出発当日のeチケットの使い方や空港のご利用方法について

格安航空券を予約したあとには、飛行機の搭乗券が郵送で送られてくるわけではありません。

スカイマークを除き、チケット料金のお支払い後に送られてくる確認メールの

  •  『確認番号』
  •  『予約番号』

という2つの数字だけあれば、スムーズに予約便に搭乗できます。

とはいえ、はじめてこのチケットレスサービス、「eチケット」を利用するときは、本当にこんな数字だけで飛行機に乗れるのか、思わず不安になってしまうもの。そこで今回は、チケットレスサービス「eチケット」で、当日飛行機に搭乗する手続きの流れ、そしてスカイマークで予約した場合に印刷が必要になる「航空券引換え証」についてご説明します。

■はじめてでも安心!「eチケット」で飛行機に乗るための手続き

当日空港では、「自動チェックイン機」にeメールに記載された「確認番号」と「予約番号」を入力して、搭乗の手続きを行います。(スカイマーク便(SKY)を除く)

自動チェックイン機は、画面に表示される指示に従って入力していけばOK。
座席の指定をしていないときも、自動チェックインの搭乗手続き中に空席の中からシートが選べます。
その場で発行される搭乗券(eチケットお客様控え)を大切に持ち、預ける荷物があれば手荷物預け入れ窓口へ、なければ金属や危険物の持ち込みをチェックする「保安検査場」へ向かいましょう。

【有人カウンターでの手続きもOK!】
空港に自動チェックイン機がない、または搭乗手続きに不安がある場合は、予約した航空会社の空港カウンターで「確認番号」「予約番号」を係員の方に伝えましょう。
eチケットお客様控えの発行から、手荷物の預け方、保安検査場の行き方まで、飛行機に乗るまで必要な手続きをすべて教えて貰えます。

■スカイマーク(SKY)の格安航空券を予約した場合は『チケットレスではありません』!

スカイマークの飛行機チケットは、航空券引換え証の印刷が必要です。

スカイマークの格安航空券を予約したあと、ご決済後に送られてくる案内メールには、予約した航空券に搭乗するための『航空券引換え証』のPDFファイル(印刷用の画像データ)が添付されています。

当日、空港で搭乗する前には、プリントアウトした航空券引換え証の二次元バーコードを『自動チェックイン機』で読み取る、または空港カウンターで係員に提示します。
空港に行く前に、eメールの添付ファイルを忘れずに自宅、またはコンビニサービスを利用して印刷しておきましょう。

【スマートフォン・タブレットの注意事項】
スマホやタブレットは、機種によってPDFファイルが表示できない事があります。

AdobeReaderなど、PDFファイルが表示できるソフトがインストールされているパソコンでメールを閲覧して印刷する、またはネットプリントやクロネコ@FAXなどを利用して、コンビニエンスストアでプリントすることをオススメします。

スマートフォンやタブレットで航空券引換証を表示して、当日空港のカウンターで提示するばあいは、予約完了メールを受信後に添付の「航空券引換証」が表示できるか、必ずご確認ください。

【コンビニで航空券引換証を印刷するには】
自宅にパソコンとプリンターがなくても、全国のコンビニエンスストアで、PDFファイルが印刷できる便利なサービスがご利用いただけます。

1つめは、セブン-イレブンのマルチコピー機で印刷できる「ネットプリント」。
ネットプリントで印刷するばあいのご利用方法を見る|富士ゼロックス

2つめは、全国のコンビニエンスストアで利用できる「クロネコ@FAX」です。
クロネコ@FAXで印刷するばあいのご利用方法を見る|ヤマトシステム開発

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ