スターフライヤーの国内線のシートピッチはどれくらい?座席の特徴とWi-Fiサービスについて

2022年01月13日

「国内線の飛行機の座席は狭い」
そんなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

実はスターフライヤーの座席のシートピッチ(座席間隔)はそのイメージを覆すほど、広くて快適な座席となっています。
11年連続で「顧客満足度No. 1」に選ばれたスターフライヤーの座席にはどんな特徴があるのでしょうか。

この記事では、スターフライヤー国内線の座席の特徴、機内で使えるWi-Fiについて紹介します。

スターフライヤーの座席の特徴

シートは全席黒のレザー

スターフライヤーの機内シートは、以下のようなコンセプトで設計されています。

「プライベートオフィスのように快適に」
「ホテルのラウンジのような寛ぎ」

機体の黒の色と合わせて、シートも全席黒のレザーシートです。
コンセプト通りの高級感を感じられる作りとなっています。

全座席に標準装備されている設備

・ヘッドレスト
高さや左右の傾きを調整することができます。
好みに合わせて調整できるので、リラックスできます。
飛行機で仮眠を取りたいと思っている方には特に嬉しい機能です。

・フットレスト
高さを体勢に合わせて3段階に調節できるので、心地の良い姿勢を保つことができます。

・コートフック
個人用液晶モニターの横に上着などを掛けておけるフックがあります。

・リクライニング
背もたれだけではなく座面も可動するようになっています。
背もたれの角度に合わせて座面も最適な位置に調整することができます。

・カップホルダー
飲み終えたカップを置くためのホルダーです。
飲み終わったあとのカップは置き場所に困ることもあるので、ホルダーがあると便利ですね。

・電源コンセント
全座席に電源コンセント、USBポートが設置されています。
電源コンセントは足元、USBポートは個人用液晶モニター横にあります。
移動時間中にPCを使いたい、または充電しておきたいという方には助かる設備です。

機内エンターテイメント

全座席にタッチパネル式液晶モニターが設置されています。
国内線で全席に個人用液晶モニターが設置されている飛行機は希です。
液晶モニターの種類は以下の2種類で、機材によって設置されているモニターが異なります。

TypeⅠ:好きな番組を見ることができる
TypeⅡ:オーディオ・ビデオを好みのタイミングで再生・停止できるようにした改良版

番組内容はニュースやバラエティ、アニメ、映画と多彩です。
モニターに搭乗している飛行機の現在地を表示させることもできます。

通常の座席のイヤホンジャックは窓側のひじ掛けの先端にありますが、非常口座席は通路側のひじ掛にあります。
他のサービスやスターフライヤーの機内食については別の記事で紹介しています。

スターフライヤーのシートピッチ

スターフライヤーのシートピッチは普通席で91㎝です。
国内線の飛行機とは思えないほど広いシートピッチとなっています。

どのようにしてこのような広いシートピッチを実現させたのでしょうか。
スターフライヤーは、大胆にも最大180席設置できるところを150席に減らすことで広い座席間隔を確保しました。
スターフライヤーのシートには、「飛行機の座席は狭い」という乗客の意見を取り入れたスターフライヤーのこだわりが詰まっています。
背が高い方でも前の座席に膝が当たることなく、ゆったりと座ることができます。

大手航空会社との比較

大手航空会社であるJALとANAの国内線エコノミークラスのシートピッチは79㎝です。
LCCの代表格であるピーチ(Peach)、ジェットスタージャパンのシートピッチは74㎝です。

驚くことに、スターフライヤーの座席は大手航空会社より12㎝広く、LCCとは約17㎝も差があります。
国内線最大のシートピッチを誇っています。
スターフライヤーの座席に座ると、「飛行機の座席は窮屈」というイメージが払拭されますね。

シートピッチが1番広い座席はどこ?

・最前列
最前列の1列目はさらにシートピッチが広くなっています。
その広さは普通席2個分に相当します。

ただし、最前列席は座席の前に荷物を置くことができないので注意が必要です。
最前列の席を利用する際は、座席上のハットラックに荷物を収納してください。

・非常口席
1列目の次に広い座席が非常口席です。
10、11列目が該当します。
普通席の約1.5倍の広さがあります。

LCCで非常口席を指定すると、追加料金が必要な場合がありますが、スターフライヤーでは非常口席を指定しても追加料金はかかりません。

注意しなければならないのは、非常口席は飛行機の翼の上にかかるので景色が見えないことと、リクライニングができないことです。

Wi-Fiは利用できる?

2021年10月現在は飛行機内でWi-Fiを利用することはできません。

2021年6月に機内Wi-Fiを導入すると発表がされました。
2023年1月から導入予定です。
Wi-Fiの導入を待ち望んでいた乗客にとっては朗報ですね。

スターフライヤーの座席まとめ

スターフライヤーの座席のシートピッチは国内最大級の広さです。
快適さを追求した座席に虜になる方が多いのではないでしょうか。

2023年にWi-Fiが導入されることによって、さらに便利になるスターフライヤー。
乗客の目線を釘付けにするスターフライヤーのシートをぜひ体感してみてください。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ