スターフライヤーに乗る人の羽田空港ターミナルでのすごし方、行き方

2021年11月05日

これからスターフライヤーの飛行機に乗る方向けに、羽田空港ターミナルでのすごし方などを解説します。
羽田空港はとても広いので、初めて行く人だけでなく、数年ぶりに羽田に行く人も「予習」をしておいたほうがよいでしょう。
羽田空港を利用する人は、ぜひこの記事をチェックしておいてください。
あわせて羽田空港への行き方も紹介します。

羽田空港を「大づかみ」しておこう

羽田空港は超巨大な施設で、敷地面積は東京ドーム310個分で、コロナ前の空港利用者は年7,000万人をゆうに超えていました。
そのため、羽田空港内のスターフライヤー関連の場所を把握する前に、羽田空港の全体像を大づかみに理解しておいたほうがよいでしょう。
羽田空港は次のような構成になっています。

・ターミナルは第1、第2、第3の3つある
・3つのターミナルの位置は、北から第2→第1→第3の順に並ぶ(正確には北東)
・第1ターミナルは国内線専用
・第2ターミナルは、国内線と国際線を兼用
・第3ターミナルは国際線専用
・3つのターミナルの間の移動には、無料のターミナル間連絡バスを利用
・「公式」の駐車場は第2ターミナルと第1ターミナルの間に4つ、第3ターミナルに1つある
・京浜急行の駅は第1ターミナルと第2ターミナル兼用の「羽田空港第1・第2ターミナル駅」と、第3ターミナル専用の「羽田空港第3ターミナル駅」の2つがある
・東京モノレールの駅は「羽田空港第1ターミナル駅」と「羽田空港第2ターミナル駅」と「羽田空港第3ターミナル駅」の3つがある

福岡、北九州、関西、山口に飛ぶ人は第1へ

羽田か空港ら飛ぶスターフライヤーの飛行機には、福岡行き、北九州行き、関西(大阪)行き、山口宇部行きがあり、これらに乗る人はすべて羽田空港第1ターミナルに行ってください。
以前は、関西行きと山口宇部行きは第2ターミナルでしたが、第1ターミナルに変わりました。

「2階、南ウイング」と「保安検査場A」

スターフライヤーのチェックインカウンターは、第1ターミナルの2階、南ウイングにあります。
スターフライヤーの飛行機に乗る人は、保安検査場(身体の金属や荷物を検査する場所)は、保安検査場Aしか使えません。

保安検査場の通過の締め切りは出発20分前

保安検査場は、飛行機の出発時刻の20分前までに通過しておいてください。
したがって、その前に航空券の購入や、自動チェックイン機での手続き済ませておく必要があります。

締め切り時間はもう1つあり、それは搭乗口への到着時刻です。
搭乗口には、出発時刻の10分前に居るようにしてください。
搭乗口は、飛行機に乗り込むまでの待機場所で、ベンチが並んでいるので、搭乗案内があるまでベンチに座って待機しておいてください。

到着は「第1」「南」「1、2、4」

羽田空港に到着するスターフライヤーの乗客は、第1ターミナルの南ウイング1階の到着出口1、2、4番から出てきます。
出迎える方は、「第1」「南」「1、2、4」と覚えておいてください。

羽田空港が開いているのは5~24時

羽田空港は土産物屋も飲食店もとても充実していて、観光地としての魅力もあるので、つい長居したくなります。
ただ、羽田空港は24時間営業ではなく、5:00~24:00の19時間しか開いていません。
店舗によってはそれよりも営業時間が短いので注意してください。

羽田空港へのアクセス

羽田空港への行き方を、公共交通機関を利用する場合と、自家用車を利用する場合にわけて紹介します。

公共交通機関:モノレール、京浜急行、リムジンバス

羽田空港を発着する公共交通機関には、東京モノレール、京浜急行、リムジンバスがあります。発着地、所要時間、運賃は以下のとおりです。

利用交通機関 発着地 所要時間(概算) 運賃(調査時)
東京モノレール 浜松町 約15~25分 500円
京浜急行 品川 約20分 200円
横浜 約25分 370円
成田空港 国内線駅発着 約100分 1,680円
成田空港 国際線駅発着 1,720円
リムジンバス 東京駅八重洲北口 約25~45分 950円
新宿駅西口 約50分 1,250円
池袋駅西口 約70分 1,250円
ディズニーリゾート 約25~30分 850円
成田空港 約90分 3,200円

所要時間は概算で、運賃は調査時時点のものです。

スターフライヤーならP1駐車場がおすすめ

羽田空港の「公式」の駐車場にはP1、P2、P3、P4、P5 があり、スターフライヤーの「第1ターミナル・南ウイング」は横浜側のP1が最も近いのですが、P2、3、4でもそれほど離れていないので、P1が空いていないときはP2、3、4を利用しましょう。
P5だけは、第1ターミナルからかなり離れているので、余程のことがない限り停めないほうがよいでしょう。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ