最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

沖永良部空港(鹿児島)から与論空港(鹿児島)の始発と最終の時刻

JAL(日本航空)09:35発 鹿児島経由
JAL(日本航空)鹿児島10:55発 与論島着14:35着

沖永良部空港(鹿児島)から与論空港(鹿児島)おすすめの時期

与論島は鹿児島県と沖縄県の間に位置する奄美群島に属す島のひとつです。奄美群島の中でも最南端に位置する与論島は、沖縄本島に近く、沖縄本島と同じ温暖な亜熱帯気候に属しています。平均気温は22.5℃で、真夏には30℃を超える日が多いですが、35℃以上の猛暑日になることはほとんどありません。
湿度は高めですが、通年爽やかな風が吹いているので、あまり蒸し暑さを感じることはありません。
海水浴を楽しむのであれば7〜9月ごろがおすすめです。夏の晴れた日は青い海と美しい入道雲がリゾート気分を盛り上げてくれます。
観光名所を巡るのであれば冬がおすすめです。涼しくて過ごしやすい気候が続く上、夏に比べて観光客もが少ないためゆったりと観光地巡りができます。
与論島ではお祭りやマラソンなど様々なイベントが催されるので、イベントの日程に合わせて訪れるのもおすすめです。旧暦の3・8・10月の15日に行われる「与論十五夜踊り」は、国指定重要無形民俗文化財に指定されている祭りで、与論島ならではの雰囲気を味わうことができます。
7月から10月にかけては、勢力の強い台風が通過あるいは上陸することがあり、旅行の日程と重なることが多いので、旅行計画を立てる際は十分に注意してください。
台風が接近する可能性がある時の飛行機の運航については、航空会社の公式ホームページで最新の情報をチェックしましょう。

与論島観光情報と地域紹介

与論島は鹿児島県の最南端にある奄美群島のひとつですが、鹿児島県本土より沖縄本島からの距離の方が近いため、薩摩と琉球が混ざった与論独特の文化が今も残っています。
与論島は「よろんとう」と読まれることが多いですが、正式には「よろんじま」と読みます。与論は琉球の呼び方で「ユンヌ」と呼ばれていたものが、徐々に変化して今の「ヨロン」になったといわれています。
与論島はサンゴ礁が隆起してできた島で、島の周りを囲む美しく青い海は「ヨロンブルー」と称えられています。
名物は与論島の綺麗な海で採れたもずくを使った「もずくそば」です。与論島のもずくは栄養分を豊富に含んでいるので、抜群に美味しいと評判です。

人気の観光スポット

百合ヶ浜

「百合ヶ浜」は、与論島最大のビーチ大金久海岸の沖合から1.5kmの場所に、春から夏にかけての大潮の干潮時にだけ出現する真っ白な砂浜のことです。
エメラルドグリーン色の海に浮かぶ真っ白な砂浜は「天国に一番ビーチ」と称され、訪れた人々を魅了します。
大金久海岸からグラスボートを利用して上陸しますが、運が良ければボートから海中を泳ぐウミガメの姿を見られることも。
百合ヶ浜の砂浜には星の形をした砂が混ざっており、年齢の数だけ星砂を拾えば幸せになれるという言い伝えがあります。
百合ヶ浜が出現する時間帯は日によって異なるため、訪れる際は与論島観光協会またはグラスボートの業者へ問い合わせて確認をしてください。

サザンクロスセンター

サザンクロスセンターには、島の歴史や文化について学べる資料館があります。様々な資料が展示されていて、与論島について深く学ぶことができます。
また、映画「めがね」の撮影で使われたグッズなども展示されており、多くの映画ファンが訪れています。
サザンクロスセンターの最上階には、青い海と島内を見渡せる展望台があるので、南の島の絶景を眺めてみてはいかがでしょうか。

寺崎海岸・トゥマイ

与論島北側に位置する島内屈指のビーチ「寺崎海岸」は、隣接するトゥマイとともに「龍の住む浜」と呼ばれている有名なパワースポットです。
2007年に公開された映画「めがね」のロケ地としても知られているので、この映画ファンが映画内で行われていたメルシー体操をしている姿を見かけることがあります。
ビーチの入り口手前にはトイレが設置されているので、長く滞在しても安心です。
比較的観光客が少ない穴場のビーチなので、誰もいないタイミングで訪れることができたら、プライベートビーチのような感覚で、映画のワンシーンを堪能できるかもしれません。

与論城跡

小高い丘の上には琉球王朝時代に築かれたといわれる与論城跡があります。与論城は1405〜1416年の間に琉球の北山王によって築城されたといわれており、現在は城の姿はなく500mにもわたる長い石垣が残っています。
この場所には地主神社と琴平神社があり、旧暦3・8・10月の15日には与論十五夜踊りが行われます。
丘の上は標高が94mと高いので、天気が良い日には海の向こうに沖縄本島を眺められるかもしれませんよ。

沖永良部空港(鹿児島)から与論空港(鹿児島)の距離とフライト時間

沖永良部島から与論島までの距離は約67.6kmあり、フライト時間は経由便を利用して約5時間です。
現在直行便は運航していないため、鹿児島空港か那覇空港を経由するフライトを利用することになります。
那覇空港を経由する便は当日中乗り継ぎができないため、那覇で1泊する必要があります。その日うちに与論島に到着したい方は鹿児島経由の便がおすすめです。乗り継ぎ時間は約2時間で、夕刻前には与論島に到着することができます。

奄沖永良部空港(鹿児島)から与論空港(鹿児島)の就航している航空会社と運航本数

与論空港に就航している航空会社はで、JALの子会社である日本エアコミューターと琉球エアコミューターの2社です。
沖永良部島からの直行便はないため、鹿児島・那覇を経由して与論島に向かうことになります。
沖永良部島空港からは鹿児島空港を経由すると2時間程度の乗り継ぎ時間で、当日中に与論空港に到着することができます。
沖永良部島から鹿児島までと、鹿児島から与論島までの航空会社は、どちらもJALの子会社である日本エアコミューターが運航しています。

沖永良部空港(鹿児島)の特徴

沖永良部島空港は、島内最北端の図頭岬の丘隆地にある地方管理空港です。島のシンボルの花「エラブユリ」の名前に因んで「えらぶゆりの島空港」の愛称で親しまれています。
就航している航空会社はJALのみで、運航はJALの子会社である日本エアコミューターが担っていて、使用する機材は2つのプロペラが特徴のATR機です。
ターミナルビル1階に出発カウンター・出発ロビー・到着ロビーが集約して設置されています。飲食店とお土産店は各1店舗ずつしかないので、時期や時間帯によっては混み合うかもしれませんので、時間に余裕を持って空港に行くようにしましょう。
現在沖永良部島空港に就航している航空会社はJALのみなので、チェックインカウンターの場所を間違えることはありません。
空港待合室は広いスペースではありませんが、飛行機や空港で働く人たちの様子を間近で見られるため飛行機好きな方はもちろん、小さなお子様も退屈することはないでしょう。
島の中心知名町からバスが運行しており、沖永良部島空港まで向かうことができます。

与論空港(鹿児島)の特徴の特徴

与論島西部に位置している与論空港は、島の繁華街がある茶花の集落や、与論港フェリーターミナルのほど近くにあります。
与論空港の滑走路はわずか1.2kmと短いため、離発着できる飛行機が限られています。就航している航空会社は琉球エアコミューターと日本エアコミューターで、使用している機材は全てプロペラ機です。
ターミナルビルは平屋で、ビルの中にはJALのカウンターと搭乗口、売店、レストランがあります。
与論空港のレストランでは、与論島名物のもずくが添えてある「もずくざるそば」が味わえるので、時間に余裕があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
空港の近くにはホームセンターと100円ショップがあるので、旅に必要なものはここで揃えることができます。

沖永良部空港(鹿児島)から与論空港(鹿児島)路線の利用者の傾向

現在沖永良部空港と与論空港を直接結ぶ便がないため、鹿児島空港か那覇空港での乗り継ぎが必要です2022年5月現在)。しかし、那覇空港で乗り継ぐとその日のうちに与論島に到着することができないので、鹿児島空港での乗り継ぎをおすすめします。
国土交通省の調べによると、与論空港の2020年度利用者数は年間累計38,354人で、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2019年の利用者数の半数に減少しました。
とはいえ観光需要が戻りつつある今、与論空港への旅客者数は増加傾向にあります。2022年はこれから観光のベストシーズンに入るので、与論島への観光客も増えると予想されています。

まとめ

沖永良部島空港〜与論空港を空路で移動するには、鹿児島空港もしくは那覇空港で乗り継ぎをして与論空港に向かうことになります。
那覇空港で乗り継ぎをした場合、その日うちに与論島に到着することができないので、当日の夕刻までに到着できる鹿児島経由がおすすめです。
鹿児島経由の乗り継ぎ便を利用した場合、乗り継ぎ時間は2時間程度で、所要時間は約5時間です。
2020年と2021年は新型コロナウイルス流行の影響によって観光客の数が減少しましたが、感染状況が落ち着けば観光客が増えると予想されます。

尚、3/27〜3/31、7/1〜8/31などの長期休み期間は、航空会社の繁忙期に当たり予約が取りづらい上に料金が高くなります。
安く確実に航空券を確保するためには、繁忙期を避けるか、早めに航空券を予約するなどの対策が必要です。
またJALには「先得」と呼ばれる早期に割引される運賃種別があります。
旅行の日程が決まっている方は、先得を利用することで通常よりもお得に航空券を入手できます。

先得には下記の4つの種類があります。
先得運賃の種類予約開始日予約期限変更・取り消しマイル積算率
先得割引A搭乗日の330日前の午前9時30分から搭乗日の28日前まで
  • 変更不可
  • 取り消しは出発の20分前まで可
75%
先得割引B搭乗日の45日前まで
スーパー先得搭乗日の55日前まで
ウルトラ先得搭乗日の75日前まで

このほか離島に住んでいる方限定の「離島割引」という運賃種別があります。
離島割引を適用するには離島に住んでいることを証明する書類が必要です。
指定路線は時期によって異なるので、JALの公式ホームページで確認してから予約しましょう。

JAL便を乗り継ぎする場合は、「乗り継ぎ割引」という割引運賃が適用される可能性があります。この割引運賃は、特定の路線を同一日中に乗り継ぐことが条件となっており、適用路線は時期によって変わります。

JALには割引が適用される運賃種別が複数あるため、どの運賃がよりお得になるか見極めてから予約しましょう。

沖永良部島空港

鹿児島県大島郡和泊町国頭4414-3

大きな地図で見る

自動車を利用

【知名町(西部)方面】

  • 沖永良部空港「大山植物公園」…約50分
  • 沖永良部空港「田皆岬」…約1時間
  • 沖永良部空港「大津勘ビーチロック」…約1時間
  • 沖永良部空港「沖泊海浜公園(沖泊海岸)」…約44分
  • 沖永良部空港「沖永良部高校」…約30分
  • 沖永良部空港「昇竜洞」…約1時間
  • 沖永良部空港「ウジジ浜」…約40分
  • 沖永良部空港「屋子母海岸」…約30分
  • 沖永良部空港「ジッキョヌホー」…約40分

【和泊町方面(東部)】

  • 沖永良部空港「国頭岬」…約5分
  • 沖永良部空港「笠石海浜公園」…約15分
  • 沖永良部空港「越山公園」…約30分
  • 沖永良部空港「西郷隆盛上陸の地」…約15分
  • 沖永良部空港「和泊港」…約15分
  • 沖永良部空港「高千穂神社」…約15分
  • 沖永良部空港「フーチャ(潮吹き洞窟)」…約10分
  • 沖永良部空港「ワンジョビーチ」…約30分
  • 沖永良部空港「タラソおきえらぶ」…約20分
  • 沖永良部空港「黒瀬半崎」…約32分
  • 沖永良部空港「南栄糖業」…約30分
  • 沖永良部空港「内喜名漁港」…約15分

与論島空港

鹿児島県大島郡与論町大字立長891-9302

大きな地図で見る

自動車を利用

  • 与論島空港「サザンクロスセンター」…約10分
  • 与論島空港「ユンヌ楽園」…約7分
  • 与論島空港「与論城跡」…約10分
  • 与論島空港「百合ヶ浜」…約17分
  • 与論島空港「兼母海岸」…約12分
  • 与論島空港「アイギ浜」…約16~20分
  • 与論島空港「皆田海岸」…約20分
  • 与論島空港「ウドノスビーチ」…約5分
  • 与論島空港「クジリ海岸」…約20分
  • 与論島空港「ワタンジ」…約15分
沖永良部島空港発着の空港情報へ

PAGE TOP