最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

始発と最終の時刻表

始発:日本航空(JAL)9:40発
最終:日本航空(JAL)15:35発

利尻空港(北海道)発~丘珠空港(北海道)着おすすめの時期

丘珠空港のある札幌はスキーなどのウインタースポーツが楽しめる冬がベストシーズンです。札幌市中心部は大通り公園や時計台など季節を問わず楽しめるスポットも多いので、冬以外も観光ができます。冬は積雪が多いため悪天候のため飛行機が遅延・欠航になる可能性があります。

観光情報と地域紹介

利尻空港(北海道)は札幌市内にあり、北海道のメインである新千歳空港に比べて札幌市中心部へのアクセスが良好です。札幌市内の観光スポット巡りには最適です。

人気の観光スポット

大通公園
言わずと知れた札幌市の名所で、およそ1500mにわたる大きな公園です。冬は雪まつりがあることで有名ですが、バラ園など綺麗な花をたくさん見れるので春や夏にもおすすめです。札幌市時計台やテレビ塔、北海道庁旧本庁舎も近くにあるので市内の有名スポットを一度に巡ることができます。週末やホリデーシーズンにはイベントも多く開催されています。
北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
明治時代に建てられたれんが造りの趣のある建物で、世界中の観光客から人気のスポットです。庁舎内では旧本庁舎の歴史や北海道の歴史・文化にまつわる展示があり、外には色とりどりの花が咲く花壇、また四季それぞれの花を見ることができます。北海道開拓のシンボルとして有名です。国の重要文化財にも指定されています。
サッポロビール園
大正時代に製造されたビールの仕込み釜を見ながら、工場直送のビールとジンギスカンを楽しめるビアホールです。ビアホールのある建物は明治時代につくられた開拓使館を再利用したものです。ビール園限定の「サッポロファイブスター」を飲むことができ、お酒好きにはたまらないスポットです。
さっぽろ羊ヶ丘展望台
「少年よ大志を抱け」の言葉で有名なクラーク博士の像がある有名な展望台で、一番北海道らしい風景を楽しむことができます。もともとは国の研究施設だったのですが、観光客が増えすぎたために一部を現在のように開放したのが始まりと言われています。札幌市を一望できるのはもちろんですが、天気が良ければ石狩平野も見ることができます。
白い恋人パーク
北海道産の有名なお菓子「白い恋人」のテーマパークです。製造工場を見学できたり、自分でオリジナルの白い恋人を作る体験ができます。白い恋人パーク限定のチョコレートが販売していたり、カフェが併設していたりと、スイーツ好きにはたまらないスポットです。
定山渓自然の村
札幌市街地から40分ほどで行けるキャンプ場です。テントサイトやコテージ、ゲル型のテントハウスなどの宿泊設備が充実し、寝袋やテントもレンタルできるので手ぶらで気軽に行くことができます。
札幌大倉山展望台
1972年に札幌で冬季オリンピックが行われた時のスキージャンプの競技場です。リフトに乗ってジャンプ台の上まで行けば、札幌市を一望することができます。またジャンプ台の下には札幌オリンピックミュージアムもあります。

利尻空港(北海道)発~丘珠空港(北海道)着の距離とフライト時間

利尻空港(北海道)発~丘珠空港(北海道)着の距離は238kmでフライト時間は55分です。

就航している航空会社と運航本数

日本航空(JAL)が1日2便のみ就航しています。機材は北海道エアシステム(HAC)のものを利用しています。

利尻空港(北海道)の特徴

利尻島の北端にある、北海道内で最初に離島にオープンした空港です。国内線のみ就航しており、2016年度の平均着陸回数は1日あたり2回、1年で521回で国内94位となっています。空港内施設は喫茶店、展望ホール、レンタカー受付など最小限にとどまっており、喫茶店の営業時間も短いので注意が必要です。空港へのアクセスは稚内からフェリーで1時間40分です。

丘珠空港(北海道)の特徴

札幌市内から6kmの場所にあり、陸上自衛隊丘珠駐屯地の飛行場も兼ねている空港です。2016年の平均着陸回数は1日あたり22回で国内30位で、北海道内を中心に国内線のみ就航しています。空港へのアクセスはバスが便利で札幌駅前からは所要時間25分です。

この路線の利用者の傾向

利尻空港(北海道)~丘珠空港(北海道)着路線は、2016年の乗降客数 7194人で国内194位です。国土交通省航空局が実施した平成27年度航空旅客動態調査によると、利用者の平日の利用目的は約23%が仕事、約77%が観光・私用です。一方休日の利用目的は約40%が仕事、残りの60%が観光・私用となっており、休日の方が仕事目的で訪れる方が多いという結果になっています。平日と休日の利用者数はほとんど変わりませんが、平日の方が利用者が多い傾向にあります。

まとめ

この路線は運航数が少なく使用機材も座席数が少ないため早めの予約が必要です。旅行計画も早めに立てるようにしましょう。

利尻空港

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字本泊1143

大きな地図で見る

タクシーを利用

  • 利尻空港「鴛泊フェリーターミナル」約10分・1,600円

バスを利用

  • 利尻空港「鴛泊フェリーターミナル」約20分・360円

丘珠空港

北海道札幌市東区丘珠町

バスを利用

  • 丘珠空港地下鉄東豊線「栄町駅」まで…約5分(北都交通)※
  • 丘珠空港「全日空ホテル」まで…約25分(北都交通)※
  • 丘珠空港「札幌駅前」まで…約30分(北都交通)
  • 丘珠空港「大通西3丁目」…約43分(北都交通)
  • 「大通西6丁目」⇒丘珠空港まで…約40分(北都交通)
  • 「大通西3丁目」⇒丘珠空港まで…約38分(北都交通)
  • 「札幌駅」⇒丘珠空港まで…約25分(北都交通)
  • 地下鉄東豊線「栄町駅」⇒丘珠空港まで…約5分(北都交通※ または中央バス)
  • 地下鉄南北線「麻生駅」⇒丘珠空港まで…約15分(中央バス)
  • 「中央バスターミナル」⇒丘珠空港まで…約35分(中央バス)
  • ※北都交通は冬期間(12/1から3/31)につきましては、市内中心部の道路渋滞が予想されるため、地下鉄東豊線栄町駅と丘珠空港間のみの運行。

自動車を利用

  • JR「さっぽろ駅」から丘珠空港…約20分
  • 地下鉄「栄町駅」から丘珠空港…約5分
  • 地下鉄「麻生駅」から丘珠空港…約10分
  • 札樽道札幌北IC(小樽方面からのご利用者)から丘珠空港…約10分
  • 札樽道伏古IC(千歳・江別方面からのご利用者)から丘珠空港…約5分

タクシーを利用

  • 「札幌駅」タクシー丘珠空港へ…約20分/2,700円
  • 「麻生駅」タクシー丘珠空港へ…約15分/1,600円
  • 「北24条駅」タクシー丘珠空港へ…約20分/2,000円
  • 「栄町駅」タクシー丘珠空港へ…約5分/800円
利尻空港発着の空港情報へ

PAGE TOP