ジェットスターに問い合わせたい時はどうすればいい?|用件ごとの問い合わせ先とコンタクト方法

2022年02月7日

「ジェットスターに問い合わせをしたいけど、問い合わせ先が分からない」
「こんな場合はどのようにコンタクトすればいいの?」
という疑問を解決します。

この記事で分かること
・ ジェットスターの問い合わせ先
・ ジェットスターへの問い合わせ方法
・ 用件ごとの解決方法
・ 電話がつながらない時の対処法

ジェットスター国内線の問い合わせ方法は3つある

ジェットスターへ問い合わせをしたい場合は、電話以外にも方法があります。
なるべく通話料金をかけずに問い合わせしたい場合や、出先で電話が使えない時などに便利な方法もあるので、試してみてください。

コンタクトセンター

一番手っ取り早いのが電話での問い合わせです。
コンタクトセンターは音声ナビダイヤルになっていて、用件を選択していくとスタッフと直接通話できます。ジェットスターのコンタクトセンターにはフリーダイヤルがなく、全てナビダイヤルです。

そのため、通話料がかかります。

ジェットスターコンタクトセンター(予約専用窓口)

0570-550-538
0570-3163-8538

営業時間:日本語対応/9~21時、英語対応/24時間
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、当面の間英語対応の営業は6~22時(オーストラリア東部標準時)に短縮しています。(2021年12月現在)

問い合わせたい用件ごとに以下の番号を選択します。

航空券の予約・申し込み→1
航空券の予約・駐車場の申し込み→2
荷物の遅延・破損→3

ナビダイヤルの最初の段階では、スタッフとの通話を選択するボタンはないので注意してください。

ライブチャット

ジェットスターにはメールで問い合わせることはできませんが、公式ホームページまたはアプリからチャット機能を使って問い合わせることができます。
問い合わせ画面から「ライブチャット」ボタンを選択し、「氏名」「電子メールアドレス」「予約番号」を入力してライブチャットを開始します。
ライブチャットは9〜21時の間利用可能です。
時間帯によって混み合うことがあるので、つながりにくい場合はしばらく時間をおいてから再度問い合わせてください。

スカイプ

ジェットスターはスカイプからも問い合わせができます。

Skype name:Jetstar-Japan

こんな時はどうしたらいいの?用件ごとの問い合わせ先

万が一のトラブルや急なアクシデントに遭遇したら、どこに問い合わせたらいいか迷うかもしれません。
そんなときに役立つ問い合わせ先を用件別にまとめました。

搭乗する便を変更したい

急な予定の変更で、予約した便を変更したい場合の問い合わせ方法です。
便の変更手続きはコンタクトセンターでも受付できますが、通話料がかかります。
また、電話が混み合っていてなかなかつながらない場合もあるので、公式ホームページからの変更手続きがおすすめです。

ジェットスターの公式ホームページまたはアプリを起動します。

①「予約の確認/変更」を選択する。
② アカウントをお持ちの方は「ログイン」を、お持ちでない方は「ログインせずに予約検索」を選択する。
③「詳しくはこちら」を選び「代替便/他の選択肢を確認する」を選択する。
④「代替便」を選ぶ。
⑤ 希望する代替便を選択

ジェットスターでは予約している便のチェックイン開始時刻まで、出発日と搭乗便を変更できます。
チェックイン開始時刻を過ぎると変更ができなくなりますので注意してください。
便の変更には手数料がかかります。
手数料はWEB、コンタクトセンター、空港で変更した場合、3,500円です。

航空券をキャンセルまたは払い戻ししたい

搭乗予定便をキャンセルし、航空券の払い戻しを希望する場合も、公式ホームページからの手続きが便利です。
ただし、払い戻しできるのは、払い戻し可能な運賃種別、バウチャー払い戻しオプションを購入している場合のみです。

ジェットスターの公式ホームページまたはアプリを起動します。

①「予約の確認/変更」を選択する。
② アカウントをお持ちの方は「ログイン」を、お持ちでない方は「ログインせずに予約検索」を選択する。
③「詳しくはこちら」を選び「代替便/他の選択肢を確認する」を選択する。
④「他の選択肢を確認する(払い戻しなど)」を選ぶ。
⑤ 払い戻しを希望するフライトを選択する。

航空券の払い戻し手数料は3,000円です。
返金金額から払い戻し手数料を差し引いた金額が払い戻しされます。
ジェットスターの払い戻しは、基本的に「フライトバウチャー」というジェットスター内で使用できる商品券で払い戻しされます。
このフライトバウチャーは次回の航空券購入などの際に利用できます。
※運賃種別、支払い方法によって例外あり

運航状況を知りたい

搭乗する便の運航状況を知りたい場合は、公式ホームページで確認できます。
コンタクトセンターやライブチャットでも問い合わせできますが、通話料がかかるのでWEBからの問い合わせがおすすめです。

① ホーム画面の「運航状況」を選択する。
② 出発空港、到着空港、日付をそれぞれ入力。
③ 指定日の運航状況が表示される。

手荷物を紛失もしくは破損していた

帰宅後に手荷物の破損に気づいた場合には、申告期限内に問い合わせをする必要があります。
コンタクトセンターまたはライブチャットにて問い合わせしてください。
ジェットスター国内線の申告期限は以下の通りです。

・ 受託手荷物の破損:受領後3日以内
・ 受託手荷物の到着遅延または紛失:21日以内
・ 機内持込み手荷物の破損、紛失:3日以内

申告期限は運送約款で定められていて、期限を過ぎてしまうと対応してもらえません。
期限内に申告できるように、空港内で破損などがないか確認することをおすすめします。

忘れ物をした

搭乗した飛行機またはラウンジで忘れ物をしてしまったという場合は、ライブチャットで問い合わせをしてください。
空港内での忘れ物は、利用した空港ターミナルビルへ連絡してください。

電話が繋がらない!なかなか電話がつながらない時の対処法

ジェットスターのコンタクトセンターは混み合っていることが多く、なかなかつながらないことがあります。
つながりにくい時の対処法を紹介します。

ライブチャット、Skypeを利用

コンタクトセンターがつながらない場合は、ライブチャット(9〜21時)やSkypeの利用がおすすめです。

つながりやすい時間帯を選ぶ

電話が混み合う以下の時間帯を避けると、比較的つながりやすくなります。

・ 9〜10時(営業開始直後)
・ 12時(お昼時)
・ 18時以降

電話がつながりやすくなる時間帯は以下のとおりです。

・ 11〜12時、
・ 14〜16時

どうしてもなかなかつながらない時は、つながりやすい時間帯に電話して気長に待つしかありません。

外国語で問い合わせ

日本語以外で問い合わせることができる方は、外国語対応を選択することによってつながりやすくなります。
コンタクトセンターに電話をかけるとナビダイヤルで言語選択を案内されます。

日本語→1
英語、中国語、韓国語→2

24時間対応(現在は6~22時)していますので、かけることができる時間の選択肢も広がります。

まとめ

ジェットスターへの問い合わせ方法には、コンタクトセンター、チャット、スカイプという複数の選択肢があります。
また、搭乗便の変更、払い戻し、運航状況などについては、問い合わせをしなくてもWEBで行うことができます。
電話がなかなかつながらない場合は、外国語の選択や、時間帯を選ぶなど工夫することで繋がる可能性が高くなるので試してみてください。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ