EdyをANAクレジットカードでチャージするとEdyポイントプラスクレジットカードポイントも貯まる

全国のコンビニをはじめ、ドラックストアや飲食店など様々な店舗で使用できるプリペイド式の電子マネーEdy。プリペイド式のため使いすぎることもなく、クレジットカードを苦手とする方でも気軽に使える電子マネーとして人気です。

このEdyと切っても切れない関係にあるのがチャージ。方法は現金、クレジットカード、ポイントを使うなど様々ですが、なかでもANAカードを使うと、お得に利用することができるんです。

◆Edyで貯められるポイントは?
まずEdyを使うとどんなポイントが貯まるのか。カード式を使っているか、おサイフケータイ対応のスマートフォンなどを使っているかで異なりますが、カード式なら楽天スーパーポイントかANAマイルの2種類。おサイフケータイ利用ならANAマイル、楽天スーパーポイント以外にもauポイントやTポイントなど様々な種類から選ぶことができます。おサイフケータイを利用してポイントを貯める場合は、事前にどのポイントを貯めるのか設定が必要になりますので注意してくださいね。

飛行機を頻繁に利用する方で、すでにANAカードをお持ちなのであればANAマイルを選ぶのがおすすめ。特にANAダイナースカードなどを持っているのであれば、チャージするだけで使用した分と同じ分のマイルが付与されますので、二重取りが可能です。全てのANAカードが対象となるわけではないようですが、プレミアムと記載のあるカードならば対象になっているようですので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

Edyを使う上でチャージは絶対にしなければならない作業ですから、その中でマイルが貯められるのであれば、これほどありがたいことはないですね。楽天Edyと名称が変更になったあと、チャージだけでポイントが貯まるクレジットカードは数を減らしてしまったようですので、ANAカードは貴重な存在なのかもしれません。

◆ポイント三重取り!?お得な活用法
マイルの二重取りだけでも十分お得な印象を持ちますが、ANAやEdyが行っている特典を利用すると、より効率よく貯めることができます。おサイフケータイを利用して「Edyでポイント」サービスを利用している方には、ANAマイレージクラブモバイルへの入会がおすすめ。月額300円ほど必要ですが、Edyの利用でもらえるマイルがなんと3倍になります。さらに一般発売より早く旅割プランの予約が可能という特典もついていますので、入っておくと重宝するでしょう。

また、Edyでポイントのサービスを利用していない方でもEdyマイルプラス加盟店で利用すると通常の倍のマイルをもらうことができます。ほかにも、機内販売の購入をEdyで行うとボーナスポイントがもらえるなど、様々な特典も用意されているようですので、どんどん取り入れていってください。

マイルは飛行機を利用して貯めるもの、という印象が強いですが、Edyを利用するだけでここまで効率よく貯められるのですね。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ