空)とエアドゥ(AIR DO)のが共同運行している便において満席が目立っているのが、神戸空港(兵庫)11:55分発の便です。午前中に神戸空港までの移動に時間の余裕があるために多く利用されているようです。

まとめ

新千歳空港(札幌)を利用するのは、観光、ビジネスなどを目的とする旅行客ですが、北海道を訪れる修学旅行生も多く、修学旅行実施数においては、沖縄に続いて全国第二位にランキングされるほどです。そのため、北海道へ訪れる旅行者のリピート率は高く全体の約8割を占めています。広大な北の大地に点在する観光地や絶景、また、ワインやウィスキーからデザートいたるまで、豊富な北海道グルメの数々は、ふたたび北海道を訪れるモチベーションになっているようです。

神戸空港

兵庫県神戸市中央区神戸空港1

大きな地図で見る

電車を利用

  • 神戸空港ポートライナー「三ノ宮駅」…ポートライナーで約18分
  • JR三ノ宮駅JR「京都駅」…新快速で約48分
  • JR三ノ宮駅JR「大阪駅」…新快速で約20分
  • JR三ノ宮駅JR「姫路駅」…新快速で約37分
  • 阪急三宮駅阪急「梅田駅」…特急で約27分
  • 阪神三宮駅阪神「梅田駅」…直通特急で約27分
  • 市営地下鉄三宮駅市営地下鉄「新神戸駅」…約2分
  • 市営地下鉄三宮駅市営地下鉄「西神中央駅」…約30分

自動車を利用

  • 神戸空港「大阪市」…約40分
  • 神戸空港「姫路市」…約75分
  • 神戸空港「三田市」…約50分
  • 神戸空港「淡路島」…約70分

バスを利用

  • 「三田駅」神戸空港…約80分
  • 「フラワータウンセンター」神戸空港…約70分
  • 「学園7丁目」神戸空港…約90~95分
  • 「ゆりのき台4丁目」神戸空港…約90分

船を利用

  • 神戸空港「関西国際空港」…高速船で約30~40分(ベイ・シャトル利用)

新千歳空港

北海道千歳市美々987-22

大きな地図で見る

電車を利用

  • 新千歳空港札幌駅間はJR線「快速エアポート」が運行。
    15分間隔(※) 所要時間36分(最速)
  • ※時間帯によって異なりますので、詳しくはJR新千歳空港駅にお問い合わせください。
  • 新千歳空港小樽 所要時間1時間12分(最速)
  • 新千歳空港帯広 所要時間約2時間30分 ※南千歳乗り換え
  • 新千歳空港旭川 所要時間2時間01分(最速)
  • 新千歳空港苫小牧 所要時間約30分 ※南千歳乗り換え

自動車を利用

  • 札幌都心約1時間
  • 苫小牧約30分

バスを利用

  • 札幌都心約1時間20分
  • 地下鉄東西線「大谷地駅」約40分
  • 苫小牧約45分
  • 室蘭約1時間45分
神戸空港発着の空港情報へ

PAGE TOP