ソラシドエア早割プランバーゲン80からバーゲン14について

ソラシドエアでは早期の予約で航空券の割引を行う、早割プランを販売しています。大手やLCCなどの各社がこぞって販売している早割プランですが、他の格安航空券とどういった特徴があるのでしょうか。

◆早割プランバーゲン80からバーゲン14について
現在ソラシドエアで販売されている早割プランは80日前に予約を入れることができるバーゲン80から60、35、28、14となっています。他社では40日前や28日前などが主力となっているようですが、あえて違う日数を売り出すことで差別化を図っています。

注目すべきは、早割プランを販売している航空会社の中では最も早く予約を入れることができるバーゲン80です。かなり前もっての予約となりますが、その運賃は驚くほど安くなります。例えば羽田~鹿児島間の9月から10月までの普通運賃は37,500円ですが、バーゲン80であれば最安値が10,300円となります。
早く予約を入れるだけで半額以下で利用することができますので、普通運賃の片道分で鹿児島から行って帰ってこられるわけです。そこまで前もって予定を立てることができなかったとしても2週間前に予約を入れておけばバーゲン14が利用できますので15,200円で航空券を購入することができます。
夏休みの旅行や帰省の際にこのバーゲンシリーズをうまく活用すれば、大人数で飛行機を利用するのもずいぶん手軽になりそうですね。

また、万が一急な用事で急遽航空券を手配しなければいけない場合にも対応した格安航空券を販売していますので、用途に合わせて選ぶとグッとお得に利用できると思います。

◆早割プランをより手軽に?取消手数料の一部を廃止
早割プランの難点と言えば、予約の変更がきかないことと取消手数料が高額な点です。ソラシドエアでは予約変更はできないものの、60日前までであれば取消手数料が無料となっています。他社の何日前かに関わらず取消手数料が発生するプランと比べると、利便性の高い制度といえますね。
しかし、60日を過ぎてしまうと運賃の50%分の取消手数料が発生しますので、万が一キャンセルする場合は早めに行うことをおすすめします。また、バーゲン14に限っては運賃に関わらず3,000円ないし2,000円の手数料が発生しますが、もとの運賃を考えると非常に良心的でしょう。

この60日前までなら手数料が無料になる制度をうまく利用すれば、予定が不確かな場合でもより気軽に予約を入れることができるようになるので利用客の間では歓迎する声が多くあがっています。
しかしその反面、日にちをうっかり間違えていたりするとかなり高くついてしまうので購入時の確認が重要になってきますね。

早割プランはとにかく安い運賃が魅力ですがその反面、予定が不確かだと予約が入れにくいという大きなハードルがあり、ソラシドエアの手数料一部無料化はこのハードルを下げるには十分な材料と言えるでしょう。
同社ではそれだけでなく、バーゲンシリーズの値下げを続々と発表するなど、集客に対して惜しみない努力を続けています。LCCの台頭により苦戦を強いられる日本の航空会社ですが、形勢逆転の大きな一手になるのか、今後の動向に注目が集まっています。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ