2016年も満員御礼?!さっぽろ雪まつりの飛行機が増便

2月の札幌への便は大変な混雑が予想されます。これは、現地でさっぽろ雪まつりが開催されるためです。しかし、これは全国でも北海道でしか見られない大イベント、なんとかして見に行きたいものです。満席で飛行機に乗れなかったということがないよう、今後の空席を必ずチェックしましょう。

◆さっぽろ雪まつりは2月上旬~中旬に開催
大通公園、つどーむ、すすきのの3つの会場で、その名のとおり雪を盛大に使ったお祭りになります。市民と陸上自衛隊が総力を上げて作った氷像や、子供が楽しめるすべり台やスノークラフト、毛ガニや鮭を埋め込んだユニークな彫刻などさまざまな出し物があります。
お店では温かい飲み物や食べ物が販売されており、身体を温めながら寒い地域でしか見られない幻想的な芸術を眺めることができます。今年はさらに演奏コンクールやお笑いライブ、映画の上映などさまざまなイベントが行われるようです。一人旅でも、カップルでも家族でも楽しめること間違いありません。
今年は2月6日から開催され、大通会場とすすきの会場は11日(木・祝)まで、つどーむ会場は18日(木)まで開催されているので、飛行機とホテルを確保できれば遊びに行きたいものですね。

◆増便されるもののやはり混雑 空席チェックは必須です
さっぽろ雪まつりは今では全国から200万人以上の人々が訪れるほどの大イベントです。空路、陸路問わず大混雑するため、新千歳空港では発着枠を拡大しているとのことです。しかし、それでもチケットの争奪はなかなか過酷なもの。早めに予約を取らないと手に入らないこともあるでしょう。

すぐにでも予約してしまいたいところですが、スケジュールの都合からそうもいかないという方は多いはず。そのような場合でも、空席は定期的にチェックするようにしましょう。増便が決定したので空席を取れる可能性が出てきました。格安航空券センターでは複数の航空会社を同時に検索できるため、公式ホームページを1つ1つ見て回るよりも楽ちんです。スマホにも対応しているためぜひとも活用しましょう。

さっぽろ雪まつりの影響で、飛行機は増便されるものの2月の札幌への便は大混雑するでしょう。年に1度の大イベントに参加するためにも、空席を日々チェックするようにしましょう。ホテル予約もお忘れなく!

 

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ