【日本国内初】バニラエアが国内旅行の傷害保険に航空機遅延・欠航時の補償追加

かつては運賃が安い、というポイントだけで利用客を集めることのできたLCCですが、さまざまな企業が参入し、その競争が非常に激しいものとなっています。
また、原油価格の高騰などによって、燃料などのコスト負担も大きなものとなっていますので、LCC大手のスカイマークエアラインも2014年、10月のダイヤ改正から赤字路線からの撤退、料金値上げを発表しています。

今後、LCCは料金だけでなく、さまざまな特色やサービスを展開しなければこの競争を生き抜くことはできないと言えるでしょう。

そんな中、独自のカラーで注目を集めているのがバニラエアです。

◆ビジネスではなくレジャー客をメインターゲットに
バニラエアの最大の特徴はビジネスでの利用客ではなく、レジャー客をメインターゲットとしている点でしょう。そのため、他LCCとは路線も異なっています。

拠点となる東京の成田、羽田から沖縄、奄美、そして札幌と観光客に非常に人気の高い地域を結ぶことによって、多くのレジャー客の獲得に成功しています。
また、旅行会社などとの提携によって、さまざまな割引プランなどを用意することによって、よりお得に、そして快適な旅行を楽しむことのできるLCCとして多くの利用客の注目を集めています。

◆バニラエア保険で安心できる国内旅行・レジャーを
レジャーに特化しているバニラエアはさらに旅行を安心して楽しむことができるように「バニラエア保険」を2014年7月から発売しています。

これは一般的な旅行保険で見られる傷害保険の他に、さまざまな理由で飛行機に遅延や欠航が生じてしまった場合の補償を組み合わせたものとなっています。

ピーチの大量欠航などによって、LCCは料金が安い代わりに欠航や遅延などが多い…と不安に感じている方も多いかと思います。
この保険に加入していれば、遅延や欠航に対する補償を受けることができますので、安心して格安料金での国内旅行を楽しむことができるでしょう。

また、この保険の引き受け保険会社は国内でも有数の大手損保である損害保険ジャパンが担当していますので、請求や支払に関するトラブルの心配もないでしょう。
楽しい旅行とは言え、まったく知らない土地へ行くわけですから不安な気持ちがまったくないわけではないでしょう。
このような保険があれば、その不安を安心へと変えることができるはずです。

これもまた、旅行、レジャーに特化したLCCであるバニラエアの大きな魅力と言えるのではないでしょうか。あなたもバニラエアを利用して格安ながら安心の旅行を楽しんでみませんか?

 

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ