中国の格安航空会社「春秋グループ」と日本の格安航空会社の違い

格安航空券で高い人気を集めているLCCですが、外資系の航空会社が多く参入しています。その中でも特に高い注目を集めているのが中国の春秋航空です。

国内、国外合わせると、LCCの選択肢も非常に多くなっています。その中でどこを選べば良いのか迷ってしまうという方も少なくないでしょう。
そこで、注目が高まっている春秋航空と国内のLCCを比較してみましょう。それぞれのメリットをある程度知ることができれば、格安航空会社選びのヒントを得ることができるのではないでしょうか。

◆幅広い路線が利用可能な春秋航空
これまで、日本で利用することのできる春秋航空の路線は国際線のみでした。しかし、2014年8月から日本国内路線の就航が決定しています。
路線は成田~広島・高松・佐賀のみですが、国際線に関しては多くの空港をカバーしていますので国内線も同様に多くの路線が今後、利用可能になるとみられています。

国内のLCCの場合、どうしても利用者の多い路線のみに限定することによって稼働率を上げ、その分料金を引き下げる、というスタイルが主流となっていますので一社で多くの路線をカバーすることは困難です。

ですので、目的地によっては多くの路線を用意している外資系以外に選択肢がない、というケースも多くなるでしょう。

◆料金の面ではどちらが有利?
LCCを利用する上でもっとも気になるのが料金の面でしょう。どこを利用しても従来の航空会社と比較すればかなり安く設定されています。
そんなLCCの中でもより安いものを選びたい、と考えるのは当然のことでしょう。

この料金の面でも春秋航空は大きな強みを持っています。春秋グループ内の会社の一つである春秋航空旅行で同時にホテルなどを予約すれば大幅な割引サービスなどを受けることが可能となります。
国内LCCにも旅行会社と提携し、同様のサービスを展開しているところはありますが、やはり同系列のグループ内の旅行会社を利用する場合と比較すると、割引率も低くなりますし、プランの選択肢も少なくなってしまいます。

また、基本的な料金に関しても他LCCよりも低く設定されていますので、料金で選ぶとなれば春秋航空が選択肢の最有力候補となるのではないでしょうか。

高い人気を集めている格安航空会社。国内外の多くの会社が参入してきたことによって、選択肢はますます広がっています。
国内線に参入してきた春秋航空はその選択肢の中でも特に魅力的なものであることは間違いないでしょう。

国内LCCのみでなく、外資系にも目を向けることでよりお得な航空券を手に入れることができるでしょう。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ