28日前・45日前までの先得割引を使って飛行機を予約するとどのぐらいお得なのか?

LCCの登場によって、航空券の価格はどんどん安くなっています。これを上手に利用することができれば、遠方への移動も大幅に必要な時間を短縮することができます。
このLCCに大幅にシェアを奪われてしまったことによって、国内の大手航空会社もさまざまなキャンペーンを実施するようになりました。

中でもJALの実施している先得割引はその割引率の高さから非常に高い人気を集めています。これから旅行へ行く予定がある、という方はこの割引を利用することのできる期間に航空券を購入してみてはいかがでしょうか?
きっとお得で楽しい旅にすることができるはずです。

◆先得割引って何?
では、この先得割引とは具体的にどのようなものなのかをご説明しましょう。
先得割引が適用されるのは、出発の28日前まで、45日前までに航空チケットを購入することによって受けることのできる割引になります。

その割引率は最大でなんと81パーセントとなっていますので、非常にお得なサービスであると言えるでしょう。

さらに55日以上前までのチケット購入によって最大で82パーセントの割引を受けることのできるスーパー先割というサービスも実施されています。

旅行の場合、ある程度早い段階から計画を立てるものですので、こういったサービスを利用することは難しいことではありません。
旅行の日程が決まったら、できるだけ早く航空券を購入するように心がけましょう。それだけで移動に必要な費用を大幅にカットすることが可能となるかもしれません。

◆割引航空券の注意点
大幅に料金が割引される、というメリットは確かにありますが、デメリットがないわけではありません。JALに限らず、さまざまな航空会社が同様のサービスを実施していますが、そのほとんどで共通しているのが、便の変更などには対応することができない、という点です。
もちろん、天候や航空会社の都合による欠航などの際には変更や払い戻しは可能ですが、こちらの都合による変更はできません。

また、さらにキャンセル不可となっているケースや、キャンセル料が通常よりも高額に設定されているケースもあります。
一度予約したら基本的に予定の変更はできない、と考えておくようにしなければなりません。

このように、確かにデメリットも存在していますが、大幅な割引を受けることができますので、非常に魅力的なサービスであることに変わりはありません。
これから飛行機を使った旅行を計画されている方はこの先割のことを頭に入れておくようにしましょう。

 

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ