最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

始発と最終の時刻表

羽田空港(東京)発→岩国空港(山口)着の始発便と最終便の2018年夏ダイヤは以下の通りです。
始発便 ANA(全日空) 3/25-5/31     07:05→08:45 
          6/1-30、10/1-10/27 06:55→08:35
          7/1-7/31      06:55→08:30
          8/1-9/30      07:05→08:40
最終 ANA(全日空)  20:05→21:45 ※ただし7/1-9/30は到着が21:40に変更

羽田空港(東京)発→岩国空港(山口)着おすすめの時期

羽田空港(東京)発→岩国空港(山口)着の路線は、東京と山口を1時間40分前後で結び、1日5往復運航しています。
2016年の月別利用者数を見ると、最も多かった月が8月で39,827人、最も少なかった月は2月で23,732人でした。
また、5月、7月~12月は利用者数3万人台を推移しており、それ以外の月は2万人台となっています。
岩国市周辺の観光は1年を通して楽しめますが、ベストシーズンは夏から気候が安定し紅葉が美しい秋といえます。

岩国の観光情報と地域紹介

山口県岩国市は山口県の東部にあり、広島県と接しています。
山口県の県庁所在地である山口市からは約100km離れている一方で、広島県の県庁所在地であり、中国地方の国の出先機関が集中する地方中枢都市の広島市までは約35kmと近く、広島にもつながりが深い市です。
山口県は日本海側~内陸部と瀬戸内海沿岸では気候が異なっており、日本海側~内陸部では冬に積雪を記録する都市もありますが、瀬戸内海沿岸部は1年中温暖な気候です。

人気の観光スポット

錦帯橋
岩国市の錦川にかかり、日本三名橋や日本三大奇橋の1つといわれている5連のアーチが大変美しい木造の橋です。
江戸時代の1673年に完成し、翌年には一度洪水で流れてしまいますが、同じ年に補強して再建されました。
以来250年以上に渡り、定期的な架け替え工事が行われており、最近では約50年ぶりに2001年から2004年まで26億円をかけた架け替え工事が行われました。
岩国市は山口県と共同で、「錦帯橋と岩国の町割」として世界遺産認定を目指す運動をすすめています。
岩国城
江戸時代、初代岩国藩主の吉川広家が錦川に囲まれた横山の山頂に築城しました。
幕府の一国一城令によって7年後には取り壊されましたが、現在復元されて山の頂上にそびえ立っています。
吉香公園前にある山麓駅から、標高200メートルほどの山頂駅まではロープウェーで登ることができ、錦川と錦帯橋、岩国錦帯橋空港、瀬戸内海の島々まで眺めることができます。
岩国シロヘビの観光施設や神社
岩国市に生息するシロヘビは、国の天然記念物にもなっています。
このシロヘビ、抜け殻は金運のお守りになるとか、シロヘビを祀ると金運アップするという言い伝えがあります。
生きたシロヘビを観察したり、岩国のシロヘビの歴史や生態について楽しく学べる「岩国シロヘビの館」やシロヘビを祀った「岩国白蛇神社」などが観光客の人気スポットとなっています。
地底王国「美川ムーバレー」
美川ムーバレーは江戸時代から銀や銅などを産出していた鉱山跡地をファミリー向けのテーマパークにしたもので、地底探検、砂金採り、天然石掘り、日帰り入浴やバーベキューなどが楽しめます。

羽田空港(東京)発→岩国空港(山口)着の距離とフライト時間

羽田から岩国までの路線の距離は741kmでフライト時間は1時間35~40分です。

就航している航空会社と運航本数

運航する航空会社はANA(全日空)で、1日の運航本数は5本です。

羽田空港(東京)の特徴

羽田空港(東京)は旅客数日本一の空港で、2016年の国内線利用者が約6493万人、国際線利用者が約1519万人、合せて約8012万人でした。
2016年の世界の空港旅客数ランキングでも、アトランタ(アメリカ)、北京(中国)、ドバイ(アラブ首長国連邦)、ロサンゼルス(アメリカ)に次いで世界第5位となっています。
都心部からのアクセスのよさとコンパクトにまとめられた使い勝手のよいターミナルが特徴で、これから2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ますます利用者が増えることが予想されます。
空港には、国際線旅客ターミナルと国内線の第1旅客ターミナル、第2旅客ターミナルの3つのターミナルがあり、国内線は航空会社ごとにターミナルが決まっています。
羽田―岩国の路線を運航するANA(全日空)は、第2旅客ターミナルを利用します。
羽田空港へのアクセスは、電車、モノレールと空港連絡バスなどが便利です。
それぞれの所要時間を見ると、電車利用の場合は品川から羽田空港まで京浜急行で約15分、モノレール利用なら浜松町から羽田空港まで約20分です。
この品川駅や浜松町駅にはいろいろな路線が接続しており大変便利です。
荷物が多い場合、電車やモノレールでの移動は面倒に感じますが、その場合空港連絡バスを利用するといいでしょう。
空港連絡バスには京浜急行バスとリムジンバスがあり、都内各地、都心部のホテルと結ばれている他、東京に隣接する千葉、神奈川、埼玉の各地とも結ばれています。
尚、バスを利用する場合は、渋滞などで遅れる場合も考慮して余裕をもったスケジュールで利用しましょう。

岩国空港(山口)の特徴

岩国空港(山口)は正式名称は「岩国飛行場」といい、愛称を岩国の有名観光スポットである錦帯橋の名前をつけて「岩国錦帯橋空港」としています。
この岩国空港(山口)は米軍基地の滑走路を利用した、米軍、自衛隊、民間の共用空港です。
米軍との共用空港は他に青森の三沢基地がありますが、岩国空港(山口)だけが国内空港で唯一、米軍が空港管制を行っています。
岩国市は広島県との県境に近いことから、岩国空港(山口)の利用者は山口県内だけでなく、隣の広島県からも利用されています。
岩国空港(山口)から各地ヘのアクセスは、車では山陽本線の岩国駅へ約7分、山陽新幹線の新岩国駅へ約25分、また山陽自動車道の岩国ICへ約25分となっています。
電車を利用する場合は、空港と山陽本線の岩国駅とは連絡バスで10~12分で結ばれており、この岩国駅から柳井駅へ約35分、徳山駅へ1時間10分となっています。
また人気観光スポットの錦帯橋へは、空港アクセスバスを利用すると空港から岩国駅経由で約30分。
広島バスセンターへも本数は少ないですが岩国空港(山口)からバスが出ていて、1時間22分ほどとなっています。

この路線の利用者の傾向

羽田空港(東京)と岩国空港(山口)を結ぶ路線は、国土交通省が2015年10月に実施した平成27年度航空旅客動態調査によれば、平日はビジネス目的が56.7%で半数を占めており、休日はビジネス目的が29.5%、観光が31.9%、私用が30.8%となっていて、平日はビジネス利用、休日は観光や帰省などの私的な利用が多いことがわかります。
夏休みなどの長期休暇は観光目的の利用者が増え、帰省客も加わるお盆休みや年末年始などは混雑が予想されますので、予約は早めに取るようにしましょう。

まとめ

羽田(東京)→岩国の路線を利用する場合、航空会社はANA(全日空)だけで、LCC(格安航空会社)の運航がありません。
安い運賃で旅行をしたいのなら、28日前まで段階ごとに割引率が変わる早期割引運賃「旅割」、出発直前まで購入可能な「特割」など、ANAの割引航空券を利用しましょう。
もし、混雑期で岩国行きの航空券が取れなかった場合、目的地を岩国ではなく、近くの広島空港や山口宇部空港などに変更してみるという方法も考えられます。

羽田空港

東京都大田区羽田空港3-3-2

大きな地図で見る

電車を利用

  • 羽田空港「成田空港駅」まで…約1時間45分
  • 羽田空港「舞浜駅」(東京ディズニーリゾート)まで…約50分
  • 羽田空港「浅草駅」まで…約43分
  • 羽田空港「東京駅」まで…約30分
  • 羽田空港「品川駅」まで…約16分
  • 羽田空港「浜松町駅」まで…約17分
  • 羽田空港「京急蒲田駅」まで…約10分
  • 羽田空港「横浜駅」」まで…約30分
  • ※京急電鉄線、またはモノレールが運行しています。

バスを利用

  • 羽田空港「千葉方面」…約1時間20分~1時間40分
  • 羽田空港「東京ディズニーリゾート方面」…約50分
  • 羽田空港「東京方面」…約40分
  • 羽田空港「池袋方面」…約1時間~1時間10分
  • 羽田空港「新宿方面」…約50分~1時間
  • 羽田空港「渋谷方面」…約40分~1時間
  • 羽田空港「お台場方面」…約15~20分
  • 羽田空港「横浜方面」…約30分
  • ※リムジンバス、または京急バスが運行しています。

岩国空港

山口県岩国市旭町3-15-1

電車を利用

  • 岩国錦帯橋空港「柳井駅」まで…約33分
  • 岩国錦帯橋空港「徳山駅」まで…約1時間18分

バスを利用

  • 岩国錦帯橋空港「岩国駅」…約12分
  • 岩国錦帯橋空港「交通局」…約23分
  • 岩国錦帯橋空港「大畠駅」…約1時間10分

自動車を利用

  • 岩国錦帯橋空港「岩国駅」…約7分
  • 岩国錦帯橋空港[新岩国駅」…約25分
  • 岩国錦帯橋空港「岩国I.C.」…約25分
  • 岩国錦帯橋空港「大竹I.C.」…約20分
  • 岩国錦帯橋空港「玖珂I.C.」…約30分
羽田空港発着の空港情報へ

PAGE TOP