最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

始発と最終の時刻表

始発・最終ともに、
フジドリームエアラインズ(FDA)・JAL(日本航空)16:45
※1日1本のみ、フジドリームエアラインズ(FDA)・JAL(日本航空)/コードシェア便(共同運航便)16:45。

熊本空港発~静岡空港着おすすめの時期

静岡県は日本のほぼ真ん中に位置し、年間を通して温暖で寒暖差の少ない穏やかな地域です。
県内には標高3,776mの日本一高い「富士山」と、湾として一番深い最大水深約2,500mの「駿河湾」があり、高低差は日本一です。
静岡県は四季それぞれに魅力がありますが、観光目的によっておすすめの時期は変わります。
富士山の登山が目的であれば7月下旬~8月がベストシーズンです。また、グルメを楽しむのであれば9月~10月がおすすめで、この時期は多くの果物が旬を迎えるほか、桜エビや脂の乗った戻りガツオといった水産物も食べ頃になります。
またそれ以外の時期であっても、冬から春のイチゴや、4月下旬~6月の茶摘みや浜名湖のウナギなど一年を通してグルメには事欠きません。
いつ行っても楽しめる静岡県ですが、夏休みや長期連休の時期は航空券相場が上がるので、可能ならその時期を避けたほうが良いでしょう。

静岡の観光情報と地域紹介

静岡県は中部東海地方に位置し、古くは伊豆国・駿河国・遠江国といわれた地域にあたります。
観光地として人気の東部(伊豆)、静岡市を中心とする文化・経済の中心地の中部、浜松市を中心とする工業地域の西部と、地域特性が明確に分かれています。
また地域特性が分かれているように、同じ県内でも各地によって方言や文化に違いが見られるのも静岡県の特徴です。
静岡の観光はこの3つのエリアに富士山を加えた4つのエリアに分けることができ、それぞれのエリアで楽しみ方が違います。
「伊豆半島ジオパーク構想」が進められている東部は温泉地が多く、熱海や下田を中心に全国的にも人気の高い観光地です。
富士山エリアには豊かな自然が広がり、登山だけではなく四季折々の景観を楽しめるスポットがたくさんあります。
静岡市を中心とする中部は、行政・商業の中心であるとともに、家具や雛具といった徳川家ゆかりの伝統産業も盛んな地域です。
浜松市のある西部は、ホンダ、スズキ、ヤマハな、日本を代表する企業誕生の地で、多くの産業が発達しています。
県東部は駿河湾に面していますし、県西部にはウナギで有名な浜名湖があり、全県で新鮮な海産物をいただくことができます。
また静岡県には、「富士宮焼きそば」や「静岡おでん」など、全国的に有名なB級グルメが多いことも特徴です。
静岡にはこれらの多様性と奥深い文化があるため、日本だけではなく海外からも人気の観光地として注目を集めています。

人気の観光スポット

富士山

日本を代表する山「富士山」は、静岡県と山梨県にまたがる活火山です。
古来より霊峰として崇められ、2013年には富士山周辺の「三保松原」や「白糸の滝」などとともに、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」という名称で世界文化遺産に登録されました。
富士山には4つの登山道があり、そのうち3つが静岡県側にあります。登山道は、7月10日~9月10日まで開かれ山頂まで登ることができます。
一生に一度は登ってみたい富士山ですが、登山だけではなく美しい姿を見るのもおすすめです。
2017年に環境省が公開した「富士山がある風景100選」のうち、55選までが静岡県内にあり、様々な眺望を楽しむことができます。
静岡県側にある3つの登山ルートの一つ「富士宮ルート」の登山口は富士山5合目にあり、ここへはJR新富士駅かJR東海道線富士駅から登山バスを利用して5合目まで、この間約1時間5分です。
「御殿場ルート」と「須走ルート」の登山口も5合目にあり、ここへはJR御殿場線御殿場駅から登山バスを利用して5合目まで、所要時間約40分です。

熱海温泉

熱海温泉は、静岡県東部の伊豆半島北東に位置し、相模灘に面した海沿いに旅館やホテルが立ち並ぶ一大温泉地です。
熱海温泉の歴史は古く、約1500年前に海中から熱湯が噴出したことから「熱い海」と呼ばれ、それが熱海の語源になったといわれています。
湧き出している温泉は、全国的にも見ても非常に高温(平均温度63℃)な上、豊富な湯量を誇り源泉の総数は500を超えています。
東京都心から近いこともあり、休日や連休はとても混みあいます。
熱海温泉はスパだけではなく、歴史ある寺社や美術館、そして多彩なグルメなど、多くの魅力があるスポットです。
JR熱海駅すぐ。

韮山反射炉

静岡県伊豆の国市にある韮山反射炉は、1857年(安政4年)に竣工した反射炉(金属融解炉の一種で鉄の精錬に使用)の跡です。
竣工当時の形で現存する貴重な史跡で、2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」としてユネスコの世界遺産に登録されました。
韮山反射炉を見学するには、韮山反射炉ガイダンスセンター(入場料500円)への入場が必要になります。
伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅から徒歩約25分、バスを利用して約10分です。

久能山東照宮

静岡市駿河区にある久能山東照宮は、徳川家康公をお祀りする神社です。
東照宮といえば「日光東照宮」を思い浮かべますが、徳川家康公の遺骸が埋葬されているのは久能山東照宮といわれています。
久能山東照宮の本殿、石の間、拝殿が2010年12月に国宝に指定されました。
境内には久能山東照宮博物館があり、徳川家康公が使用したといわれる日用品など、2000点を超える貴重な宝物を展示しています。
JR静岡駅から久能山下へ行き、そこからロープウェイで約5分です。

浜名湖

浜名湖は、静岡県西部に位置し、浜松市と湖西市にまたがる汽水湖(海水と淡水が入り混じっている湖)です。
浜名湖ではウナギやカキ、スッポンなどの養殖が盛んで、とくに養殖ウナギは有名で、ウナギに関係した特産品は多数あります。
浜名湖周辺にはリゾートエリアやテーマパークがあるほか、約2億5千万年に形成された竜ヶ岩洞など見どころも多く、色々な楽しみ方ができるのも浜名湖の魅力です。
スポットによって所要時間は異なりますが、ここで紹介した各スポットへはJR浜松駅からバスが出ており、40分~60分で到着します。

浜松城

浜松城は、徳川家康公が29歳から45歳までの17年過ごした城郭です。
徳川家康入城前は曳馬城と呼ばれていましたが、徳川家康公が入城して浜松城と改名しました。
江戸時代には、歴代城主が幕府の要職に就いたことから「出世城」といわれ、現在でも出世にご利益があるパワースポットとして知られています。
城郭は明治維新後に解体され現存しておらず、現在は「浜松城公園」となって、市民の憩いの場になっています。
公園内は桜の名所としても知られており、花見シーズンはかなり混雑します。
JR浜松駅からタクシーで約5分です。

熊本空港発~静岡空港着の距離とフライト時間

熊本空港から静岡空港までの路線の距離は約1,027kmあり、フライト時間は約1時間40分です。
移動時間や料金を考えると、熊本から静岡までの移動手段としては最も合理的な方法です。

就航している航空会社と運航本数

熊本空港から静岡空港までを運航している航空会社は、JAL(日本航空)とフジドリームエアラインズ(FDA)の2社です。
それぞれのコードシェア便(共同運航便)として1日1本を運航しています。

熊本空港の特徴

熊本空港は、火の国ともいわれる熊本県の空の玄関口です。
九州では福岡空港、鹿児島空港に続く3位の旅客数となっています。
年間利用者数は2019年の統計によると、国内線が約332万人、国際線が約17万人となっており、国内空港の11位の利用者数でした。
阿蘇山の麓に位置する熊本空港は霧がよく発生します。
そのため、北海道の釧路空港とともにILSカテゴリーIIIb(航空機誘導システム)が初めて導入されました。
熊本市駅までは、空港から出ているリムジンバス、もしくはタクシーを利用すると、45分~60分で到着します。
リムジンバスは終点の西部倉庫まで行っても940円ですが、タクシーだと5,000円前後の料金がかかります。
熊本空港から熊本県最大の観光スポット阿蘇山までは38kmほどあり、レンタカーなど利用すれば1時間程度で到着します。

静岡空港の特徴

静岡空港は、2009年6月4日に開港した「日本最後の地方空港」といわれている空港です。
それというのも、着工を巡って地方空港が過剰にあることが問題視されていたためで、そんな状況の中での開港だったので、当初から開港を疑問視する声が多くありました。
実際、利用客数は予定数に大きく及ばず、営業的に苦戦していますが、静岡を訪れる人にとっては非常に利便性の高い空港です。
静岡空港は県の中西部に位置していて、「富士山静岡空港」という愛称から分かるように、富士山山頂まで直線距離で約80kmのところにある眺望の美しい空港です。
離発着時に富士山を望むことができるところが、大きな魅力になっています。
静岡空港から県内各地へのアクセスは、バスもしくはタクシーを利用しJR線か新幹線に乗り換えるのが一般的です。
静岡駅までバスを利用して約54分、浜松駅までリムジンタクシー(予約制乗り合いタクシー)を利用して約75分です。
また県内有数の観光地である伊豆熱海までは、静岡駅からJR線を使って約2時間20分、新幹線を利用して約1時間です。

この路線の利用者の傾向

熊本空港発~静岡空港着路線は、静岡空港開港当初から就航していましたが、利用低迷で一度廃止されていました。
それがコロナ後の需要増加を見込んで、2021年7月に10年ぶりに復活しました。
この路線を就航させているフジドリームエアラインズ(FDA)は、同社が就航させている北九州空港(福岡)~静岡空港、鹿児島空港~静岡空港と熊本空港発~静岡空港着路線の3路線によって、静岡と九州間のアクセスを向上させ利用者の増加を図ろうとしているようです。
利用者には九州旅行の交通手段の選択肢は増えましたが、利用者数が伸びるかどうかは今後の推移を見なければなりません。
コロナ後の需要回復はこれからなので、地方間を直接結ぶ貴重な路線として、今後の利用者増加が期待されるところです。

まとめ

熊本空港発~静岡空港着路線間の通常料金は3万6000円前後です。
フジドリームエアラインズ(FDA)には各種割引制度があり、それを上手く活用することができれば、安く利用することができます。
7日前までに予約し便の変更ができない「ひょいとe割」が一番安く、搭乗日によっては1万円前後になることがあります。
前日まで予約できる割引運賃は2つあって、一つは予約の変更ができない「ドリーム割」で彫金は1万6000円前後、もう一つは便の変更が可能な「フレックスドリーム」で料金は3万1000円前後です。
このほか搭乗者が誕生月であれば「バースデー割」が適用され、約1万3000円で搭乗できます。
これらの割引料金は、残席数によって変動するので、フジドリームエアラインズ(FDA)の方式ホームページで確認しましょう。

熊本空港

熊本県上益城郡益城町大字小谷1802-2

大きな地図で見る

自動車を利用

  • 阿蘇くまもと空港「肥後大津駅」…約16分
  • 阿蘇くまもと空港「熊本城」…約37分
  • 阿蘇くまもと空港「熊本駅」…約40分
  • 阿蘇くまもと空港「交通センター」…約40分
  • 阿蘇くまもと空港「阿蘇駅」…約45分
  • 阿蘇くまもと空港「黒川温泉」…約1時間27分
  • 阿蘇くまもと空港「八代駅」…約48分
  • 阿蘇くまもと空港「延岡駅」(宮崎県)…約2時間33分
  • 阿蘇くまもと空港「大分駅」(大分県)…約2時間28分
  • 阿蘇くまもと空港「別府駅」(大分県)…約2時間24分

バスを利用

  • 阿蘇くまもと空港「熊本駅」(県庁・交通センター経由)…約50分
  • 阿蘇くまもと空港「テクノポリスセンター」…約10分
  • 阿蘇くまもと空港「八代」…約1時間
  • 阿蘇くまもと空港「高森中央」…約50分
  • 阿蘇くまもと空港「延岡」…約3時間
  • 阿蘇くまもと空港「大分」…約3時間
  • 阿蘇くまもと空港「湯布院」…約4時間15分
  • 阿蘇くまもと空港「黒川」…約2時間30分
  • 阿蘇くまもと空港「別府」…約4時間25分/火山見物プランの場合は約6時間30分
  • 阿蘇くまもと空港「肥後大津駅」…約12分

富士山静岡空港

静岡県牧之原市坂口3336-4

大きな地図で見る

自動車を利用

  • 富士山静岡空港「静岡市」…約40分
  • 富士山静岡空港「浜松市」…約50分

バスを利用

【しずてつジャストライン】

  • 富士山静岡空港「井口堺」→「東名大井川」→「東名焼津西」→「静岡IC入口」→「静岡駅」→「新静岡」…静岡駅まで約50分
  • 富士山静岡空港「島田駅」…島田駅まで約25分
熊本空港発着の空港情報へ

PAGE TOP