格安航空券は往復より片道の方がなぜ安いのか

【こちらの記事は2017年03月14日に再更新されました】

あなたは航空券を購入する際にはどのような形で購入していますか?ほとんどの方があらかじめスケジュールを決め、往復チケットを購入するのではないでしょうか?
航空券は電車とは異なり、割引率の高いチケットは片道運賃が中心となっています。往復割引もございますが、割引率が低かったり往復チケットの場合は行きと帰りの期間が短かったりするため、当店では片道でもお得な航空券を販売しています。

◆往復割引はすべての区間や出発日に対応していない
意外かもしれませんが、往復割引はいつでもどの区間でも購入できるチケットではありません。
JRでも春休みやお盆や年末年始に割引運賃が販売されないことが多いのですが、航空券も同じ旅行というカテゴリでくくれば同じようなものです。
往復割引を毎日取り扱う路線はは航空会社によっても異なりますが、使い勝手やお得感が薄い印象で、格安便を購入されるお客様は片道航空券を往復分用意されることが多いですね。

◆片道でもお得な理由は?
旅行はその時のご予定に合わせてプランを立てられる方も多く、たとえば行きは早く目的の場所へ行きたいこともあって移動時間の短い飛行機を利用したり、帰りは特に予定はないと言って深夜バスを使われるといった方もいらっしゃいます。「目的の予定の時間は決まっているけれど、そのあとの予定は未定」という方が多いので、思い切って片道でも安く販売する傾向が飛行機だけでなくバス会社でも見られます。

◆片道の最もお得な割引料金を購入するには?
2017年現在、航空券は大きく分けると年に2回、毎年1月頃と8月頃の発売が予定されています。
1月頃には10月出発分まで、8月頃には3月出発分までの航空チケットが発売されるようです。

※ちなみに、往復割引運賃については出発の2か月前が発売日となります。

補足ですが・・・往復割引を購入して、片道分だけを払い戻すことはできません。また、片道のチケットを使用した後に帰りのチケットを払戻しする場合は、行きの航空券の割引分を普通運賃から差し引いた金額も併せて差し引かれてしまいますので、往復割引は払い戻しのリスクがあったりしますのでご注意ください。

それでは皆様Have a nice Trip♪

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ