LCCピーチ(国内線)での予約の変更や取り消し方法とは?運賃タイプごとに異なることに注意!

ANAの子会社Peach(ピーチ)は、成田・羽田・関西空港を拠点に、国内26路線、国際17路線を展開している国内ナンバー1の規模を誇るLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)です。
就航率が高く、その上人気もあって、一度は使ってみたい航空会社ですが、ほかのLCCと同様にこのピーチも独自のルールを設けていて、利用する際には注意が必要です。
ことに、予約や搭乗便の変更・取り消しには手数料がかかってくるので、チケットを購入する際にはきちんと確認しておく必要があります。
そこで今回は、ピーチ国内線の予約を変更したり取り消したりする方法や、その際の手数料にについて紹介します。

LCCピーチのルール

まず、最初に、ピーチにはどのようなルールが設けられているのか、確認しておきましょう。

ネット予約がお得

ネット予約がお得_ピーチ

インターネットで予約した場合は、予約手数料が無料になります。
コンタクトセンターでの電話による予約や空港のカウンターでの対面による予約も可能ですが、その場合は手数料がかかります。
もろもろの手数料に関しては、公式サイトの「各種料金・手数料」のページをご覧ください。

3つの運賃タイプがある

シンプルピーチ、バリューピーチ、プライムピーチという3つの運賃タイプがあります。

チェックインの締め切り時間がある

国内線の場合は、出発時間の30分前までにチェックインを済ませなければなりません。
それまでにチェックインできていないと、飛行機に乗ることができません。
なお、関西空港の場合は25分前までとなっています。

受託手荷物は有料

基本的に受託手荷物(機内に持ち込まず、搭乗前に預ける手荷物)は有料です。
ただし、運賃タイプや予約方法によっては料金がかからない場合があります。
詳細は、公式サイトの「各種料金・手数料」のページをご覧ください。

座席指定は有料

座席は有料で指定することができます。
運賃タイプや予約方法によって指定料金は異なります。
インターネット予約の場合は、出発の3時間前までならば座席を指定することが可能です。
詳細は、公式サイトの「各種料金・手数料」のページをご覧ください。

機内サービスは有料

機内でサービスされる食事や飲み物はすべて有料です。

乗り継ぎは自己責任で

乗り継ぎのある場合、スルーチェックイン(最初のチェックイン時に乗継便のチェックインも同時に済ませること)はできません。
乗り継ぎの空港到着時に自分で乗り継ぎ便のカウンターでチェックインし直す必要があります。
荷物を預けてある場合は、乗り継ぎ空港で一旦取りだした後、あらたに乗り継ぎ便のチェックイン時に預けなければなりません。

フライトキャンセルの場合

台風などの不可抗力による欠航や遅延が生じた場合、ピーチ便への振り替えはできますが、違う航空会社の便への振り替えはできません。

予約を変更する場合

LCCを利用する際に最も気になるのが、予約の変更ができるのか、ということではないでしょうか。
急きょ予定が変わって飛行機の予約を変更しなくてはならなくなった、といったことはよく起きます。
そういった場合、変更が一切できないと困ってしまいますが、ピーチの対応はどうなのでしょうか。

どの運賃タイプも予約の変更は可能

ピーチの場合は、運賃タイプにかかわらず、予約を変更することは可能です。
ただし、変更できるのは、日時だけで、目的地や出発地を変更することはできません。
変更は、インターネットで行うのが最も簡単で、変更手数料も安く抑えることができます。変更する際は、予約時に送られてきたメールに記載されている予約番号などを入力する必要があります。
また、変更手数料は、運賃タイプや変更方法によって異なります。
インターネットの他に、コンタクトセンターや空港のカウンターでも変更は可能ですが、変更手数料が高くなってしまいます。

インターネットの場合の変更手数料

・シンプルピーチ:3,300円
・バリューピーチ:無料
・プライムピーチ:無料

コンタクトセンターの場合の変更手数料

・シンプルピーチ:4,400円
・バリューピーチ:1,100円
・プライムピーチ:1,100円

空港カウンターの場合の変更手数料

・シンプルピーチ:5,500円
・バリューピーチ:2,200円
・プライムピーチ:2,200円

いずれの場合も、出発時間の1時間前までならば変更できます。

ただし、シンプルピーチの場合は、「変更先の便の出発日の2日前午後23:59までのご予約となっており、当日、及び翌日便への変更はバリューピーチまたはプライムピーチへの変更となります」としているので(公式サイト「変更・取消・払戻」)、予定が確定できない時点での予約には注意が必要です。
なお、座席の指定及び変更は、出発時間の3時間前までならば行うことが可能です。
変更手数料の詳細については、公式サイトの「各種料金・手数料」のページをご覧ください。

予約の変更で生じる運賃の差額について

変更後の運賃の方が高くなる場合は、その差額を支払うことで変更することができます。
変更後の運賃の方が安くなる場合、その差額の払い戻しはありません。

運賃タイプが異なる予約の変更について

もし、シンプルピーチからバリューピーチやプライムピーチへ変更する場合は、インターネットでは行うことができません。
このような運賃タイプの変更は、コンタクトセンターか空港のカウンターで行ってください。
この場合の変更手数料は、コンタクトセンターの場合も空港カウンターの場合も、運賃タイプにかかわらず一律2,200円です。
変更手数料の詳細については、公式サイトの「各種料金・手数料」のページをご覧ください。

予約変更時の座席指定や受託手荷物の扱いについて

予約を変更すると、先に支払いを済ませていた座席の指定や受託手荷物の予約は一旦キャンセルされます。その際の払い戻しはありません。
したがって、あらたに予約する便の座席指定や受託手荷物に関しては、再度、該当の料金を支払って指定する必要があります。

変更手数料の支払い方法

予約の変更で生じた手数料や、あらたに生じた座席指定や受託手荷物にかかる料金などの支払いは、クレジットカードかピーチポイントで支払うことができます。
コンビニエンスストア払い、Yahoo!ウォレット払い、または銀行振込などは利用できません。

取り消す場合

自己都合による取り消しを行った場合、原則として、払い戻しはピーチポイントで行われます。

払い戻し及び取り消し手数料は、運賃タイプによって以下のように決められています。
なお、戻ってくるのは運賃だけで、その他の有料オプションは戻ってこないので注意してください。

シンプルピーチの場合

払い戻しはありません。

バリューピーチの場合

出発時間1時間前までに取り消した場合に限り、運賃から手数料を差し引いた額がピーチポイントで払い戻されます。
取り消し手数料は1,100円(1区間1人あたり)です。

プライムピーチの場合

出発時間1時間前までに取り消された場合に限り、運賃の全額がピーチポイントで払い戻されます。
取り消し手数料はかかりません。
取り消し手数料についての詳細は、公式サイトの「各種料金・手数料」のページをご覧ください。
ピーチポイントについては、公式サイトの「ピーチポイント」のページをご覧ください。

その他、旅客サービス施設使用料等や諸税の払い戻しや管理手数料などについての取り決めがあります。詳細はコンタクトセンター 0570-001-292 にお問い合わせください。

不可抗力またはピーチの都合でフライトがキャンセルされた場合

台風や大雪などの悪天候が理由で欠航になった場合、または大幅に遅延が生じた場合、あるいは機材トラブル等ピーチサイドの理由によりフライトがキャンセルされた場合は、ピーチの他の便への振り替えが行われる他、運賃の払い戻しにも応じてもらえます。
この場合、他社の便への振り替えは行われません。
ピーチの他の便への振り替えについては、キャンセルされたフライトの搭乗予定日の翌日から10日以内の便であれば、空席がある限り振り替えることが可能です。
また、払い戻しに関しては、取り消し手数料や変更手数料などが引かれることはありません。

払い戻しの方法

ピーチでは払い戻しについて以下のように取り決めています。
・クレジットカード / WeChat Pay / 銀聯 / Alipay / d払いで支払った場合は、そのカード口座等へ払い戻されるか、ピーチポイントで戻されます。
・コンビニまたはインターネットバンキングで支払った場合は、銀行口座振り込みやピーチポイント、その他にローソン、セブン銀行ATM、Amazonギフト券のいずれかの方法で払い戻されます。
・空港カウンター、コンタクトセンターで手続きした場合は、銀行口座振り込みまたはピーチポイントで払い戻されます。
・ピーチポイントで全額支払った場合は、ピーチポイントで戻されます。
(引用元:公式サイト「取り消し・払い戻しについて」

払い戻しの申請

・悪天候などの不可抗力の場合は、搭乗予定日より10日以内に申請をする必要があります。
・ピーチの都合による場合は、搭乗予定日より30日以内に申請する必要があります。

航空チケット代金補償のPeachチケットガード

家族旅行などの場合、子供が熱を出して旅行をキャンセルしなければならない事態が起きないとも限りません。
そのような場合、シンプルピーチで購入したチケットは取り消しができません。
そこでおすすめなのが、Peachチケットガードという保険です。

これは、何らかの理由でチケットをキャンセルしなければならなくなった場合に、保険会社がチケット代金を補償してくれるというもので、日本初の保険です。
バリューピーチやプライムピーチは対象外になっています。
保険が支払われるのは、主に以下のような理由で搭乗者本人や同行者が旅行に行けなくなった場合です。

・病気、ケガなどで通院しなくてはならず旅行に行けなくなった
・空港までの交通機関に何らかのトラブルが発生してフライトに間に合わなくなった
・搭乗者や親族が死亡した
・急な出張が入った

詳しい条件などについては、コンタクトセンター 0570-001-292 で確認してください。

まとめ

LCCピーチ(国内線)での予約の変更や取り消し方法とは?運賃タイプごとに異なることに注意!

無駄を省いてリーズナブルな旅を楽しむためには、シンプルピーチは最適な航空会社ですが、取り消しや変更が必要になったときには払い戻しができなかったり、変更手数料がかかったりします。
そのために、家族旅行や仲間との旅行の場合は、予約を変更できるバリューピーチやプライムピーチを利用するといざというときに安心です。
どうしてもシンプルピーチでお得に旅したいという場合は、Peachチケットガードへの加入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ