スカイマークの往復格安チケットを最安値で検索

スカイマークの魅力といえば、格安の運賃で結ばれた、茨城空港・札幌(千歳空港)・神戸空港など全国を就航している独自路線の数々。

スカイマークの格安チケットを検索すると最安片道4,600円~、往復でも1万円以下という驚きの価格で、全国各地を結ぶ格安の国内旅行が楽しめる路線があります。

旅行するならスカイマークの格安チケット

スカイマークで行く、往復1万円のオススメの観光スポットをご紹介します。

いま、片道4,600円からチケットを販売しているのは「神戸-長崎線」「神戸-鹿児島線」「福岡-那覇線」の3路線です。

■神戸空港といえばスカイマーク!異国情緒溢れる町並みを探索するオススメ観光スポット

2006年の開港以来いちはやく就航し、いまでは神戸空港に発着する全便の7割近くを占めているスカイマーク。神戸空港発着のスカイマーク便は、羽田・新千歳・仙台・茨城・米子・長崎・鹿児島・那覇の国内全7都市へ就航しています。

明治・大正時代のレンガづくりの洋館が立ち並ぶ「北野異人館」や、日本三大中華街のひとつ「元町南京町」など、古くから貿易港として栄えてきた神戸を代表する異国情緒あふれる観光スポットが集まる元町駅は、神戸空港からポートライナーで三宮駅へ向かい、乗り換えてから約1分の好アクセス。

神戸で贅沢に休日を過ごすなら、市街から少し離れた隠れ家的なカフェ・レストランを巡り、「坂のある街・神戸」の美しい風景のなか、神戸スイーツや神戸牛など絶品ご当地グルメを味わう、のんびり優雅なグルメ散策もおすすめです。

■「長崎」と「神戸」、古くから栄えるふたつの港町を往復する、歴史に触れる旅

スカイマーク便で結ばれた、九州と本州を代表する歴史の古い港町・長崎と神戸。
周囲を豊かな海と山に囲まれ、巨大な中華街と外国人居留地のなごりを残す洋風建築が共存し、さらに日本三大夜景に選ばれるほど美しい夜景を持つなど、驚くほど多くの共通点を持っている2都市です。

しかし、その歴史的な成り立ちの差から、ふたつの港町に残る史跡は大きな違いがみられます。
2015年7月、軍艦島とともに世界遺産に登録されたことも記憶にあたらしい旧グラバー邸をはじめ、明治・大正期の洋館が立ち並ぶ神戸の洋館とちがい、幕末~明治初期の面影を残す長崎では、西洋式の平屋建てに和風の茅葺き屋根というエキゾチックな建築がメイン。

また、江戸時代の鎖国下に唯一の対中貿易港だった長崎の長崎新地中華街は、当時出身者の多かった福建省料理をベースにした庶民的な価格の中華料理が魅力。ちゃんぽん、皿うどん、角煮まんなど名物料理の数々を、お手頃価格で食べられるお店が並んでいます。

■鹿児島旅行で不安な現地の足は、観光バスの利用がオススメ!

九州では、長崎とともに神戸空港と格安の往復便が就航している鹿児島も、西郷隆盛、大久保利通、坂本龍馬、そして大河ドラマでおなじみの篤姫など、幕末から明治の日本を動かしてきた偉人達にゆかりのある歴史スポットがいっぱい!

鹿児島県内の観光は、車を使ったドライブが基本。観光名所を自分で調べて、レンタカーやタクシーで巡る手もありますが、格安チケットで1泊ふらりと訪れるような格安旅行なら、短時間、ローコストで定番観光地を周遊できる観光バスもオススメです。

鹿児島市営バスが運行している3時間半の「市内歴史探訪コース」では、各施設の入場料とガイドさんの案内もついて2,200円で、鹿児島市内の定番歴史スポットを効率よく観光できます。
ほかにも、鹿児島交通観光バスの「霧島・えびの高原定期観光バス」では、えびの高原や塩浸温泉、和気神社など鹿児島の自然と歴史の観光が、空港バスターミナルに直接発着。午前・午後の半日コースと一日コースから選べます。

■那覇からたった20分、そこは亜熱帯の楽園!沖縄格安旅行にオススメの「チービシ環礁」

就航以来、福岡と沖縄を繋ぐ、手軽で身近な空の足として親しまれているスカイマーク便。

那覇市内の限られた区間を走るモノレールのほか、路線バス以外の公共交通がない沖縄では、美ら海水族館のある中部や、豊かなやんばるの森が広がる北部にまで足を伸ばすなら、レンタカーはほぼ必須です。
とはいえ観光客の多いハイシーズンでは、空港に到着してから借りようとしても空車がないことも多いので、現地の足に車を考えているなら、飛行機のチケットと合わせて早めにレンタカーも予約しておきましょう。

短期滞在の格安旅行では「ケラマブルー」で知られるダイバーの楽園・慶良間諸島と那覇市のちょうど中間にある、チービシ環礁のマリンレジャーも見逃せません。

那覇の泊港からフェリーで出発してほんの2,30分で、どこまでも透明な海と、真っ白な砂浜の無人島が待っています。シュノーケリングの半日プランは5000円前後から。那覇市の格安ゲストハウスに宿泊すれば、スカイマークの往復運賃と合わせても2万円以下で南国の楽園が満喫できます。

■片道5,000円以下の国内旅行!スカイマークの格安チケットを、確実に予約する方法は?

スカイマークで一番お得な格安航空券を探すなら、最大70%以上の割引となる「いま得」と、2015年冬ダイヤから復活した早期割引チケット「SKYバーゲン」から選ぶことになります。

「いま得」は、LCC各社でもおなじみの、空席に連動して運賃が変動する割引システムです。
オフシーズンの平日月曜~木曜など、比較的空席の多い便が狙いやすい時期もあるのですが、実際に狙った便が割安で買えるかどうかは、その時の状況次第になる部分も。

搭乗の3日前から前日まで予約を受け付けているので、急にぽっかりと予定が空いたとき、格安チケットが残っていたら、気ままな日帰り・一泊旅行にご利用をオススメします。

確実にスカイマークの格安航空券を手に入れるなら、やはり搭乗日から45日前まで購入できる「スカイバーゲン45」がオススメです。チケットが売り切れる前に、早めの予約で手に入れましょう!

格安チケットの購入方法でお悩みの際は、国内線の最安値のチケットをご案内する当サイトまで、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ