最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

松山空港(愛媛)から仙台空港(宮城)の始発と最終の時刻

始発:ANA(全日空)8:00発 大阪(伊丹)8:50着
ANA(全日空)大阪(伊丹) 10:45発 仙台12:00着)
最終:ANA(全日空)16:45発 大阪(伊丹)着
ANA(全日空)大阪(伊丹) 19:40発 仙台20:55着

松山空港(愛媛)から仙台空港(宮城)おすすめの時期

東北地方ということで寒いイメージのある宮城県ですが、太平洋沖に暖流が流れていることから寒さが厳しくないため、東北としては降雪量が少なく、年間を通して過ごしやすい気候です。
最も観光に適しているのは、新緑が美しい5月ですが、夏も松山のある四国地方と比べると酷暑になるのは稀です。
どの時期に行っても楽しめますが、中でもおすすめしたいのが夏~秋にかけて。
夏場は日中に30℃を超える日が多いものの、日が暮れると次第に気温が下がり、夜には20℃ほどにまで低下します。
そのため、暑さを気にすることなく外出することができます。
ただし、お盆など夏休み期間や年末年始は帰省や旅行で混雑しますし、航空券も高騰します。
こうしたことから、仙台へ安く旅行するのであれば、大型連休など長期の休みが取れる期間を避けることをおすすめします。
特におすすめなのが、5月と10月です。この2つの月は年間平均より約20%安く航空券を購入できる場合があります。

仙台の観光情報と地域紹介

100万人以上の人口を有する仙台市は宮城県の県庁所在地であり、政令指定都市でもあります。
さらに仙台市は、宮城県だけでなく東京や大阪など大都市からのアクセスがいいことから、周辺自治体と合わせて約150万人の仙台都市圏を形成するなど、東北各地の人や物が交流する東北の一大拠点として東北地方の中枢を担っています。
仙台市の歴史は17世紀にまでさかのぼり、1601年に伊達政宗公によって城下町が形成されたことが始まりです。
「杜の都」と呼ばれているように、大都市でありながらも市内西側に広瀬川が流れるなど水と緑に恵まれているのが特徴です。
市内各所は緑にあふれていて、美しいケヤキ並木を見ることができます。
仙台での定番観光スポットとしては、青葉城址(仙台城址)や仙台藩租伊達政宗公御廟「瑞鳳殿」などがあります。
また市内にはショッピングモールや遊園地、動物園など季節を問わず楽しむことができる場所が数多くあります。
さらに市街地から少し足を伸ばすと、「日本三景」の一つとして有名な松島や温泉やスキーリゾートとして知られる蔵王などがあります。
このように、仙台はビジネスにも観光にも最適な都市です。

人気の観光スポット

青葉城址(仙台城址)

仙台藩の歴史を感じられるスポットです。
天守は明治時代に壊されましたが、石垣と再建された脇櫓が存在します。
敷地内にある「青葉城資料展示館」では、かつて存在していた青葉城の天守および江戸時代の市街地の様子をうかがい知ることができます。
伊達政宗公騎馬像の前はきれいに整備されており、定番の撮影スポットになっています。
また、美しい市街地を一望することもできます。

宮城県護国神社

青葉城址内にある神社です。
明治維新以後の戦死・戦没者の御霊約56,000余柱がここに祀られています。
また、こちらでは伊達政宗の陣羽織を模した「勝守」が売られています。

青葉通・定禅寺通のケヤキ並木

仙台市のメインストリートです。
仙台駅から青葉城跡にかけて続く大通りで道沿いにはショッピングモールや飲食店などが多数立ち並んでいます。
ベンチのある遊歩道が設けられていて、木陰で休むことができます。
毎年8月にになると「光のページェント」として、道路沿いに植えられているケヤキ並木がイルミネーションで照らされ、幻想的な雰囲気に包まれます。

仙台藩租伊達政宗公御廟 瑞鳳殿

仙台を築いた伊達政宗公をはじめとする伊達家3代が眠る霊屋です。
戦時中に戦災で焼失してしまいましたが、後に再建されました。
建物は桃山文化の建築様式を採っていて、内部は豪華絢爛なものになっています。
こちらには資料館もあり、再建される際の発掘資料映像が上映されています。
その他、この場所で見つかった遺骨や副葬品なども公開されています。

せんだいメディアテーク

世界的に有名な建築家・伊東豊雄氏が手掛けた建築物です。
大きなガラス張りの外観が美しく数多くの賞を受賞しています。
仙台における現在文化の発信地としての機能を有していて、クリエイターのギャラリーや最新の資料が充実した図書館などが入っています。
時期によって東北の職人が手掛けた作品の展示や伝統工芸品のワークショップなど、さまざまなイベントが開催されています。
屋内には開放感のあるカフェも併設されていて、お茶を飲みながらのんびりとくつろぐことができます。

仙台市博物館

伊達政宗公に関する品々をはじめ、仙台市にゆかりのある貴重な品が公開されている博物館です。
0万点を越える資料、美術工芸品が展示してあり見応えがあります。
中でもヨーロッパへ派遣された「慶長遣欧使節」に関する国宝の資料や伊達政宗、豊臣秀吉の甲冑、刀剣などは一見の価値があります。
館内の常設展示は季節ごとに1,000点ずつ入れ替えられるので、いつ訪れても新たな発見があります。

大崎八幡宮

仙台市内屈指のパワースポットとして知られています。
1607年に伊達政宗によって開かれた神社で、安土桃山時代の建築様式の豪華絢爛な社殿や、内部の装飾が美しいことから、国宝に指定されました。
仙台藩の御用絵師・狩野左京の見事な襖絵は必見です。
厄除け、除災招福、必勝、安産に御利益があるので、観光で訪れた際に祈願していただいてはいかがでしょう。

仙台うみの杜水族館

2015年に誕生した新しい水族館です。
国内外の約300種5万匹の海の生き物が展示されています。
華麗に泳ぐエイや豪快な姿のアカシュモクザメをはじめとした多くの海の生物が、見る人を魅了します。
巨大水槽「いのちきらめく うみ」は幅14ⅿ、水深7.5ⅿという大きさを誇り、三陸の海の様子を表しています。
屋外の「うみの杜スタジアム」では、イルカやアシカのパフォーマンスを見ることができます。
また、ペンギンやオタリアを近くから観察できるイベント「フレンドリータイム」も大人気です。

秋保温泉

飛鳥時代より続く歴史ある温泉郷です。
湯治場として古くから知られていて、かの欽明天皇もこの温泉で病を癒し、完治したた喜びから唄をよんだと伝えられています。
県内有数の紅葉スポットとしても知られています。
近くには「日本の滝百選」に指定されている秋保大滝があり、豪快に流れ落ちています。

松島

大小260ほどの島々が浮かんでいます。
仙台駅から30分というアクセスのしやすさから人気観光スポットになっています。
遊覧船クルーズでは島々の風光明媚な景色を見ることができます。
付近には伊達政宗の菩提寺である瑞巌寺もあります。

気仙沼

宮城県有数の港町です。
年間を通じてさまざまな魚介類が水揚げされています。
中でもフカヒレは有名で、高級中華の定番「フカヒレの姿煮」をこちらでいただくことができます。
その他にも、新鮮な海の幸たっぷりの海鮮丼や濃厚な味わいの牡蠣も食べておきたいところ。

松山空港(愛媛)から仙台空港(宮城)の距離とフライト時間

松山から仙台空港までの路線の距離は約1,168kmあり、フライト時間は乗り継ぎ時間を含めて最短で約2時間30分かかります。
乗り継ぎ便は数多くありますが、大阪(伊丹)空港経由の便が最も速く仙台空港に着きます。

松山空港(愛媛)から仙台空港(宮城)の就航している航空会社と運航本数

松山空港に就航しているのは、
ANA(全日空)
JAL(日本航空)
IBEX(アイベックスエアラインズ)
JJP(ジェットスタージャパン)
の4 社です。

松山空港(愛媛)の特徴の特徴

松山空港は四国地方の主要な空港の一つです。
2021年度の年間旅客数は約99万7千人、多くは羽田や伊丹方面への利用客です。
JR松山駅から松山空港までの所要時間は、車およびリムジンバスで約15分です。
松山空港付近には松山の主要観光スポット「道後温泉」があり、車で40分で到着します。
松山と広島を結ぶ海の玄関口である松山観光港には、車で約20分で行くことができます。

仙台空港 (宮城)の特徴

仙台市の隣の宮城県名取市にある空港です。
ターミナルビルは、全面ガラス張りの美しいデザインとなっています。
屋上の展望デッキ「スマイルテラス」からは離発着する航空機を見ることができます。
ターミナルビル内にはエアポートミュージアム「とぶっちゃ」があり、飛行機のコックピットが展示されています。
また飲食店や休憩スペース、土産物店などもあります。
2021年度は年間約165万人が利用しました。
仙台空港から仙台市内までは電車でアクセスすることができます。
仙台空港アクセス線を利用すると仙台空港から25分で仙台駅に到着します。
車を使用する場合は約50分で仙台市内に到着します。

松山空港(愛媛)から仙台空港(宮城)路線の利用者の傾向

直行便はないものの、伊丹空港や中部国際空港など経由する乗り継ぎ便があることから、ビジネス、観光ともに需要があります。
宮城県は2022年に県政150周年を迎えたことを受け、記念事業の一環として観光需要の回復に力を入れています。
今後は官民一体となった体験ツアーや割引キャンペーンが実施される見込みで、松山市のみならず愛媛県下の自治体からも多くの観光客が訪れることが期待されています。

まとめ

松山空港(愛媛)~仙台空港(宮城)間の航空券相場価格は、最も安くて1万9,500円前後ですが、出発日直前などは4万円台近くまで高騰することがあります。
今のところ直行便はなく全て乗り継ぎ便を利用しなければなりませんが、その中でもANA(全日空)の伊丹空港経由便が最も速く仙台空港に到着することができます。
各航空会社の「早割」を活用することで航空料金を安く抑えることができます。
また最安値を随時チェックすると、お得な航空券を見つけることができるかもしれません。
安く航空券を手に入れて仙台観光を満喫しましょう。

松山空港

愛媛県松山市南吉田町2731

大きな地図で見る

自動車を利用

  • 松山空港JR「松山駅」…約15分
  • 松山空港「松山市駅」…約20分
  • 松山空港「道後温泉」…約40分
  • 松山空港「松山観光港」…約20分

バスを利用

  • 松山空港JR「松山駅」…約15分
  • 松山空港「松山市駅」まで約20分
  • 松山空港「道後温泉」まで約40分

仙台空港

宮城県名取市下増田南原

大きな地図で見る

電車を利用

  • 仙台空港駅仙台空港旅客ターミナル2階部分に、連絡通路で直結
  • 仙台空港駅「仙台駅」快速で約17分

バスを利用

  • 仙台空港JR「岩沼駅」岩沼市民バスで約25分

タクシーを利用

  • 仙台空港「仙台市内」約40分
  • 仙台空港JR「館腰駅」約10分
松山空港発着の空港情報へ

PAGE TOP