ANA「全日空」が更に便利に!遅延や欠航の際に、インターネットで予約変更が可能に!

ANAでは2015年1月20日より、遅延や欠航が発生した場合の「インターネット予約」について、各種の変更手続きが可能となりました。具体的には、遅延・欠航が決まった便、もしくは悪天候などにより遅延・欠航が見込まれる便を対象に、

  1. ANAマイレージクラブの特典航空券
  2. いっしょにマイル割
  3. パッケージツアーで申込みを行なった航空券
  4. ANA desk、国内線ドットコムで手配・購入した航空券

上記がインターネット上で変更手続き可能です。払い戻し・変更については手数料無料。登録手続きを行なえば、リアルタイムで詳細な運行状況(予定)をメールで受け取ることもできます。ネット上からは、ANA公式サイトよりマイレージクラブ会員の「お客様番号」と「パスワード」、もしくは旅行会社で購入した場合の「確認番号」か、搭乗日、便名などから当該情報を検索することも可能です。パソコン、携帯、スマートフォン、いずれの機種にも対応。手続きは予約便出発予定日の翌日以降でもOKですが、予約便「出発予定日より10日以内」に済ませなくてはなりません(パッケージツアー・団体旅行は例外)。

手続きの際には認証コードとして「ANAマイレージクラブ」のお客様番号、確認番号、購入時に使用した「クレジットカード」のいずれかを提示する必要があります。事前に準備しておきましょう。

さらに、欠航や遅延の見通しについては、ANAの公式Twitterアカウント「@ANA_flight_info」からも情報が配信されています。悪天候の他、機材故障(整備不良)なども対象になりますから、インターネット上のサービスを利用している方は事前に確認をおすすめします(ネット上で欠航・遅延証明書を受け取ることも可能です)。また、病気などの理由で予約の変更・払い戻しを行うケースでは、医師の診断書等、所定の書類を提出することで払戻手数料・取消手数料が不要になります。一部、株主優待割引運賃の航空券を利用した場合については、インターネット上で変更手続きができないようです。

これらネット上の仕様変更、手続きの改定については、周知が不十分だという意見もあります。自身で情報を収集しない限り、気づかない方も多いようですね。上記の変更点も含め、公式サイト上で発表される情報については、こまめにチェックすることを心がけましょう。特に料金面のシステムに関する仕様変更については、「知らないと損をする」情報も多く含まれています。知らなかった→手続きの不備→自己責任と見なされ、救済されない事例も多いようです。ご注意ください。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ