ピーチで航空券を予約したけれど間違えた!こんな時はどうする?ピーチの予約時のトラブルをテーマごとに徹底解説

ピーチ_飛行機” class=

関空を拠点としているピーチは、その可愛らしい愛称と印象に残る機体カラーで多くの旅行者を魅了しているLCCです。ピーチの航空券を予約する際、多くの人は自分でネットを使って行いますが、予約後に間違いに気が付いたり、変更をしなければならなくなったりしたら、どのように対処するのが良いのでしょうか。今回は、ピーチの航空券予約時に起こるトラブルをテーマごとに徹底解説します。ピーチを使った旅行を考えている方、必見です。

ピーチってどんな航空会社?

ピーチ_ロゴ” class=

ANAの連結子会社であるピーチ(Peach Aviation株式会社)は、関空を拠点として2012年3月に就航しました。就航当初から「空飛ぶ電車」をコンセプトとしているピーチは、利便性の高いLCCを目指し、新千歳空港、仙台空港、那覇空港、成田空港に就航しています。また、ピーチは、「安全こそが全てに優先する」と「1円までこだわる」をモットーとしていて、365日、空の安全と低価格運賃の両立を謳い日本ならではのサービスを提供しています。

ピーチで航空券を予約する方法

ピーチの航空券の購入方法は、パソコンやスマホを利用したインターネットでの購入がメインですが、コンタクトセンターに電話をして直接予約することも空港カウンターや、ピーチの航空券を取り扱っている旅行会社でも購入することが可能です。インターネットの操作が苦手な方には、コンタクトセンターや空港での購入が便利です。しかし、インターネット以外で購入すると、新規予約手数料や変更、有料オプションにかかる費用がインターネットで購入するよりも高くなるので注意が必要です。

♢ピーチのグレードは3種類

インターネットやコンタクトセンターでピーチの航空券を購入する時は、3つのチケットタイプがあることを知っておくと、自分の旅行プランに合った航空券を購入できます。では、チケットタイプのよってどのような違いがあるのでしょうか。

シンプルピーチ

「旅行の日程変更などがないから、とにかく節約して飛行機に乗りたい」という方におすすめの航空券です。シンプルピーチは、7kgまでの機内持ち込み手荷物は無料ですが、受託手荷物や座席指定、フライト変更は有料です。また、キャンセルができない、搭乗日2日前の23時59分(出発空港の現地時間)までに購入するなどの制約があります。

バリューピーチ

ピーチが基本プランとしているバリューピーチは、出発時刻の1時間前まで購入可能で、7kgまでの機内持ち込みの荷物に加えて、20kgまでの受託手荷物1個を無料で預けられます。また、ピーチで定めているスタンダードシートもしくはプレジャーシートと呼ばれている前方6列目から11列目までの全席と、14列目から30列目までの窓際の席を無料で予約することが可能です。さらにフライトの変更は無料、予約取り消しの場合は、運賃から手数料1,100円分を引いた差額をピーチポイント(*)で払い戻してくれます。このようにバリューピーチは、座席指定や荷物の預け入れ、フライト変更が無料なので家族や友達と行く旅行にピッタリです。
*ピーチポイントとは、ピーチの運賃や、それらに付随する税金や手数料の支払いに利用できるピーチが発行するポイントで、購入することもできる。

プライムピーチ

プライムピーチは、7kgまでの手荷物の機内持ち込み、20kgまでの受託手荷物2個、バリューピーチで可能な指定座席エリアに加え前方2列目から5列目と非常口がある列の座席が無料で予約可能です。また、フライトの変更、取り消し手数料が無料なので、キャンセルした場合は、運賃全額をピーチポイントで払い戻してくれます。そのため、旅行日程や座席を変更する可能性がある場合は、プライムピーチがおすすめです。

しかし、ここで注意したいのは、バリューピーチも、プライムピーチも、コンタクトセンターや空港カウンターでフライト変更をした場合は手数料がかかることです。事前にスケジュールが判明しており、インターネットが使える環境であれば、パソコンやスマホから予約や変更をすると旅行代金を節約することができます。

予約をした後に間違いに気付いたら

インターネットで気軽に予約ができるピーチの航空券ですが、予約をした後に入力間違いに気付いた場合、どうしたら良いのでしょうか。ここからは、間違いに気が付いた場合の国内線での対処法を解説していきます。

間違えた内容別の対処法は?

入力を間違えて予約をしてしまったことに気付いた時は、どうしたら良いのかわからずパニックになってしまうことがあります。訂正内容によっては、コンタクトセンターやチャットでしか手続きできないことがありますが、自分で行えることもあります。

名前などを間違えた

インターネットで航空券を購入する時に、多いのが名前の間違いです。ローマ字入力でスペルを間違えてしまうことや、外国の方の名前を入力する時に、姓名を逆にしてしまうことがあります。また、結婚をして姓が変わった場合の間違いもあります。こんな時は、本人確認が取れ次第、修正に応じてもらえます。しかし、インターネットから自分で修正することはできないので、チャットもしくは電話でオペレーターに依頼して変更してもらうことになります。

性別を間違えた

うっかりチェックする場所を間違えて性別間違えのまま登録した場合は、コンタクトセンターもしくはチャットで問い合わせて修正してもらう必要があります。「性別くらい見ればわかるし…」と考えてそのままにしておくと搭乗できない場合もあるので、気付いたら早めに連絡をしておくと安心です。

間違えたわけではないけれど変更したい

旅行が決まって搭乗券を購入した時と状況が変わり、変更したい項目が出てくる場合もあります。そのような時は、どうしたら良いのでしょうか。ここでは変更したい項目別に修正方法を解説します。

人数を変更したい

家族や友達など複数の人数で予約をしていた場合、何らかの事情で人数が減ることがあります。グループの人数変更や取り消しは、インターネットを通しての手続きができないので、コンタクトセンターに連絡を取りましょう。

名前を変更したい

前述したとおり、スペル間違いなどの場合は、コンタクトセンターやチャットで名前の変更を行うことは可能です。しかし、航空券に記載されている名前を他の人の姓名に変えることや、第三者への譲渡はできません。そのような場合は、航空券をキャンセルして新たに買い直す必要があります。

搭乗日や出発の時刻を変更したい

他のLCCでは、搭乗日の変更はできませんが、ピーチは可能です。シンプルピーチやセールの時に購入した航空券でも搭乗日や時刻を変更することができます。しかし、バリューピーチとプライムピーチは変更手数料無料で行えますが、シンプルピーチの場合は、変更手数料がかかります。また、コンタクトセンターや空港カウンターで変更する場合は、いずれのチケットタイプでも有料になるので注意しましょう。変更前の座席指定や受託手荷物は取り消されるので、新たに取り直す必要があります。変更前の座席指定や受託手荷物にかかった料金は払い戻しされません。

往復で航空券を購入したが片道だけキャンセルしたい

片道のみのキャンセルを行いたい場合は、インターネットで「予約確認・変更」ページにログインして手続きを行うことが可能です。

搭乗券を変更したい

購入した航空券よりもさらに安い航空券が発表された時は、プラン変更したくなりますが、残念ながら航空券を差し替えることはできません。購入した航空券をキャンセルして取り直す必要があります。

出発地を変更したい

予約をした航空券の出発地を変更することはできないので、航空券をキャンセルして取り直す必要があります。

行き先を変更したい

出発地と同様に予約した航空券の行き先を変更することはできないので、航空券をキャンセルして新たに取り直す必要があります。

搭乗者を変更したい

航空券を他の人に譲渡することはできないので、搭乗者を変更したい場合は、航空券をキャンセルしてもう一度、取り直すようになります。

人数を追加したい

旅行の人数が増える場合は、変更ではなく新たに航空券を購入する必要があります。航空券を購入した時と同様の手続きをしましょう。

座席を変更したい

「やっぱり通路側が良い」「足が伸ばせる席に変更したい」など、指定した座席を変更したい場合は、インターネットもしくはコンタクトセンター、空港カウンターでの手続きが可能です。しかし、座席を変更する場合は、座席指定料の支払いが必要になりますし、予約済みの座席指定料は払い戻してもらえないので注意しましょう。なお、座席変更手続きができるのは、出発3時間前までです。

メールアドレスを変更したい

登録したメールアドレスは、ピーチサイト内のメールアドレス変更フォームから変更することができます。しかし、Peachアカウントのメールアドレスを変更しても、Peach Expressの(*)メールアドレスは変更されないので注意が必要です。
*Peach Expressとは、ピーチの割引セールチケットを他の人よりも1日早く購入できるサービス。

パスポートの情報を変更したい

パスポート番号変更を含め国籍、発行国、有効期限の変更は、インターネットで行うことができます。「予約確認・変更」のページにログインして手続きを行いましょう。

予約番号などがわからなくなったら?

予約内容の確認や変更、問い合わせなどを行う場合は、予約番号が必要となります。もし、予約番号を忘れてしまった場合は、航空券を予約した時に届く予約確認書(旅程表)に記載されているので、確認してください。何らかの事情で削除、紛失してしまった場合は、再発行してもらう必要があるので、コンタクトセンターやチャットで連絡を取る必要があります。

重複予約をしてしまったら?

ピーチの航空券をインターネットで購入した場合、システムエラーなどにより重複予約をしてしまうことがあります。その場合は、どちらかをキャンセルしなくてはならず、キャンセル料が発生してしまうことあるので、コンタクトセンターに連絡を取り相談してみましょう。重複予約をしてしまった場合は、料金が重複して請求されてしまうので、早めに連絡をすることをおすすめします。

まとめ

変更やキャンセルのルールが厳格なLCCの中では、比較的柔軟に対応してくれるのがピーチです。しかし、コンタクトセンターや空港カウンターで変更する場合は、手数料がかかるものがあります。どうしてもわからない場合は、チャットで問い合わせをすれば親切に応対してくれます。手続きが難しいと思われているLCCの予約や変更ですが、考えているよりも簡単に手続きできます。自分でインターネットを使って変更すれば無料でできるものもあるので、試してみましょう。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ