最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

始発と最終の時刻表

始発 天草エアラインズ(AMX)・JAL(日本航空)/コードシェア便(共同運航便)9:05
最終 天草エアラインズ(AMX)・JAL(日本航空)/コードシェア便(共同運航便)19:05

福岡空港発~天草空港(熊本)着おすすめの時期

天草は年間の平均気温は16.2℃、最高気温は35.3℃、最低気温は-3.1℃で、夏は涼しく、冬は比較的暖かいので、年中観光に適しています。熊本の離島ということもあり、ビーチアクティビティを楽しめる夏が人気のシーズンで、このフライトを利用する旅行客も最も増加します。また、天草は一年中イルカウォッチングが楽しめる場所としても有名で、天草を訪れる観光客に人気のアクティビティです。天草で注目したいのは、11月下旬~12月に開催される「あまくさん、サンタジャーニー」です。キリスト教が長きに渡って根付いた天草では「サンタクロースの聖地」としてPR活動を行っており、このイベントでは島内の教会や広場がイルミネーションされ、クリスマスマーケットなども行われます。天草観光に合わせて、イベントが開催される時期などに観光に訪れるのもおすすめです。

観光情報と地域紹介

本州の熊本と天草五橋と呼ばれる、連なる五つの橋で繋がる天草。天草諸島には大小120の島々が点在しており、天草は東シナ海、八代海、有明海の三つの海に囲まれた天草諸島の中で最も大きい有人島です。そんな自然豊かな天草は、海の幸と山の幸が豊富で、食材の宝庫としても有名です。天草の旬な話題といえば、2018年7月に世界遺産登録が決定した「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」です。この世界構成遺産に登録されたのは、天草の崎津集落で、江戸時代の禁教の時期にキリスト教、仏教、神教が共存した独自の形態を持つ集落ということで登録されました。この集落には、ゴシック様式の崎津教会は集落の特徴を感じることができる代表的な建造物の一つです。島原の乱で総大将を務めた天草四郎でも有名な天草には、その他にも天草キリシタン館、天草ヨレジヨ館などの、南蛮文化やキリシタンの歴史を学べるスポットがあります。
天草の離島「御所浦島」は「恐竜の島」との相性でも有名で、多くの恐竜の足跡や化石が発掘された場所で、1億年前の白亜紀から4500万年前の地層なども見ることができ「天草のジオパーク」と呼ばれています。また、白亜紀資料館には、様々な化石を閲覧でき、また化石発掘体験なども実施しています。さらに、天草には750年の歴史を誇る厳選100%の温泉「下田温泉」があり、天草の旅行の際には、様々な島の楽しみ方ができるのが最大の魅力です。

福岡空港発~天草空港(熊本)着の距離とフライト時間

この区間のフライトは、飛行距離221kmを約35分の所要時間にて運航しています。

就航している航空会社と運航本数

共同運行する天草エアラインズとJAL(日本航空)の2社の航空会社が1日3便を運航しています。

福岡空港の特徴

福岡市博多区にある福岡空港は、福岡の中心地に近く、博多駅までは地下鉄で約5分の場所にあります。そんな福岡空港は、2017年には2,613万人の旅行者が利用する、九州で最も多くの旅行者が利用する空港です。また、アジア圏とのハブ空港を目指す福岡空港では、国際線を利用するインバウンドの数も増加しています。2018年の3月には東アジア圏からの旅行者の需要に対応するため、LCCのバニラエア(VanillaAir)が台湾空港への新規路線を就航しました。現在は利用者の増加に対応するため、平成32年を完成目標に掲げ、新ターミナルの工事が着々と進められています。さらに、2019年の4月には空港の民営化が予定されており、過渡期を迎えています。2017年の11月には、ターミナル内に全国から選りすぐりのラーメン店が並ぶ「ラーメン滑走路」がオープンしたことでも、話題となりました。新ターミナルのオープン、民営化を控えた福岡空港は今後のどうこうが注目されています。

天草空港(熊本)着の特徴

天草空港は熊本の天草市にある空港で、毎年約6万人の旅行者が利用する空港です。
天草空港においては、JAL(日本航空)とコードシェアをする天草エアラインズ(AMX)が唯一乗り入れをしています。天草エアラインズは天草空港を拠点とする日本最小の航空会社で、航空機の機体にイルカの親子のモチーフを用いられていることでも知られています。天草空港が就航する路線は、この福岡空港との路線を含め、熊本、伊丹(大阪)の3拠点です。空港から島内への移動は、島内を周遊するバスを利用することが可能ですが、空港近隣にはレンタカー会社が多く、空港までの送迎もしてくれるので、レンタカーを利用し自由気ままに島内観光を楽しむ旅行客も多いようです。

この路線の利用者の傾向

福岡空港発~天草空港(熊本)着のフライトは年間に22,000人~23,000人が利用する路線で、利用者の多くは天草を訪れる観光客です。このフライトを利用する観光客は、福岡からの旅行者の他にも、福岡で乗り継ぎをする本州からの旅行者にも多く利用されています。熊本と伊丹(大阪)発の便を利用して、本州から天草へも行くことができますが、熊本と伊丹(大阪)から天草へのフライトは1日1便と限定されることから、乗り継ぎの利便性から福岡空港が多く利用されています。そのため、現在、福岡空港発~天草空港(熊本)着を運航する3便のフライトの内、乗り継ぎ時間に都合が良い、福岡空港発16:50分のフライトが混雑する傾向にあります。この区間を共同運航するJAL(日本航空)と天草エアライン(AMX)が販売する最安値の航空券は、搭乗日事前予約のチケットで、11,500円の同価格で販売されています。

まとめ

ユネスコの世界遺産に登録されたばかりの「崎津集落」がある天草は、国内外から注目されている旬な観光地です。世界遺産に登録されたことで、熊本の離島「天草」の知られざる魅力が周知され、今後はいままで以上に島内を訪れる旅行者が増加することが期待されています。天草への就航するフライト便数や発着地が限られるため、今後は増加する日本各地からの旅行者が多く利用する可能性が高い、福岡空港発~天草空港(熊本)着は、いままで以上に混雑が予想されるため、早めにフライト便の予約することをおすすめします。

福岡空港

福岡県福岡市博多区下臼井778-1

大きな地図で見る

電車を利用

  • 福岡空港駅「博多駅」…約5分
  • 福岡空港駅「天神駅」…約11分
  • 福岡空港駅「貝塚駅」…約24分
  • 福岡空港駅「別府駅」…約36~44分
  • 福岡空港駅「中洲川端駅」…約10分
  • 福岡空港駅「天神南駅」…約18分

自動車を利用

  • 福岡空港「博多駅」…約12分
  • 福岡空港「天神駅」…約16分
  • 福岡空港「大濠公園駅」…約19分
  • 福岡空港「福岡ヤフオクドーム」…約25分
  • 福岡空港「小倉駅」…約70分
  • 福岡空港「大川市」…約1時間15分
  • 福岡空港「佐賀駅」…約1時間5分

バスを利用

  • 福岡空港駅「小倉駅」……約1時間25分

天草空港

熊本県上益城郡益城町大字小谷1802-2

大きな地図で見る

自動車を利用

  • 阿蘇くまもと空港「肥後大津駅」…約16分
  • 阿蘇くまもと空港「熊本城」…約37分
  • 阿蘇くまもと空港「熊本駅」…約40分
  • 阿蘇くまもと空港「交通センター」…約40分
  • 阿蘇くまもと空港「阿蘇駅」…約45分
  • 阿蘇くまもと空港「黒川温泉」…約1時間27分
  • 阿蘇くまもと空港「八代駅」…約48分
  • 阿蘇くまもと空港「延岡駅」(宮崎県)…約2時間33分
  • 阿蘇くまもと空港「大分駅」(大分県)…約2時間28分
  • 阿蘇くまもと空港「別府駅」(大分県)…約2時間24分

バスを利用

  • 阿蘇くまもと空港「熊本駅」(県庁・交通センター経由)…約50分
  • 阿蘇くまもと空港「テクノポリスセンター」…約10分
  • 阿蘇くまもと空港「八代」…約1時間
  • 阿蘇くまもと空港「高森中央」…約50分
  • 阿蘇くまもと空港「延岡」…約3時間
  • 阿蘇くまもと空港「大分」…約3時間
  • 阿蘇くまもと空港「湯布院」…約4時間15分
  • 阿蘇くまもと空港「黒川」…約2時間30分
  • 阿蘇くまもと空港「別府」…約4時間25分/火山見物プランの場合は約6時間30分
  • 阿蘇くまもと空港「肥後大津駅」…約12分
福岡空港発着の空港情報へ

PAGE TOP