最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

丘珠空港から釧路空港の始発と最終の時刻表

始発 JAL(日本航空)8:00
最終 JAL(日本航空)17:25

丘珠空港から釧路空港おすすめの時期

釧路のベストシーズンは、6月から8月です。天候が安定している時期なので、釧路の自然が存分に楽しめます。また、釧路の冬の風物詩であるタンチョウは11月下旬から3月上旬に飛来します。夏の大自然とは一味違った冬の釧路を楽しむなら、この時期を選ぶのもおすすめです。

釧路空港周辺の観光情報と地域紹介

釧路は北海道東部にある都市で、道東で最も人口の多い都市です。道東経済の中心部でもあり、道東の拠点として北海道の企業の支店も多くあります。釧路はエリア内に2つの国立公園をもち、北海道の自然の魅力が堪能できる場所です。そのため、国内だけでなく海外からの観光客にも人気が高く、観光産業が好調です。

人気の観光スポット

釧路湿原
釧路湿原は、広さ約2万8000haある日本最大の湿原です。広大な湿原の中には、2000種以上の動植物が生息しています。中には、ここでしか見られない貴重な植物などもあり、北海道の自然を堪能できる観光スポットです。湿原の中は遊歩道が整備され、散策が楽しめます。また、観光列車の「ノロッコ号」に乗って釧路湿原を巡るのも楽しみのひとつです。釧路湿原は、国の特別天然記念物であるタンチョウの飛来地でもあります。毎年11月下旬から3月上旬のタンチョウの飛来シーズンになると、世界中から愛好家や写真家が訪れます。
阿寒湖
北海道の観光スポットの中でも、阿寒湖は知名度が高く、人気の場所です。釧路空港から阿寒湖までのアクセスは車で約1時間程度かかります。観光シーズンは渋滞も予想されるため移動に時間がかかりますが、それだけの価値がある美しい景色が自慢です。カルデラ湖である阿寒湖は季節によって異なる姿を見せるのが魅力のひとつです。特に、冬から春にかけて湖面の氷が解けていく時期の美しさは、北海道の絶景に数えられています。
釧路市動物園
釧路動物園は、天然記念物に指定されているシマフクロウが見られる唯一の動物園です。絶滅の危機に瀕しているシマフクロウを、世界で初めて繁殖に成功させました。48haの広大な敷地には、シマフクロウ以外にもオオワシやオジロワシなどの鳥類が展示されています。また、北海道固有の動物であるエゾヒグマやエゾリス、エゾモモンガにも出会えます。北海道の大自然を活かした貴重な展示が多く、冬にはアオサギが集団で訪れる営巣地もあります。園内には動物と触れ合える子ども動物園や遊園地もあり、家族連れにおすすめです。

丘珠空港から釧路空港の距離とフライト時間

丘珠空港から釧路空港までの路線の距離は229kmで、フライト時間は45分程度です。飛行機に乗ると非常に短時間で到着しますが、車やバスでの移動となると4時間から5時間程度かかります。道中の観光を楽しむのでなければ、丘珠空港から直接釧路空港まで空路で行くのが最もおすすめの交通手段です。

丘珠空港から釧路空港の就航している航空会社と運航本数

運航する航空会社と1日の運航本数は以下の通りです。
JAL(日本航空)4本

丘珠空港の特徴

丘珠空港は札幌にある空港です。札幌市内へのアクセスが良好なため、主に道内を移動するビジネス目的の需要が高いです。同じ札幌にある新千歳空港と比べると規模は圧倒的に小さいですが、道内の移動拠点として重要な役割を担っています。丘珠空港からのアクセスで最も近いのは、地下鉄東豊線の栄町駅です。空港からバスで約5分、運賃は210円です。その他にも、札幌市内への移動はバスが便利です。札幌駅前までは約30分、運賃は400円です。毎年12月1日から3月31日までの冬期間は、交通渋滞のため、所要時間が増えることが予想されます。また、冬期間は栄町駅や札幌駅前以外のバスは運休となるので注意が必要です。タクシーを利用する場合、丘珠空港から栄町駅へ約5分、運賃は800円程度です。札幌市内へのアクセスは約20分で、札幌駅へ向かう場合の運賃は2,700円程度です。

釧路空港の特徴

釧路空港は「たんちょう釧路空港」の愛称を持つ道東の空港です。道東の拠点となる空港で、ビジネス客、観光客が多く訪れます。釧路市の中心部からおよそ20kmの場所にあり、市街地や観光スポットへのアクセスも良好です。釧路市内へのアクセスは、バスか車が一般的です。車の場合は、釧路駅まで約30分、阿寒湖まで約60分の所要時間です。バスを利用する場合、釧路空港から阿寒バスが運行しています。釧路空港から釧路駅までの所要時間は約45分で、運賃は940円です。

丘珠空港から釧路空港路線の利用者の傾向

丘珠空港から釧路空港への路線は、道内を移動するビジネス需要が中心です。また、新千歳空港から釧路への便は少ないため、本数の多い丘珠空港からの便は観光客にとっても便利です。そのため、観光シーズンは予約が取りづらいこともあります。

まとめ

丘珠空港から釧路空港への路線は道内の移動を担う重要な路線として安定した人気があります。ビジネス目的、観光目的共に使いやすい点と、新千歳空港から釧路空港への便が少ないため、時期によっては予約が埋まりやすい場合があります。確実に座席を確保するなら、割引率も高くてお得な早めの予約がおすすめです。JAL(日本航空)には、最大約87%割引になる「先得」の早期購入割引があります。75日前までの予約なら「ウルトラ先得」55日前までの予約なら「スーパー先得」と、予約時期によって割引率が変わります。また、急に決まった旅行でも、搭乗日の21日前から前日まで購入可能な「特便割引」もあり、普通運賃よりお得になります。

丘珠空港

北海道札幌市東区丘珠町

バスを利用

  • 丘珠空港地下鉄東豊線「栄町駅」まで…約5分(北都交通)※
  • 丘珠空港「全日空ホテル」まで…約25分(北都交通)※
  • 丘珠空港「札幌駅前」まで…約30分(北都交通)
  • 丘珠空港「大通西3丁目」…約43分(北都交通)
  • 「大通西6丁目」⇒丘珠空港まで…約40分(北都交通)
  • 「大通西3丁目」⇒丘珠空港まで…約38分(北都交通)
  • 「札幌駅」⇒丘珠空港まで…約25分(北都交通)
  • 地下鉄東豊線「栄町駅」⇒丘珠空港まで…約5分(北都交通※ または中央バス)
  • 地下鉄南北線「麻生駅」⇒丘珠空港まで…約15分(中央バス)
  • 「中央バスターミナル」⇒丘珠空港まで…約35分(中央バス)
  • ※北都交通は冬期間(12/1から3/31)につきましては、市内中心部の道路渋滞が予想されるため、地下鉄東豊線栄町駅と丘珠空港間のみの運行。

自動車を利用

  • JR「さっぽろ駅」から丘珠空港…約20分
  • 地下鉄「栄町駅」から丘珠空港…約5分
  • 地下鉄「麻生駅」から丘珠空港…約10分
  • 札樽道札幌北IC(小樽方面からのご利用者)から丘珠空港…約10分
  • 札樽道伏古IC(千歳・江別方面からのご利用者)から丘珠空港…約5分

タクシーを利用

  • 「札幌駅」タクシー丘珠空港へ…約20分/2,700円
  • 「麻生駅」タクシー丘珠空港へ…約15分/1,600円
  • 「北24条駅」タクシー丘珠空港へ…約20分/2,000円
  • 「栄町駅」タクシー丘珠空港へ…約5分/800円

たんちょう釧路空港

北海道釧路市鶴丘2

大きな地図で見る

自動車を利用

  • たんちょう釧路空港釧路市内まで約20km
  • 阿寒湖温泉街約60km
  • 川湯温泉温泉街約90km

バスを利用

  • 釧路市内行き連絡バス航空機の到着後から15~20分後に釧路空港を出発します。すべての到着便に接続して運行
  • たんちょう釧路空港JR「釧路駅」…約45分
  • フィッシャーマンズワーフMOO約55分
  • 釧路市役所前約55分

タクシーを利用

  • たんちょう釧路空港釧路駅まで…約21 km 小型車料金…5,480円 中型車料金…6,660円
  • たんちょう釧路空港大楽毛まで…約11 km 小型車料金…2,920円 中型車料金…3,600円
  • たんちょう釧路空港白糠町まで…約20 km 小型車料金…5,240円 中型車料金…6,390円
  • たんちょう釧路空港音別町まで…約32 km 小型車料金…8,080円 中型車料金…9,770円
  • たんちょう釧路空港厚岸町まで…約68 km 小型車料金…16,210円 中型車料金…19,890円
  • たんちょう釧路空港塘路まで…約50 km 小型車料金…12,110円 中型車料金…14,870円
  • たんちょう釧路空港標茶町まで…約72 km 小型車料金…17,080円 中型車料金…21,030円
  • たんちょう釧路空港阿寒町まで…約15 km 小型車料金…3,960円 中型車料金…4,770円
  • たんちょう釧路空港阿寒湖畔まで…約57 km 小型車料金…13,690円 中型車料金…16,810円
  • たんちょう釧路空港鶴居村まで…約32 km 小型車料金…8,080円 中型車料金…9,770円
  • たんちょう釧路空港弟子屈町まで…約73 km 小型車料金…17,290円 中型車料金…21,270円
    (上記は、個人タクシーを使用し、釧路空港を基点とした場合の目安となり、概算金額となります。)
  • ※冬期間、タクシーの運賃が2割増しになる場合がございます。
丘珠空港発着の空港情報へ

PAGE TOP