普通席とプレミアムクラスのご紹介

「少し贅沢な旅をしたい」そのような時はぜひともANAのプレミアムクラスにチャレンジしてみましょう。お手頃値段でワンランク上の空の旅が楽しめるようになります。

◆優先窓口でスムーズ搭乗 ランクアップしたサービス一覧
このサービスを受けるためには、普通席と比べて5,000円~9,000円ほど追加代金が必要です。距離があるフライトなら数時間は過ごす場所のことですから、経済的に余裕があったら少し奮発しても良いかもしれません。

プレミアムクラスを設定している便は日本全国に広がっています。以下のようなサービスがあるようです。

  1. 空港に着いてから出るまでがよりスムーズ・快適に
    専用の保安検査場があり、優先的に手荷物の受け取り、飛行機への搭乗ができるようになっています。またラウンジが利用できるため、時間が空いた時にもゆったり過ごせるでしょう。
  2. 預かり手荷物の重量制限がアップ
    普通席では20kgですが、こちらでは40kgまで無料で預かってもらえます。旅行でもっとも注意したいものが帰りの便です。ついお土産を買いすぎてこの重量制限をオーバーしてしまったという方も少なくありません。しかし、40kgまで余裕があるならよほどのことがない限り引っかかることはないでしょう。
  3. シートがより快適に
    機種によって座席が異なりますが、どれも前方に1m以上の余裕があるため足を伸ばしてゆったりと過ごせるはずです。パーソナルライト、パソコン用の電源、USB充電ポートが装備されており、本を読んだり各種デバイスを使う方でも快適です。
  4. 機内食がさらに豪華に
    短いフライトでは軽食が、長ければ朝昼夕の食事も楽しめます。お重を模した弁当箱に入っており、各地の有名店舗が監修した本格的な味が楽しめます。
    飲み物もバリエーションがより豊富になっており、ワインや日本酒、ビールなど一部のアルコールが無料で飲めるようです。
  5. アメニティが充実
    音質を追求した高性能のヘッドホンや、手触りがバツグンのウーツ100%の毛布など、普通席のワンランク上のものを利用できます。他にも枕や耳栓、マウスウォッシュなども用意されており、キャビンアテンダントに言うことで借りられるようです。

より快適な空の旅を送れるようになるANAのプレミアムクラスを買うには、航空券に少し値段を上乗せするだけです。北海道や沖縄など、遠くへ旅行する方はぜひともチャレンジしてみましょう。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ