最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

種子島空港(鹿児島)から鹿児島空港の始発と最終の時刻表

種子島空港(鹿児島)発~鹿児島空港着のフライトは、日本エアコミューター(JAC)の種子島空港(鹿児島)9:50発のみです。

種子島空港(鹿児島)から鹿児島空港おすすめの時期

鹿児島湾に浮かぶ「桜島」が象徴的な鹿児島県では、桜島を望む美しい景観を一年中楽しめます。中でもおすすめの時期は、早春と秋です。早春の2月~3月には指宿の菜の花が満開の時期を迎え、国の名勝にも登録されている「仙厳園」の寒緋桜や梅が見どころを迎え、鹿児島の春の風景を楽しめます。また、鹿児島が秋を迎える10月下旬~11月上旬には、霧島ヶ丘公園や野井倉開井のコスモスロードのコスモスが満開になります。さらに、初代「鹿児島景観大賞」を受賞した経歴を持つ、大隅半島の垂水市の千本イチョウ園では銀杏の黄色に埋め尽くされた、幻想的な情景を体験できます。天候が不安定なのは、5月末~7月中旬の例年の梅雨のシーズン、また7月下旬~10月は台風シーズンです。思う存分旅行を楽しむのであれば、この時期は避けたほうが良いでしょう。

観光情報と地域紹介

鹿児島県は九州最南端に位置し、南北600kmに広がる九州では最も広い面積を誇ります。近年は本州の鹿児島以外にも、ユネスコの世界自然遺産にも登録されている「屋久島」や独自の動植物の生態系が残る「奄美大島」へなどの数々の離島を訪れる観光客も増加しています。昨年一年間に鹿児島県内に宿泊した旅行客の数は約806万人で、前年に比べて12%増加するなど、鹿児島県の観光地としての魅力が改めて周知されています。さらに今年は明治維新から150年を迎えた記念の年であることから、明治維新や明治時代にまつわる建造物が多いことでも注目されています。世界文化遺産に指定された「明治日本の産業革命遺産」として、鹿児島市内には「旧鹿児島紡績所」「旧集成館反射炉跡」「旧集成館機械工場」「寺山炭窯跡」「関吉の疎水溝」などがあり、鹿児島県屈指の観光名所です。さらには、現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の舞台としても注目されていて、話題性の高いことしはさらに多くの観光客が鹿児島を訪れることが期待されています。歴史的価値の高い観光スポット以外にも、鹿児島県は全国で2番目に源泉があり、「霧島温泉郷」や砂むし温泉でも有名な「指宿温泉」など、鹿児島観光と温泉旅行を合わせて満喫できるのも鹿児島の魅力です。

種子島空港(鹿児島)から鹿児島空港の距離とフライト時間

この区間のフライトは、飛行距離181kmを所用時間約30~35分をかけて運航しています。

種子島空港(鹿児島)から鹿児島空港の就航している航空会社と運航本数

種子島空港(鹿児島)発~鹿児島空港着を運航している航空会社は日本エアコミューター(JAC)で、1日に4便を運航しています。

種子島空港(鹿児島)の特徴

種子島空港(鹿児島)は、本州の鹿児島県の南40kmの大隈諸島に属する種子島にある空港です。種子島には種子島宇宙センターがあることから、「コスモ=宇宙」と「ポート=空港」を用いてコスモポート種子島空港との愛称でも親しまれています。現在、種子島空港が定期便を運行するのは鹿児島路線のみです。この種子島空港(鹿児島)?鹿児島空港路線は今年で就航60周年を迎え、長きにわたり多くの旅行者を送迎しています。フジドリームエアラインズ(FDA)の就航先と種子島空港を結ぶチャーター便を運航しており、昨年一年間には134便が本州と種子島空港を往来しました。昨年は約8万3千人が種子島空港(鹿児島)発着の定期便、チャーター便を利用するなど、本州との空の窓口として重要な役割を担っています。

鹿児島空港着の特徴

鹿児島空港は鹿児島市中心から約40分の霧島市にあり、今年開港60周年を迎える空港です。また、鹿児島空港は九州で福岡空港に次ぐ利用者がある空港で、昨年一年間には約566万人が利用しました。国内線は東京、大阪、名古屋など国内の主要都市や、鹿児島の離島7空港へ路線を運航し、国際線はソウル、上海、台湾、香港のアジア4拠点へ運航しています。近年は特にインバウンドの増加に伴い、空港利用者も増加傾向にあります。さらに、鹿児島空港のターミナル内には天然温泉足湯や航空展示室「ソラステージ」が併設されています。ソラステージは飛行機の翼や部品が展示され、さらにはフライトシュミレーターなども体験できるスポットとしても、鹿児島空港は広く認知されています。

種子島空港(鹿児島)から鹿児島空港路線の利用者の傾向

種子島空港(鹿児島)発~鹿児島空港着のフライトを利用する旅行者のほとんどは、種子島へ観光に訪れる旅行者で、その往路として利用しています。本州から種子島空港への直行便はこの鹿児島空港発着のフライトのみの運航となるため、飛行機での移動には、この区間フライトが利用されています。種子島へは飛行機、高速船、フェリーでの移動が可能ですが、高速船は約1時間30分、フェリーは約3時間30分の所要時間がかかるため、観光客の多くはこの飛行機での移動を選択しています。この区間を運航する日本エアコミューター(JAC)の最安値の航空券は5,600円で販売されており、この最安値の航空券を利用すれば、片道7,700円で販売されている高速船の運賃に比べて割安です。この路線の運賃の特徴は、始発の時間のフライトが最も安く、最安値の同日程において、5,600円~9,800円の幅があるため、旅行の計画を立てる際には、日程と移動時間など詳細を確認する必要があります。

まとめ

雄大な敷地を誇る鹿児島県には、独自の時代背景を感じるスポットや温泉、そして日本を代表する美しい離島の数々が存在します。鹿児島の離島の多くは、ほとんどリゾート化がされていないため、手付かずの美しい風景を堪能できるのが魅力です。また、このフライトを利用する際には、ジェット機に比べて低空飛行するプロペラ機からは、存在感たっぷりの桜島や上空から眺める種子島は絶景です。空からの眺望も堪能できるのも、このフライトの魅力です。

種子島空港

鹿児島県熊毛郡中種子町増田2694-64

大きな地図で見る

バスを利用

  • 種子島空港「野間」…約14分
  • 種子島空港「西之表港」…約25分
  • 種子島空港「桜が丘」…約40分

船を利用

  • 西之表港「鹿児島南埠頭」…高速船で約1時間35分、カーフェリーで約3時間40分

鹿児島空港

鹿児島県霧島市溝辺町麓822

大きな地図で見る

自動車を利用

  • 鹿児島空港へのアクセス車でお越しの際は、国道504号線をご利用ください。九州自動車道から鹿児島空港へお越しの場合、「溝辺鹿児島空港IC」から国道504号線に出ることができます
  • 鹿児島空港「鹿児島中央駅」…約34分(九州自動車道利用)、約49分(国道10号線利用)
  • 鹿児島空港「鹿児島駅」…約36分(九州自動車道利用)、約39分(国道10号線利用)
  • 鹿児島空港「国分駅」…約21分(国道504号線利用)
  • 鹿児島空港「枕崎駅」…約1時間38分(九州自動車道と国道225号線利用)
  • 鹿児島空港「熊本駅」…約1時間50分(九州自動車道利用)、約2時間52分(国道268号線利用)
  • 鹿児島空港「宮崎駅」…約1時間28分(九州自動車道と宮崎自動車道利用)
  • 鹿児島空港「桜島自然恐竜公園」…約1時間14分(九州自動車道を利用)
  • 鹿児島空港「指宿温泉」…約1時間36分(九州自動車道・指宿有料道路を利用)

バスを利用

  • 鹿児島空港「国分駅」…約20分
  • 鹿児島空港「鹿児島市内」…約38~46分
  • 鹿児島空港「鹿屋市役所」…約1時間49分
  • 鹿児島空港「枕崎」…約1時間45分
  • 鹿児島空港「阿久根駅」…約1時間58分

タクシーを利用

  • 鹿児島空港「鹿児島中央駅」(鹿児島市)…約10,000円(約36km)
  • 鹿児島空港「天文館」(鹿児島市)…約11,000円(約38km)
  • 鹿児島空港「国分駅」または「隼人駅」(霧島市)…約3,300円(約12km)
  • 鹿児島空港「妙見」(霧島市)…約3,300円(約12km)
  • 鹿児島空港「加治木駅」(加治木町)…約2,800円(約10km)
種子島空港発着の空港情報へ

PAGE TOP