ジェットスター・ジャパンが欠航や出発遅れで支払う見舞金の手続き方法について

飛行機を利用する際に、もっとも心配なのが欠航や出発時間の遅れです。予定通りに移動することができなければ、スケジュールの変更や代わりの航空券の手配だけでも一苦労です。また、その日の便が全て欠航なんてことになれば、翌日までの宿を確保しなければならないことになってしまいます。そうなれば、スケジュールが狂ってしまうばかりか、余計な費用まで必要となってしまいます。

そんな時の保証があればいいのに…そう考えている方も多いかと思います。人気LCCのジェットスター・ジャパンであればそんな要望を叶えてくれます。

◆ジェットスター・ジャパンの見舞金システム
搭乗予定の便の欠航、または大幅な時間の遅れに対する見舞金システムを用意しているのがジェットスター・ジャパンです。
対象となるのは、欠航、または6時間以上の遅れです。天候不良などによって、欠航や遅れが生じることは珍しいことではありません。
もちろん、しっかりと払い戻しや便の振り替えといった対応を受けることはできますが、それに対する見舞金が支払われるということはLCCはもちろんのこと、従来の航空会社であってもほとんどありません。

見舞金が出るとなれば、万が一欠航や遅れが発生してしまっても落ち着いて対処することができるでしょう。

◆見舞金受け取りのための手続き
いくら見舞金を受け取ることができるとはいっても、その手続きが面倒なのでは?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
その点もジェットスター・ジャパンではしっかりと考慮されています。
請求方法はとても簡単です。欠航や遅延が発生してから60日以内に見舞金請求書を郵送、またはメールで窓口に送付するだけです。
請求書を受領した翌々月の末日までに指定した口座に見舞金が振り込まれます。

発生からの請求期間が長めに設定されているため、慌てることなくゆっくりと請求を出すことが可能となっています。

◆LCCの弱点をカバーするシステム
ピーチの大量欠航のケースのように、LCCは必要最低限のスタッフ、機体で運営されていますので、トラブルによって欠航や遅延がおこってしまうことも少なくありません。
格安料金で運営するためには仕方のないことです。

ジェットスター・ジャパンではこのLCCの弱点を見舞金システムによってカバーしたと言えるのではないでしょうか。

格安であっても安心して利用することがきるという点は利用者にとって非常に大きなメリットとなるでしょう。LCCの場合確かに航空券は安いけれど少し不安、というあなたはまず、ジェットスター・ジャパンを利用してみてはいかがでしょう?

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ