フジドリームエアラインズの手荷物お預かりと機内持ち込みのルールについて

2020年12月11日

フジドリームエアラインズは、2007年に設立された日本の地域航空会社です。
ハブ空港を静岡空港、名古屋飛行場、神戸空港として運航しており、就航地は国内14都市となっています。

フジドリームエアラインズは12機の航空機を保有していますが、航空機は全て違うカラーリングをしている個性のある航空会社です。

フジドリームエアラインズ_ロゴ” class=

手荷物を預ける際のルールは?

手荷物を預ける際の基本的なルール

手荷物を預ける際のルールは?

フジドリームエアラインズでは、預けられる手荷物をサイズと重量で定めており、この規定を満たしてさえいれば個数に制限はありません。

まず、サイズについては50㎝×60㎝×120㎝以内となっていますが、スキー、ゴルフバック、釣り道具、弓道具、サーフボードなど、この規定のサイズを上回るものについては、貨物室に余裕があれば、預けることができます。

ただし、その場合でも、搭載可能な長さは250㎝までとなっています。
重量については手荷物1個当たり32㎏まで、総重量100㎏まで預けることができます。

また、20㎏までの手荷物については無料、20㎏を超える場合は超過料金を支払えば預かってもらえます。
なお、ベビーカー、ゆりかご、チャイルドシートについては上記に関わらず無料で預けることができます。

スポーツ自転車の搭載サービス

フジドリームエアラインズでは、スポーツ用自転車搭載サービスを行っており、分解や折り畳みにより専用ケースに収納することが可能なスポーツ用自転車については預けることができます。

ただし、台数の制限があり、1便あたり最大7台までとなっています。

このサービスを利用するためには、搭乗日の3日前までにフジドリームエアラインズコールセンターのナビダイヤル「4番」に連絡して、「スポーツ用自転車搭載サービス」の利用を事前に申し込む必要があります。

なお、事前申込をすると出発空港で専用のハードケースを無料で借りることができます。
ハードケースはプラスチック段ボール製で、サイズは1150mm×810mm×305mmです。

ケースの組み立ては自分で行う必要がありますし、当然自転車も自分で分解もしくは折りたたまなくてはなりません。

専用ケースは到着空港でフジドリームエアラインズカウンタースタッフに返却します。
なお、この専用のハードケースを使わなくても、自分の所持している輪行袋を使用して預けることもできます。

専用のハードケースに入りきらない自転車の場合も、自分で輪行袋を用意すれば預けることができます。
いずれにしても、自転車は自分で梱包する必要があります。

梱包した自転車は搭乗便の出発30分前までにフジドリームエアラインズの搭乗手続きカウンターに預けます。

料金については、他の手荷物と同様の扱いになり、他の手荷物と合わせて20㎏までであれば無料、20㎏を超える場合は超過料金を支払うことになり、総重量も100kgまでと変わりません。

小さなペットも預けられる

フジドリームエアラインズでは、「ペットと一緒の旅サポート」というペットと一緒に旅行する乗客向けのサービスを行っています。

ペットを機内に連れていくことはできませんが、客室と同じ気圧及び気温が保たれている貨物室に預かってもらえます。

このサービスを利用するためには、フジドリームエアラインズコールセンターのナビダイヤル「4番」に連絡し、「ペットと一緒の旅サポート」のサービスを利用した旨を伝えておく必要があります。

また、搭乗日当日は、事前にフジドリームエアラインズの公式ホームページからダウンロード及び印刷した「愛玩動物同意書」の「お客様ご記入欄」に必要事項を記入し、出発時刻の30分前までに搭乗手続きカウンターに提出する必要があります。

なお、「愛玩動物同意書」は搭乗手続きカウンターでも用意されていますので、事前にダウンロード及び印刷ができない場合は、搭乗日当日に記入することもできます。

預けることができるペットは、犬、猫、小鳥などの飼いならされた小動物に限られています。

ただし、フレンチブルドックやブルドックなど鼻の短い犬については、預けることができない点に注意が必要です。

一般的に犬は温度、湿度、気圧の変化、音、揺れ、匂い等の変化に影響を受けやすいといわれています。

フジドリームエアラインズでは、その中でもフレンチブルドックやブルドックなど鼻の短い犬については特に航空機の輸送環境の影響を受けやすいと判断し、ペットを安全に輸送する観点から預かりを中止しています。

ペットを預ける際には、ペットをクレートに収納の上、預けることになります。
専用クレートの貸出も行っており、サイズはSサイズからLサイズまでとなっています。

専用クレートの利用料金は一律500円です。

いつも使っているクレートで預けることも可能ですが、プラスチック樹脂製で強度があり、扉にロックがかかるものでなければなりません。

条件を満たさないクレートの場合は、専用クレートを借りる必要があります。

なお、貸出を行っている専用クレートはサイズがLまでとなっていますが、持参のクレートであればXLサイズまで預けることが可能となっています。

クレート内に水や餌、タオルやおもちゃなどを入れることはできません。

ただし、給水機については、輸送中に破損や水漏れの恐れがなく、クレートに固定できる給水機に限り設置することができます。

給水機の貸出は行っていないため、乗客自身で手配する必要があります。
ペットのお預かり料金は、クレート一区画あたり4000円となっています。

したがって、クレートを借りて預ける場合は、4500円になります。
到着空港でのペットの受け取りは、手荷物受け取りエリアにて係員から直接渡してもらえます。

超過料金は?

20kgを超過した手荷物の超過料金は、1㎏あたり600円です。
例えば総重量50㎏の手荷物を預ける場合は、20㎏を超過した30㎏分の18000円が超過料金としてかかります。

手荷物の重量にはスポーツ用自転車搭載サービスでの自転車の重量も含みます。

ただし、上述のとおり、ベビーカー、ゆりかご、チャイルドシートについては、総重量に加算されす無料で預けることができます。

手荷物の機内持ち込みのルール

フジドリームエアラインズでは、機内へ持ち込みできる手荷物について、サイズ、重量、個数を定めています。
サイズは45㎝×35㎝×20㎝以内、重量は10kgまでで、1人につき1個までとなっています。

これらは、収納棚にしまえるサイズを前提としているため、このサイズを超える荷物は原則として預けることになります。

ただし、楽器や絵画などの大型の手荷物を持ち込む場合は、特別旅客料金を支払うことで持ち込むことが可能です。
特別旅客料金は5000円です。

楽器や絵画などは預けることもできますが、これらのものが破損や汚損しても補償の対象外となっているため、特別旅客料金を支払うことで持ち込みを認めています。

なお、特別旅客料金は、1名で同時に2席以上の座席が必要な場合に適用される料金です。

上記のように大型手荷物を持ち込む場合の他、ソーシャルディスタンスで隣の席を空席にしたい場合などにも利用することができます。

当然ながら、機内には爆発の恐れのあるものや燃えやすいもの、人に危害を与える可能性のあるものなどは持ち込みが厳しく制限されます。

ライターやスプレー缶などがある場合は搭乗前に処分する必要があります。

まとめ

当記事では、フジドリームエアラインズに手荷物を預ける際のルールと機内持ち込みのルールについて解説しました。

フジドリームエアラインズは、通常の手荷物の預かりサービス以外にもスポーツ自転車の搭載サービスやペットの預かりサービスを行っており、利用者にとって利便性の高いサービスが充実しています。

また、楽器や絵画などの輸送についても、特別旅客料金はかかるものの機内に持ち込むことを認めており、安心して輸送することができます。

旅行先でツーリングを予定されている方やペット同伴での旅行を予定されている方は、フジドリームエアラインズの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ