最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

始発と最終の時刻表

羽田空港(東京)発→旭川空港(北海道)着の路線の始発はエアドゥ(AIR DO)・ANA(全日空)の6:45発の便、最終便はJAL(日本航空)の7:55発の便になります。
始発はエアドゥ(AIR DO)の機材・乗務員によるANA(全日空)との共同運航便(コードシェア便)になります。

羽田空港(東京)発~旭川空港(北海道)着おすすめの時期

旭川の観光は平均気温が約15℃から20℃前半と過ごしやすくなる7月から9月にかけての夏季が、涼しい気候のなか自然豊かな北海道の景色を楽しめるためおすすめです。11月から4月の冬季には最低気温がマイナスになり雪によって交通も制限される可能性があるため、観光よりもウィンタースポーツをする人がよく訪れます。

旭川の観光情報と地域紹介

旭川市は、北海道の中央より少し北に位置しており、道北圏内にあります。人口およそ34万人の札幌に次ぐ第二の中核都市で、農業、製造業、ものづくり産業が盛んです。
街の東にそびえたつ大雪山系の美しい自然や、雪をテーマとした珍しい美術館「雪の美術館」、動物の行動展示で有名な「旭山動物園」などの観光スポットが数々あり、富良野や美瑛にも近いため旭川を拠点として北海道特有の風景を楽しむことができます。
2月には、毎年約100万人が訪れる旭川冬まつりが催されます。
旭山動物園
日本最北にあるこの動物園は、動物の自然な行動をわかりやすく工夫した「行動展示」やえさを食べる姿を解説を聞きながら見ることができる「もぐもぐタイム」などで有名となり、旭川を訪れる観光客も増加しました。
層雲峡
大雪山の北麓に形成された24kmにわたる大渓谷があり、その一部が層雲峡と呼ばれ、道内でも有名な温泉街のひとつになっています。層雲峡からはロープウェイで黒岳の5合目まで手軽に行くことができ、切り立った崖の迫力ある風景や、大雪山の美しい自然を観光することができます。
嵐山展望台
旭川駅からバスで25分ほどの旭川鷹栖ジャンクション付近にある2階建ての展望台で、旭川の街並みやコンディションがよければ大雪山の眺望を見ることができるスポットです。

羽田空港(東京)発~旭川空港(北海道)着の距離とフライト時間

羽田空港(東京)から旭川空港(北海道)までの距離はおよそ1,052kmで、フライト時間は約1時間35分です。

就航している航空会社と運航本数

この路線を運航している航空会社は下記の3社で、1日の運航本数は以下の通りです。
・JAL(日本航空) 4便
・ANA(全日空) 3便
・エアドゥ(AIR DO) 3便
※この路線では、ANA(全日空)は全便エアドゥ(AIR DO)の機材・乗務員によるコードシェア便(共同運航便)になります。

羽田空港(東京)の特徴

羽田空港(東京)は1日に国内線だけで飛行機が500回以上着陸(28年度)をし、旅客数も一番多く、日本で一番使用頻度の高い空港といえます。東京の玄関口となっている羽田空港(東京)の需要は高まるばかりで、発着枠の増加、国際便の増加など拡充の一途を辿っています。また、サービスや清潔さの面でも国際的に高く評価されている空港でもあります。
主なターミナルは地上6階建ての第1旅客ターミナル、5階建ての第2旅客ターミナル、5階建ての国際線ターミナルで、国内線は航空会社によってターミナルが分かれています。
<各地域までのアクセス>
東京駅までは、電車で約30分、バスで約40分
新宿駅までは、電車で約40分、バスで約35分
東京ディズニーリゾートまでは電車で約50分、バスで約30分

旭川空港(北海道)の特徴

旭川空港(北海道)は、旭川市の中心部からおよそ15km南東、車では30分ほどの場所にあります。積雪も多い季節ですが万全の除雪体制を敷いたことで、過去10年の就航率は99%を超えており、冬季でも安定して使える空港です。空港の規模は大きくありませんが、土産物店、売店、カフェ、レストラン、ソフトクリーム屋などが揃い、展望デッキも利用できます。
旭川空港(北海道)で人気のお土産物はサブレの「白い恋人」、「蔵生」や地酒、地ビール、北海道産のチーズなどです。
<各地域までのアクセス>
市内へのアクセスはバス、タクシー、レンタカー、自家用車などです。
旭川駅までは、バスで約35分
旭山動物園までは、バスで約35分

この路線の利用者の傾向

羽田空港(東京)―旭川空港(北海道)間は年間およそ86万人が利用する国内で34番目に利用者の多い路線です(平成27年度)。
本路線では観光客が一番多く、休日では約半数が観光目的の乗客になり次いで私用での利用と続きます。平日では約4割が観光客、次いでビジネス利用が3割と多くなります。(国土交通省の平成27年度航空旅客動態調査より)
旭川空港(北海道) での東京線の降客は、7月~9月の夏季にはひと月に4万8千人から5万5千人と一番多く、11月~2月の冬季の1.5倍ほどになることから、夏季が観光のハイシーズンとなっていることがわかります。(旭川市の「平成14年から平成28年度乗降客利用状況」より)

まとめ

羽田空港(東京)発→旭川空港(北海道)着の路線では、格安航空会社(LCC)の運航はなく、大手航空会社(レガシーキャリア)のJAL(日本航空)、ANA(全日空)と地域航空会社のエアドゥ(AIR DO)の運航です。
JAL(日本航空)とANA(全日空)の航空券は他航空会社より高めですが、抜群のサービスや信頼感があり人気があります。直前まで予約ができる「特便割引」「特割」といった予約割引や28日前までの予約で利用できる「先得」「旅割」などの早期購入割引を使うとお得に乗ることができます。
エアドゥ(AIR DO)は、JAL(日本航空)とANA(全日空)よりももともと少し運賃が安く、更に直前の予約にも対応する割引DOバリューや21日より前の予約で利用できるAIRDOスペシャルがあります。

羽田空港

東京都大田区羽田空港3-3-2

大きな地図で見る

電車を利用

  • 羽田空港「成田空港駅」まで…約1時間45分
  • 羽田空港「舞浜駅」(東京ディズニーリゾート)まで…約50分
  • 羽田空港「浅草駅」まで…約43分
  • 羽田空港「東京駅」まで…約30分
  • 羽田空港「品川駅」まで…約16分
  • 羽田空港「浜松町駅」まで…約17分
  • 羽田空港「京急蒲田駅」まで…約10分
  • 羽田空港「横浜駅」」まで…約30分
  • ※京急電鉄線、またはモノレールが運行しています。

バスを利用

  • 羽田空港「千葉方面」…約1時間20分~1時間40分
  • 羽田空港「東京ディズニーリゾート方面」…約50分
  • 羽田空港「東京方面」…約40分
  • 羽田空港「池袋方面」…約1時間~1時間10分
  • 羽田空港「新宿方面」…約50分~1時間
  • 羽田空港「渋谷方面」…約40分~1時間
  • 羽田空港「お台場方面」…約15~20分
  • 羽田空港「横浜方面」…約30分
  • ※リムジンバス、または京急バスが運行しています。

旭川空港

北海道上川郡東神楽町東2線16号

大きな地図で見る

自動車を利用

  • 旭川中心部約15km
  • 富良野市約40km

バスを利用

  • 定期バス 旭川駅旭川空港:35分
  • 旭山動物園バス 旭川空港旭山動物園:35分
  • 富良野バス 旭川駅旭川空港:35分
  • 旭川空港富良野駅:60分
羽田空港発着の空港情報へ

PAGE TOP