株主優待券はどういった時に使えばお得なの?

LCCの登場によって、飛行機を格安に利用することができるようになりました。かつて、その運賃は非常に高額なものでしたので、ちょっとした移動に気軽に使用することができませんでした。そこで、他の交通手段を使用し、移動に多くの時間を使うことになってしまいます。

近年、飛行機が利用することができるようになったおかげで、この移動時間を大幅に省略し、効率的に各地へ移動することができるようになっています。
これまで、国内でも遠方へ行く際には移動時間がかかりすぎることから、最低でも一泊はしなければならなかったところが、日帰りにすることもできるようになっています。
出張などではもちろんのこと、日帰り旅行の行き先のバリエーションも非常に豊富になりました。

そんな格安航空チケットですが、さらにお得に購入し、利用することができる方法があることをご存じでしょうか?それが株主優待券を使用する、という方法です。

◆株主優待券を手に入れるには?
一般的に、株主優待券はそれぞれの航空会社の株の所有者に配布されるものです。ある程度の株を所有していれば確実に入手することが可能です。
以前と比べれば株はという存在は身近なものとなっています。しかし、誰もがこの優待券のために株を購入することができるわけではありません。

そこで、もっと手軽に株主優待券を入手する方法があります。それがチケットショップで購入する、というものです。
現在、いたるところに出店している大手のチケットショップなどをチェックしてみましょう。するとそこにはさまざまな航空会社の株主優待券が格安で販売されています。
これを購入することによって、誰でも使用することが可能となっているのです。

では、そんな優待券はどのようなタイミングで使用するのがもっともお得なのでしょうか?

◆割引が使えない時に便利な優待券
近年では、早期割引など、購入時期によってさまざまな割引を受けることができるのは当たり前となっています。しかし、きまった期間に購入しなければなりませんので、急に旅行へ行きたくなった!といった場合にはこの割引を受けることができないケースもあるでしょう。

こんな時に便利なのが優待券です。これを利用することによっていつでもお得に航空券を購入することが可能となるのです。

株主優待券は、誰でも便利に使用することができるものです。あなたも一度利用してみてはいかがでしょうか?きっともっと飛行機を便利に利用することができるようになることでしょう。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ