LCCピーチの予約は何日前からできる?ゴールデンウィーク・年末年始の予約についても解説!

旅行や出張の予定が事前に決まったとしても、「LCCピーチの旅行券の予約っていつから取れるの?」「ゴールデンウィークや年末年始はいつもより早めに予約ができるの?」
といった疑問が出てきますよね。
LCCピーチだけではなく、航空券の予約について1番理解しておく必要があるのは「ダイヤ」です。
ダイヤとは、ダイヤグラムの略称で飛行機の運航路線や出発時間・所要時間が明記されています。
LCCピーチのダイヤは、公式ホームページに掲載されているので、誰でも確認することができます。
しかし、搭乗を希望する時期のダイヤが掲載されているとは限りません。
ダイヤは主に「夏ダイヤ」と「冬ダイヤ」に分かれており、1月に11月のダイヤを確認することはできません。
そこで本記事では、LCCピーチの予約可能な日時や、予約が集中するゴールデンウィーク・年末年始の予約の仕方について詳しく解説していきます。

航空券予約受付について

ピーチ_ロゴ” class=
まず、LCCピーチの航空券予約受付時期について解説していきます。
航空券を予約する際、重要な事項は以下の2つです。

予約受付は発売時期によって異なる
早く確実に航空券を確保したいのであれば、ダイヤが発表される時期を予想する必要がある

それでは解説していきます。

予約受付は発売時期によって異なる

LCCピーチの航空券の予約受付が開始されるのは、航空券の発売時期によって異なります。
上記でも紹介した通り、ダイヤは主に年2回更新され、更新と同時に航空券の発売は開始されます。したがって、ダイヤが発表されるまで航空券を予約することはできません。

ダイヤが発表される時期を予想する必要がある

航空券を確実に予約したいなら、まだ発売が開始されていない便については、ダイヤが発表される時期を予想し、発売と同時に予約する必要があります。
LCCピーチの運航ダイヤは毎年決まった時期発表されるわけではありません。
そのため、去年状況を参考にすることができません。そこで、ダイヤが発表される時期を予想するこができれば、希望している航空券を購入することができます。
しかし、「ダイヤを予想してまで航空券を確保する必要ってあるの?」
といった疑問が出てくるのではないでしょうか。
しかし、LCCピーチの航空券を巡っては毎年争奪戦が繰り広げられます。
人気がある時期の航空券は、予約が開始されると同時に売り切れてしまうことがよくありますので、出遅れないよう注意が必要です。

ピーチの航空券はいつまで予約できるの?

続いては、ピーチの航空券はいつまでに予約すればいいか解説していきます。
航空券の購入期限をよく理解していないと、せっかく予約した航空券が無効になってしまう可能性があります。
また、ピーチは、運賃プランによって予覚できる期間が異なりますので、ピーチを初めて利用する方はこの点についても注意が必要です。

航空券購入期限について

ピーチの航空券の予約期限は運賃プランによって異なります。
ピーチの運賃プランは以下の3つです。

シンプルピーチ
バリューピーチ
プライムピーチ

それぞれの料金プランの予約期限は以下の通りです。

シンプルピーチ 「搭乗日2日前の23:59 まで」
バリューピーチ 「飛行機出発の1時間前 まで」
プライムピーチ 「飛行機出発の1時間前 まで」

上記の通り、シンプルピーチだけ期限が異なっています。

その代わり、シンプルピーチは1番価格が安くなっています。ただし、受託手荷物や座席指定は有料オプションになっています。
シンプルピーチは、1番安価な航空券ということで、ピーチの中でも1番人気のある航空券となっています。
一方のバリューピーチとプライムピーチに関しては、受託手荷物料金や座席指定料金は航空券の料金の中に含まれておいます。

支払い方法によっては期限が早めに設定されることもある

シンプルピーチに関しては、他の運賃プランに比べて支払い期日が早めに設定されているので、心配する必要はありませんが、バリューピーチとプライムピーチに関しては、支払い方法によっては支払い期日が早くなることがあります。
早く支払わなければならないのは、「コンビニ決済」と「ATM決済」の2つです。
クレジットカード決済、ピーチポイント決済、電子マネー決済の場合はそんなに急ぐ必要はありません。
なぜ、「コンビニ決済」と「ATM決済」の2つの支払い期日が早めに設定されるかというと、理由は以下の通りです。

LCCピーチ側で決済の確認に時間がかかる
飛行機出発の72時間を切ってしまうと決済自体ができなくなってしまう
航空券予約後、24時間以内に決済を行わなければ、決済だけではなく予約自体キャンセル扱いになってしまう

航空券は、公式サイト以外に旅行サイトからも予約を行うことはできるのですが、サイトによって予約可能な時間帯が違うため、航空券が確保できたかどうか確認を怠らないようにしてください。
バリューピーチとプライムピーチの予約に不安がある方に関しては、空港で直接購入すれば時間に縛られることはなくなるため、自身の生活スタイルに合わせて確保するようにするのがおすすめです。

ピーチの冬ダイヤとは

イベントが詰まっている冬ダイヤの航空券は例年人気があります。
ピーチの冬ダイヤとは、10月〜3月までのダイヤのことを指しており、ダイヤ発表時に具体的な発着日時も同時に分かるようになっています。
続いては、ピーチの冬ダイヤについて詳しく解説していきます。

ピーチの冬ダイヤはいつ頃発表される?

上記でも解説している通り、ピーチの冬ダイヤの発表時期は毎年違っていますが、おおむね7月頃と思っておけば間違いありません。
2021年の冬ダイヤはすでに発表されており、現在「2020年10月25日 〜 2021年3月27日」の期間の予約・購入が可能です。
しかし、路線によっては発売されていない便も存在しているため、購入の際は必ずダイヤを確認するようにしましょう。
また、搭乗希望日が近づくにつれて航空便数が増えてくるため、希望する時間帯のダイヤが発表されていない場合は、発表されるまでこまめに確認することをおすすめします。

ピーチの12月予約・年末年始予約はいつから可能?

1年の中で特に人気があるのが12月です。
中でも年末年始に関しては、帰省などで国内線を利用する方がかなり増加するため、毎年混雑が予想されます。
そんな年末年始の航空券について、
「年末年始だけは特別枠で予約開始をするの?」
と思われる方がいるのではないでしょうか。
続いては、早めに確保したい年末年始の航空券事情について解説していきます。

基本的に明確な日程は決まっていない

LCCピーチの年末年始予約は、冬ダイヤ扱いで予約・発売が開始されます。
しかし、他のダイヤ同様、購入日時によっては予約できない可能性がありますので、こまめにダイヤを確認する必要があります。
2020年11月26日現在、年末年始の航空券予約・販売はすでに開始されており、往復分の購入が可能です。
しかし、行き先によってはまだ購入できない場合があるため、搭乗予定日が近づいてきてからでいい思わずに、必ず確認することをおすすめします。

ゴールデンウィークの予約はいつから可能?

年末年始と同様に人気があるのがゴールデンウィークです。
ゴールデンウィークは、年末年始とは違い休みの期間が長いので、航空券の予約が開始されると同時にゴールデンウィーク期間全ての予約が可能です。
そんなゴールデンウィークの航空券予約について詳しく解説していきます。

年末年始の航空券予約に関しても、12月予約と同じ時期の発表となる

ゴールデンウィークのダイヤは「夏ダイヤ」です。
3月〜10月の夏ダイヤの航空券は、12月頃から予約できるようになります。
しかし、ダイヤ発表当初は、ゴールデンウィーク期間中の細かなダイヤまで発表されていないことが多いです。
発表の目安としては、3ヶ月前となっていますので、4月~5月のゴールデンウィーク期間中の航空が発売されるのは、2月〜3月頃になると予想できます。
しかし、細かなダイヤは3ヶ月前でもまだ発表されていない場合が多く、確実に押さえたい日程があるのなら、こまめに確認することをおすすめします。

まとめ

以上、LCCピーチの予約可能な日時やゴールデンウィーク・年末年始の予約について詳しく解説していきました。
様々な航空会社が存在している中でピーチはLCCに分類されますが、サービスの良さや手続きの分かりやすさなどから、非常に人気のある航空会社です。
上記でも度々解説している通り、搭乗まで日数がある航空券を予約する場合は、ダイヤの確認は必須です。ただし、ダイヤが発表される日時は決まっていないため、こまめなチェックは欠かせません。
今回解説している通り、発表される夏ダイヤ・冬ダイヤを予想することでスムーズに航空券予約が可能になります。
また、航空券を予約できたからといって安心することなく、支払い期限にも注意しながら手続きを行うようにしましょう。
年末年始やゴールデンウィークに関しては、航空券が比較的安価なLCCピーチから確認して予約を行う方が多いため、非常に回線が混み合いお得な航空券の取り合いになります。
日程が決まっている旅行や出張などでLCCピーチを利用するときは、ダイヤの発表時期を予想して、手続きに戸惑わない予約を行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ