関西空港の成長戦略としてLCCとアジア客の集客がカギ

格安航空券を売りにしているLCCが増加したことは、さまざまな点に影響を与えました。その中でも地方空港が受けて恩恵は非常に大きなものであるといえるでしょう。

都心にある羽田空港や成田空港と比較するとどうしても地方の空港は利用客が少なくなってしまいがちです。
そこに気軽に飛行機を利用することのできるLCCが参入してきたことによって、これまで飛行機をあまり利用することのなかった層を掴むことに成功しています。

関西空港もそんなLCCの参入によって大きな恩恵を受けてきました。そして、これからの成長の鍵を握っているのもやはりLCCでしょう。では、今後はどのような戦略が必要となるのでしょう?

◆ピーチが航空業界にもたらした衝撃
関西空港を拠点としているLCCであるピーチは、航空業界全体に大きな衝撃を与えました。格安航空券を上回る激安航空券によって、大きな注目を集めることとなったのです。

運営開始直後はシステムトラブルなどで大きな不安を抱えることとなってしまいましたが、現在ではシステムも安定し、格安でありながら安心して利用することのできる航空会社となっています。

2014年秋にもキャンペーンの一環として、国内線980円、国際線2000円といった通常では考えられないような料金設定での運行も予定されています。

関西空港はこの激安航空券を武器としたピーチの参入によって多くの利用者を獲得することができました。
近年の関西空港の成長の鍵を握っていたのはまぎれもなくLCCの格安航空券であったといえるでしょう。

◆これからの成長を握るのは?
関西空港をはじめとする地方空港のこれからの成長の鍵はどこにあるのでしょう?まず、一つのポイントとして、これまでの成長を助けてきたLCCの存在は忘れることはできません。
しかし、これだけでは大きな成長を望むことはできないでしょう。

そこで、もう一つのポイントとなるのがアジア戦略です。中国などをはじめとするアジアから日本への観光客は年々増加しています。
次のターゲットはそんな観光客です。

すでに、アジア系観光客をメインターゲットとしたLCCも登場しています。関西空港などの地方空港の今後の成長の鍵はここにあるでしょう。

近年参入が多くなっているアジア系LCCの誘致も視野に入れたアジア戦略がこれからの地方空港には欠かせないものとなるはずです。
近年の地方空港の成長を助けてきたLCC。これからはアジア戦略を視野に入れて地方空港と一緒にさらなる成長を目指さなければならない時期が来ているのかもしれません。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ