スカイマークの座席や時間の変更は可能?「いま得」の内容も解説

2022年01月28日

スカイマークの座席を予約した後、急な予定変更で座席や時間(搭乗日、搭乗便)を変更しなければならなくなった経験がある方は多いと思います。スカイマークでは座席変更や時間変更ができるケースとできないケースがあり、変更できたとしても手数料が発生することもあります。今回は、スカイマークの座席変更・時間変更や「いま得」の内容について解説します。スカイマークの座席変更や時間変更の方法を知りたい方は本記事を参考にしてみてください。

スカイマークの座席指定の方法と注意点

まずは、スカイマークの座席指定の方法や指定する際の注意点を紹介します

座席指定はスカイマークのホームページ・予約センター・出発空港カウンターで行える

スカイマーク class=
スカイマークの座席指定はスカイマークのホームページ、予約センターまたは搭乗日当日の出発空港カウンターにて行えます。座席指定する際は、予約番号や搭乗便名などが必要になるので、あらかじめ自分の予約を確認できるよう準備しておきましょう。ホームページで予約する場合は、予約と同時に座席指定も可能です。
好みの席があるとか、グループでまとまって座りたいとかいう場合は、積極的に座席指定しましょう。国際便に比べ搭乗時間が短い国内線とはいえ、移動も旅の一部ですから自分の気に入った座席で移動すれば、旅行はもっと楽しくなります。
ただし、旅行会社が提供するパッケージ旅行や団体航空券を利用した場合は、座席指定ができないのでご注意ください。また、機体のバランス確保や搭乗において配慮が必要な乗客の座席確保といった事情がある場合は、指定できる座席数には限りがあります。希望の座席や友人と隣同士で座りたい場合は、早めに座席指定した方がよさそうです。

座席指定できるタイミングには制限がある

スカイマークの座席指定や変更は、搭乗便の座席に空きがあれば何度でも可能です。もっとも、航空券の予約のみで支払いが完了していない場合においては、搭乗日の3日前まで指定が可能で、以後は支払いを完了しなければ座席指定できません。支払いを完了しても、搭乗予定便の出発1時間前を過ぎると座席の指定は行えなくなります。
なお、航空券購入期限を過ぎても支払いが完了していない場合、自動的に予約はキャンセルされてしまいます。予約だけして支払いを完了しないままだと、座席指定ができないだけでなく搭乗自体できなくなってしまうので注意しましょう。予約と同時に支払いを済ませてしまえば予約と同時に座席指定できるので、予約したタイミングで支払いも完了させてしまうことをおすすめします。

幼児を連れている場合やチャイルドシートを利用する場合は指定できる座席に制限がある

幼児を連れている場合、安全上の理由から非常口席は座席指定できません。座席を確保しない幼児の場合は、座席列の酸素マスクの数には限りがあることから、他の幼児連れの方と同じ座席列を指定することはできません。幼児連れの方が複数いる場合、前後の列や通路を挟んだ並びの列の座席を指定することとなります。
また、チャイルドシートを利用する場合は、14列目~17列目の座席は指定できません。
このように、幼児を連れている場合やチャイルドシートを利用する場合は、座席指定に制限がかかります。

スカイマークの座席変更の方法

スカイマークの座席変更は、座席指定した後においても、座席に空きがある限り何度でも行えます。座席変更は、座席指定と同じくスカイマークのホームページ・予約センター・出発空港のカウンターのいずれかで行えます。変更できるタイミングは、予約のみの場合は搭乗日の3日前まで、支払い完了の場合は搭乗予定便の出発1時間前までとなる点も座席指定と同様です。
空席がなくなってしまえば座席変更はできなくなってしまいます。後々変更しなくてよいよう、予約の段階でよく考えて座席指定するようにしましょう。

スカイマークの搭乗時間変更(搭乗日や搭乗便の変更)の方法

続いて、スカイマークの搭乗時間を変更する方法について解説します。航空券の種類によっては、変更ではなく予約を取り消しその後再予約の手続きが必要になることもあるので、搭乗日や搭乗便は特に念入りに確認してから予約した方がよさそうです。

航空券の支払いが完了していない場合は時間変更できない

航空券の予約のみで、支払いが完了していない場合は搭乗日や搭乗便の変更はできません。
支払いを完了していない段階においては、予約を取り消してから改めて新しい予約をとる必要があります。この場合、取り消しの手数料は発生しません。

支払いが完了している場合は購入した航空券の種類によって変更できるものとできないものがある

「大人普通運賃」・「小児普通運賃」・「障がい者割引運賃」・「たす得」を予約し、支払いが完了している場合は、予約便の出発時刻前に限り時間変更できます。時間変更はスカイマークのホームページにて行えます。なお、購入したのが「たす得」であれば、予約受付期間内の空席のある同一区間便の「たす得」へ変更できます。変更により差額が生じる場合は、差額分の清算(追徴or返金)が必要になります。時間変更を行った場合、購入した航空券の種類によっては、1人1区間ごとに取り消し手数料が発生します。「大人普通運賃」・「小児普通運賃」・「障がい者割引運賃」であれば取り消し手数料は発生しませんが、「たす得」は2,500円の取り消し手数料が発生します。
一方、「ダッシュいま得」・「いま得」・「SKYセール」・「U21直前割」・「シニアメイト1」は時間変更できません。これらの航空券を予約した後に搭乗日や搭乗便を変更したい場合は、不要となった予約を取り消し、払い戻しを行ってから改めて新しい予約をとらなければなりません。予約取り消しの際には所定の手数料が発生します。手数料は、「いま得」が出発の30日前なら4,000円・29日前~出発時刻前は5,000円、「U21直前割」・「シニアメイト1」は5,000円です。
なお、出発時刻以降は、「大人普通運賃」・「小児普通運賃」・「障がい者割引運賃」(取り消し手数料5,000円は発生します)以外の航空券は払い戻しできません(該当路線の国内線旅客施設使用料は払い戻されます)。「ダッシュいま得」・「SKYセール」は出発時刻の前後にかかわらず払い戻しできません(該当路線の国内線旅客施設使用料は払い戻されます)。
航空券の支払い完了前・完了後のいずれにおいても、時間変更には手間や費用が発生しますので、その負担は軽くありません。特に出発時刻以降の変更は払い戻しを受けられず費用面の負担は膨れ上がります。航空券を予約する際は、搭乗日や搭乗便と自分のスケジュールをよく確認してから予約しましょう。

「いま得」の座席指定・変更や時間変更はできる?

「いま得」の内容や「いま得」で購入した航空券の座席指定・時間変更の方法を紹介します。

「いま得」とは空席予測数に応じて運賃額が変動する航空券

「いま得」とは、便ごとの空席予測数により運賃額が変動する割引航空券です。空席予測数とは、その時点における便の最終的な混み具合を予測した数値をいいます。予約時の空席状況のことではありませんのでご注意ください。
「いま得」は、搭乗の3日前まで予約可能で、搭乗できるのは予約便に限定されます。販売数には限りがあります。取り消し手数料は、1人1区間につき搭乗日の30日前までは4,000円、29日前~出発時刻前は5,000円です。出発時刻を過ぎてからは払い戻しされませんが、国内線旅客施設利用料は払い戻されます。国内線旅客施設利用料とは、対象となる空港発着便の航空券を購入した際に航空運賃と同時に空港使用料として支払うもので、支払いを受けた航空会社が航空管理会社へ納入します。航空管理会社は、納入された国内線旅客施設利用料を用いて出発・到着ロビーをはじめとする施設の整備を行います。この国内線旅客施設利用料の金額は、例えば羽田空港であれば大人(満12歳以上)290円・小人(満3歳以上満12歳未満)140円となっています。他にも成田空港、新千歳空港や那覇空港などが国内線旅客施設利用料徴収の対象空港となっており、金額は数十円~数百円です。
「いま得」の払い戻し手数料は1人1区間につき500円です。払い戻しは予約搭乗便の翌日から起算して10日以内に限り行われます。払い戻しを受けたい場合は早めに手続きを済ませてしまいましょう。なお、取り消し手数料と払い戻し手数料は、いずれも大人と小児同額です。
「いま得」は、スカイマークホームページ・旅行代理店・予約センター・空港カウンターにて購入できます。問い合わせが集中すると予約センターの電話はつながりにくくなる可能性があります。電話がつながらない場合は、ホームページなどその他の方法を試してみるとよいでしょう。

「いま得」でも座席指定・座席変更は可能

「いま得」は空席予測数に応じて運賃額が変動する割引運賃ですが、通常の航空券と同様に座席指定・座席変更が可能です。座席指定・座席変更の方法や注意点は前述したとおりです。

「いま得」は時間変更ができない

「いま得」は、時間変更(搭乗日、搭乗便の変更)できません。どうしても時間変更しなければならない場合は、一度予約を取り消して改めて新しい予約をとる必要があります。これを行うと取り消し手数料だけでなく、新しくとった予約の運賃もかかり負担が大きいので、「いま得」で予約する際は搭乗日や搭乗便をよく確認しましょう。
なお、取り消し手数料が取り消した便の運賃を上回る場合、支払い済みの運賃は取り消し手数料・払い戻し手数料に充当されます。

まとめ

今回は、スカイマークの座席指定・時間変更の方法と注意点や「いま得」の内容について解説しました。座席の指定や変更は搭乗便の座席に空きがある限り行えますが、時間変更はできないケースが多く、時間変更できない場合は一度予約を取り消してから改めて予約を取り直さなければなりません。スカイマークの航空券を予約する際は、後々変更する必要が生じないよう、よく日程を確認するようにしましょう。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ