航空券販売・旅行業などの予約サイト向けにCriteoエンジンが大幅に刷新され、広告予算を傾斜させることに

オンライン上の航空券、ホテル、ツアー、レンタカーなどの「旅行予約サイト」に大きな変化が見られそうです。多くの企業が導入している「Criteoエンジン」の機能が大幅に仕様変更され、消費者の動向を予測した上で広告展開が可能になりました。具体的には、予約する際に見込まれる消費額(航空券の購入額や宿泊費など)に基づき、ターゲットを限定し、よりマッチングする可能性の高い広告キャンペーンの提示が行われます。つまり、日帰り旅行を目的とするユーザーから、国際線を利用するユーザーまで、幅広い層の消費者に、より「今欲しい情報」を提示する仕様となったのです。

そのメカニズムを実現するためには高度な技術が用いられています。最新のCriteoエンジンでは、膨大なデータの収集・分析に基づき、あらゆる層の消費者に対して、消費額を正確に予測。統計学に基づいたきめの細かな広告入札が行なわれます。今回、入札に関する情報が新たに追加されたことで、オンライン上の旅行関連サイトは、さらに予約(購入)の可能性が高い媒体に対して、適正に広告予算を傾斜させることができるようになりました。つまり、「広告キャンペーンの最適化」によって「コスト削減」が期待できるわけです。

Criteoエンジンを試験的に利用している企業は、すでに300以上。実績として旅行関連の予約総額は、平均で20パーセントも伸びています。ちなみに、Criteoエンジンがカバーするのは滞在期間、目的地、事前予約期間など多岐に渡ります。それらのデータを分析することで、さらに消費者の予約・購入予想額、その他、期待される消費額が自動的に算出される仕組みになっています。

並行して、旅行業界向けのモバイル広告はレイアウトが刷新されました。広告上に表示できるコンテンツ(項目)が増加したことで、広告効果のアップが期待されています。旅行業界が定める広告規制・ガイドラインは厳守されていますから、非常に実用性の高い変更といえそうです。今回の仕様変更により、ネット上の広告・旅行業界にどのような動きが見られるのか、国内外から注目が集まっています。各種ツアー、航空券、宿泊施設など提供する企業はもちろん、IT関連企業、大手広告企業から個人のPRサイトに至るまで、その影響が見込まれています。迅速な対応が求められることはもちろん、中にはサイト構築、予算配分、広告展開の手法を根本から見直す企業も出てくることでしょう。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ