最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

始発と最終の時刻表

始発 JAC(日本エアコミューター)8:55
最終 JAC(日本エアコミューター)13:30

鹿児島空港発~喜界島空港着おすすめの時期

喜界島の気候は年間通して温暖で、夏に関しても猛暑日はそれほど多くないため、観光はどの時期を選んでも楽しめます。
海水浴に関してはやはり夏がおすすめで、特に梅雨明けの7月〜9月がベストです。しかし5月〜10月までの間であれば水の冷たさを我慢することなく海で遊ぶことができます。
ただし台風情報にはくれぐれもご注意ください。
旅行費用が安くなる観光のオフシーズンを狙うのであれば、1月、4月、11月あたりがおすすめです。

喜界島空港の観光情報と地域紹介

喜界島は鹿児島県奄美群島の一つで、奄美大島にも近い島です。
同じ鹿児島県でも九州本土と違った文化が多く、沖縄に近い文化を味わえます。
特に食文化は沖縄と結びつきが強く、サトウキビ畑が広がる風景を随所で見ることができ、サトウキビが原料の黒糖焼酎の製造でも有名です。
大きな島ではありませんが、海水浴もできる透明度抜群のビーチや絶景スポットがいたるところに存在しますので、レンタカーでのドライブやレンタサイクルで目的なく走るだけでも、各地で感動する風景に出会える島です。

人気の観光スポット

スギラビーチ(空港臨海公園)
喜界島と言えば透明度の高いビーチですが、中でも一番人気は喜界島空港に近いスギラビーチです。
晴れているときには、空の青がパノラマビューの水面に見事に反映され、まるで海外にいるかのような開放感を味わうことができます。
ビーチ全体がサンゴに囲まれた形状になっているため、潮の満ち引きにかかわらず、どの時間でも海に入って遊べます。
また、シュノーケリングツアーなどのアクティビティも充実しており、スギラビーチのある空港海浜公園ではキャンプやゴルフ場も設置されています。
喜界島空港から車で約3分です。
百之台公園(ひゃくのだいこうえん)
サンゴ礁が隆起して形成された喜界島ですが、喜界島の中で一番高い位置にある台地が百之台公園です。
標高約200メートルから島や海を見まわすことができ、喜界島でも最高のビュースポットとなっています。
古くから、奄美十景(あまみじっけい)の一つとされています。
また、公園の周囲はハイビスカスや熱帯地域の花がいたるところで咲いており、南国の気分を盛り上げてくれます。
喜界島空港から車で約30分です。
阿伝集落(あでんしゅうらく)
奄美諸島ではサンゴの石垣がいたるところで存在していましたが、今はほとんどなくなってしまいました。
これはサンゴ石垣の隙間がハブの住処になることが主な理由ですが、喜界島はハブが生息していないため、石垣が取り壊されることなく保存されている地域もあります。
その中でも阿伝集落は集落全体が石垣群として残っているため、その中に身を置くことで、石垣が島の暮らしにどのように関わってきたのかを体験できる貴重なスポットです。
喜界島空港から車で約40分です。

鹿児島空港発~喜界島空港着の距離とフライト時間

路線の距離は467Kmで、フライト時間は1時間15分です。

就航している航空会社と運航本数

この路線を運航する航空会社は、JAC(日本エアコミューター)の1社のみで、
就航本数は1日2本です。

鹿児島空港の特徴

鹿児島県霧島市にあり、国管理空港に区分される空港です。
空港の中には、喜界島空港を含む離島路線を運行する、日本エアコミューターの本社があります。
鹿児島市中心部からはやや離れているものの、高速道路からの利便性が重視されており、車やバスでのアクセス性が良いです。(鹿児島中央駅からバスで約40分)
平成28年度の空港別着陸回数順位では、国内線が1日平均89回で全国6位、国際線は一日平均3回で全国13位となっています。
国際線・国内線を合わせた着陸回数としては全国9位(九州では福岡空港に次ぐ2位)の空港です。

喜界島空港の特徴

奄美群島の喜界島にある地方管理空港です。
平成28年度の空港別着陸回数順位では、国内線が1日平均6回で全国67位、国際線の就航はなく、国際線・国内線を合わせた着陸回数も全国67位です。
この喜界島空港は、太平洋戦争時に旧海軍の基地として利用されていましたが、戦後に旅客機離着陸のための空港として再運用されました。
喜界島空港を就航する航空会社はJAC(日本エアコミューター)のみで、喜界島空港から奄美大島の奄美空港との路線航行距離は24Km、飛行時間はわずか5分と、日本屈指の短距離路線として、航空マニアの間で有名です。

この路線の利用者の傾向

平成27年度航空旅客動態調査によると、平日はビジネス目的の比率が8割、観光目的(私用含む)の比率が2割となっています。
休日は比率が逆転して、観光目的が6割以上、ビジネス目的が約3割になります。
乗降者数の傾向として、多くなるピーク時期は8月、少なくなるオフピーク時期は2月ですが、他の路線と比較するとあまり大きな差はなく、どの時期も比較的安定して人気の高い空港となっています。
観光目的の利用者も夏に多いですが、年中温暖な気候もあり、夏以外の時期も観光客が多い島です。

まとめ

1日の便数が2本と少ないので、席の確保は早めに行っておくことがおすすめです。
また最終便でも13:30発と出発時間が早く、計画を立てる際には気をつけておく必要があります。
JAC(日本エアコミューター)では、搭乗日の28日以上前に予約購入する条件で割引が適用される「先得」などの早期割引プランがありますので、早めの計画で活用されるとお得に旅ができます。
また、観光目的においては、喜界島に近く観光資源の豊かな奄美大島も移動計画に絡めて検討されると、より濃密な旅行プランニングができるかもしれません。

鹿児島空港

鹿児島県霧島市溝辺町麓822

大きな地図で見る

自動車を利用

  • 鹿児島空港へのアクセス車でお越しの際は、国道504号線をご利用ください。九州自動車道から鹿児島空港へお越しの場合、「溝辺鹿児島空港IC」から国道504号線に出ることができます
  • 鹿児島空港「鹿児島中央駅」…約34分(九州自動車道利用)、約49分(国道10号線利用)
  • 鹿児島空港「鹿児島駅」…約36分(九州自動車道利用)、約39分(国道10号線利用)
  • 鹿児島空港「国分駅」…約21分(国道504号線利用)
  • 鹿児島空港「枕崎駅」…約1時間38分(九州自動車道と国道225号線利用)
  • 鹿児島空港「熊本駅」…約1時間50分(九州自動車道利用)、約2時間52分(国道268号線利用)
  • 鹿児島空港「宮崎駅」…約1時間28分(九州自動車道と宮崎自動車道利用)
  • 鹿児島空港「桜島自然恐竜公園」…約1時間14分(九州自動車道を利用)
  • 鹿児島空港「指宿温泉」…約1時間36分(九州自動車道・指宿有料道路を利用)

バスを利用

  • 鹿児島空港「国分駅」…約20分
  • 鹿児島空港「鹿児島市内」…約38~46分
  • 鹿児島空港「鹿屋市役所」…約1時間49分
  • 鹿児島空港「枕崎」…約1時間45分
  • 鹿児島空港「阿久根駅」…約1時間58分

タクシーを利用

  • 鹿児島空港「鹿児島中央駅」(鹿児島市)…約10,000円(約36km)
  • 鹿児島空港「天文館」(鹿児島市)…約11,000円(約38km)
  • 鹿児島空港「国分駅」または「隼人駅」(霧島市)…約3,300円(約12km)
  • 鹿児島空港「妙見」(霧島市)…約3,300円(約12km)
  • 鹿児島空港「加治木駅」(加治木町)…約2,800円(約10km)

喜界島空港

鹿児島県大島郡喜界町中里201-9

大きな地図で見る

自動車を利用

  • 喜界島空港「僧俊寛の墓」…約5分
  • 喜界島空港「雁股の泉」…約25分
  • 喜界島空港「志戸桶キャンプ場」…約36分
  • 喜界島空港「池治海水浴場」…約10分
  • 喜界島空港「ウフヤグチ鍾乳洞」…約15分
  • 喜界島空港「嘉鈍ソテツ」…約35分
  • 喜界島空港「荒木・中里遊歩道(夕日の散歩道)」…約5分
  • 喜界島空港「ムチャ加那公園」…約30分
  • 喜界島空港「中西公園」…約25分
  • 喜界島空港「百之台公園」…約32分
  • 喜界島空港「百之台展望所」…約50~1時間

バスを利用

【バス路線】

  • 北本線(湾営業所から主要箇所巡回後、北回り)「湾営業所」-「空港前(喜界島空港)」-「中熊」-「志戸桶」-「浦原」-「荒木」-「空港前(喜界島空港)」-「湾営業所」
  • 南本線(湾営業所から主要箇所巡回後、南回り)「湾営業所」-「空港前(喜界島空港)」-「荒木」-「浦原」-「志戸桶」-「中熊」-「空港前(喜界島空港)」-「湾営業所」
  • 中央線(湾営業所から主要箇所巡回後、山間集落巡回)「湾営業所」-「空港前(喜界島空港)」-「中熊」-「滝川」-「川嶺」-「空港前(喜界島空港)」-「湾営業所」
  • ※街中の主要場所(例:喜界第一ホテル前、郵便局など)や、その他、途中の集落にも停車します。
    ※北回り南回りの最終便は19時台になります。
鹿児島空港発着の空港情報へ

PAGE TOP