2015年11月10日からファミリーマートの店頭でもジェットスターの航空券の購入が可能に

ついに2015年11月10日よりファミリーマートでもLCCの草分け亭存在のジェットスターの航空券が購入可能になりました。今まではインターネットを利用した購入方法がメインでしたが、近所にもあるファミリーマートでも購入できるとなると、かなり便利になりますね。ファミリーマートといえば2015年は非常に好調なことでも知られ、2015年は昨年よりも9パーセント以上店舗数が増えています。さらに同社はこれまで、ローソンやミニストップでも同様のサービスを行っていますので、これをきっかけによりニーズが拡大されることが予想されるでしょう。

◆店頭で航空券が購入できるようになると、何が変わる?
今までジェットスターの航空券の購入はインターネットでの購入がメインではあったものの、スマートフォンからでも可能でした。最近はスマートフォンを持っていない人の方が珍しい、といわれる時代ですのでそこまで不便はないように見受けられますね。では、店頭購入のメリットはどこにあるのか。それは現金での決済が可能になったということ。スマホやパソコンなどの、インターネットを利用した従来の購入方法ではクレジットカード決済が主体でした。そのためクレジットカードを持たない学生などが利用するには、なかなかハードルが高ったようです。

ですが今回店頭での現金決済が可能になったことで今まで利用したくてもできなかった、という人たちも利用しやすくなりました。やはりLCCの売りは航空券の安さです。その安さの需要がもっとも高く、さらに旅行する機会が比較的多い世代といえば大学生などの、若者世代。今回のことをきっかけに、同社はより学生などの若者層を取り込みをねらった、というのが同社の考えなのだそうです。

◆購入可能なコンビニは、全国2万5千店以上へ
同社の航空券の購入は、ファミリーマートでサービスを始めたことで全国約2万5千店ものコンビニで可能になりました。これはファミリーマートでサービス開始以前から、ローソンで行っていたことが大きく、今までよりもかなり便利になることは間違いないでしょう。

LCCというと徹底したコストカットと合理化によって低価格の航空券を販売していますが、その反面、顧客にとっては少々不便とも思える部分もありました。やはり決済方法が限定されてしまう、というのはかなり大きなデメリットだった、といえるでしょう。ですがこれからは、そういった不便もなくなりますので、より便利に、より安く飛行機を利用できるようになるのではないでしょうか。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ