最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

始発と最終の時刻表

始発 JAL(日本航空) 8:05
最終 ANA(全日空) 19:00

伊丹空港(大阪)発~秋田空港着おすすめの時期

全国の都道府県で6番目の面積を誇る秋田県には、県内各地に多くの観光スポットがあります。2月には雪景色や雪まつり、4月下旬~5月初旬には各地の桜が開花の時期を迎えます。秋田の観光のハイシーズンとなるのが8月で、各地で郷土祭りや全国的な花火大会が開催され、多くの観光客で賑わいます。秋の最盛期を迎える10月~11月には紅葉で彩る景勝地の絶景を望むことができます。また、日本海に面し、奥羽山脈などの山に囲まれ、美味しい地物が豊富です。そのため、一年中、季節ならではの新鮮な野菜や魚介類、また、地鶏やきりたんぽなどの郷土料理やB級グルメなどを堪能できます。秋田には、食、絶景、イベントが豊富なので、一年中、四季折々の楽しみ方があります。

観光情報と地域紹介

日本海に面した東北六県の一つ「秋田県」。平成28年には過去最多となる3160万人の旅行客が秋田県を訪れました。近年は訪日旅行者の数が増加傾向にあり、同年のインバウンド宿泊客数が約8割増加したことでも話題となりました。秋田県には季節を感じる日本の美しい風景があることや、郷土の祭りが多く催されていることも、観光客の増加の理由です。みちのくの小京都と呼ばれる「角館」は城下町として栄え、約400年前に形成された通りで、当時の武家屋敷が並ぶ通り「武家屋敷通り」が有名です。この武家屋敷通りが有名になった理由には、約400本のシダレザクラが風情のある通りを彩る美景が望めるためです。さらに、近隣の桧木内川の川沿い2kmには、ソメイヨシノが並び、堤防が桜で埋め尽くされる絶景スポットです。角館が桜の見どころを迎える4月末~5月初旬には「角館 桜まつり」が開催され、毎年約130万人の人手で賑わいます。また、秋田の夏の二大風物詩といえば、大曲の全国花火競技会、そして東北三大まつりの一つ「秋田灯篭まつり」です。大曲市で開催される全国花火競技会は、全国の一流の花火師たちが日本一の花火を競い、日本三大花火大会の一つとも称される、熱気と迫力そして花火という芸術品を肌で感じることができる特別なイベントです。一方、秋田市内で開催される秋田灯篭まつりには、全国から毎年約130万人が訪れます。この灯篭まつりは約270年前に始められたとされ、国重要無形民族文化財にも登録されている全国的にも貴重な祭事の一つです。竹竿で組まれた巨大な提灯がお囃子の太鼓と笛の音に合わせて街を賑やかに練り歩く光景は圧巻です。様々なまつりが開催される秋田県ですが、他にも秋田の冬の風物詩「横手かまくら」や十和田湖で冬に開催されるイルミネーションイベント「十和田湖雪物語」なども、秋田ならではの絶景を堪能できます。温泉地や景勝地の秋の紅葉など、一年中、秋田の季節と風景、そして郷土文化を堪能できるのが、秋田の魅力です。

伊丹空港(大阪)発~秋田空港着の距離とフライト時間

この区間のフライトは、飛行距離793kmを1時間15分~30分の所要時間にて運航しています。

就航している航空会社と運航本数

伊丹空港(大阪)発~秋田空港着のフライトを就航している航空会社は下記の通りです。
JAL(日本航空) 3便
ANA(全日空) 3便

伊丹空港(大阪)の特徴

現在、伊丹空港(大阪)は2020年に全面リニューアルの完成を目標に工事を進めており、今年の4月に先立って展望デッキや商業エリアがリニューアルオープンしたことでも話題となりました。商業エリアには厳選された話題のスイーツ店やレストランなど34店舗が軒を並べています。飛行機を眺めながらゆったりと食事ができるレストラン、子供が水遊びできる芝生のエリアも完備された展望デッキなど、フライト搭乗者以外も満喫できる施設が多く、一部のリニューアルオープンしたての空港には、旅行客はもとより伊丹空港(大阪)の見物客が多く駆けつけ賑わいを見せています。そんな話題の伊丹空港(大阪)は、昨年1年間には1,559万人の旅行者が利用しました。近年はLCCの新規就航や増便などを積極的に行い、利用客数は上昇傾向にあります。来年開港80周年を迎える伊丹空港(大阪)は、さらに利用者の増加も見込まれており、全面リニューアルオープンを控え、今後も盛り上がりをみせそうです。

秋田空港の特徴

秋田県には秋田市内の秋田空港と、北秋田市にある大館能代空港の二つの空港があります。秋田空港の昨年の利用者数は約128万人、一方の大館能代空港の利用者数は約14万人で、秋田空港は秋田の主要な空の窓口として大きな役割を担っています。秋田空港は羽田(東京)、新千歳(札幌)、名古屋(セントレア)と伊丹(大阪)の国内線4拠点、国際線においては、東アジア諸国との期間限定のチャーター便が不定期で運航しています。最近の秋田空港の話題は、秋田空港と大館能代空港が共同で開発し昨年から販売を開始した「秋田犬 ぬいぐるみ」です。そのキュートな風貌から空港大人気のお土産となり、予定よりも早々に売切となり、再生産が追いつかないほどでした。現在は販売を開始しているので、秋田空港を利用する際には、オリジナルの秋田犬のぬいぐるみは要チェックです。

この路線の利用者の傾向

伊丹空港(大阪)発~秋田空港着の路線は、毎年約9万人の旅行客が利用しています。この路線利用者の多くは秋田への観光客です。毎年ハイシーズンとなるのは8月で、秋田の夏の風物詩の観光を目的とした旅行者がこの路線のフライトを利用しています。また、毎年9月~11月の秋の行楽シーズンにも旅行客が増加します。この区間のフライトを運航するJAL(日本航空)とANA(全日空)が販売する最安値の格安航空券は、搭乗日75日前に購入のチケット8,500円で、一般片道航空券に比べてかなり割安で購入が可能です。JAL(日本航空)とANA(全日空)の就航便、合わせて6便の定期便が運航されていますが、週末、連休の初日や最終日のフライトには満席が目立ちます。旅行先の混雑やフライトの混雑、また旅費を節約するのであれば、連休や週末を避けた平日のフライトをおすすめします。

まとめ

関西からは中々足を運ぶ機会が少ない、東北の地「秋田」。そして、春夏秋冬、それぞれの楽しみ方があり、見どころが満載です。一度に全ての観光地を堪能することは難しいので、格安航空券などを上手に利用して、異なる季節の秋田を旅行してみるのもおすすめです。まだまだ知られざる魅力が詰まった秋田県は、人気の観光地とは異なる旅行を楽しませてくれます。

伊丹空港(大阪国際空港)

大阪府豊中市螢池西町3-555

大きな地図で見る

電車を利用

  • 伊丹空港(大阪国際空港)モノレール「千里中央」経由→地下鉄「梅田」…約48分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)モノレール「蛍池」経由→「阪急梅田」…約29分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)モノレール「蛍池」経由→阪急宝塚線「阪急十三」経由→「阪急三宮駅」…約57分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)モノレール「蛍池」経由→阪急宝塚線「阪急梅田」経由→JR「三宮駅」…約63分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)モノレール「蛍池」経由→阪急宝塚線「阪急梅田」経由→JR「京都駅」…約71分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)モノレール「蛍池」経由→阪急宝塚線「阪急十三」経由→「阪急河原町駅」…約72分

バスを利用

【大阪府内】

  • 伊丹空港(大阪国際空港)「大阪駅前」…約30分(大阪マルビル)
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「新大阪駅」…約25分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「なんば」…約30分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「OCAT(JR難波)」…約40分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「近鉄上本町」…約35分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「あべの橋」…約30分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」…約40分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「関西空港(関西国際空港)」…約70分

【近隣府県へ】

  • 伊丹空港(大阪国際空港)「神戸(三宮)」…約40分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「八多」…約25分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「淡河」…約30分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「久留美」…約35分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「姫路」…約75分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「阪神甲子園」まで約25分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「西宮」…約45分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「京都駅八条口」…約50~55分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「第二阪奈生駒」…約60分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)JR「奈良駅」…約70分
  • 伊丹空港(大阪国際空港)「天理駅」…約95分

秋田空港

秋田県秋田市雄和椿川字山籠49

大きな地図で見る

バスを利用

  • 秋田空港「仁井田中丁」750円
  • 秋田空港「市営住宅前」820円
  • 秋田空港「卸センター入口」850円
  • 秋田空港「北都銀行本店前」900円
  • 秋田空港「木内前」900円
  • 秋田空港「秋田駅西口」900円
  • 秋田空港「交通公社前」900円
  • 秋田空港「県庁市役所前」900円
伊丹空港(大阪国際空港)発着の空港情報へ

PAGE TOP