航空券の買い方|初めて国内線の航空券を買うときのおすすめの取り方

2021年11月06日

「航空券を買いたいけど、どこで買えば良いか分からない」
「なるべくお得に航空券を購入する方法を知りたい」

そんな方に向けて、基本的な航空券の買い方、おすすめの航空券の買い方を紹介していきます。

航空券を買う前に決めること

航空券を買う前に、まずは必要な情報を書き出しておきましょう。
以下の内容を事前に書き出しておくことで、航空券を購入する際の手続きがスムーズになります。

日にちと時間帯

航空券を購入する際は利用する日にちと時間帯を事前に決めておく必要があります。
路線によっては1日に2便など運航便が少ない場合がありますので、「午前中」「正午」「夕方」など大体の時間帯を決めておきましょう。

区間

出発する空港と到着する空港を決めます。
都道府県によっては空港が2つある場所もあるので、どの空港を利用する方が利便性が良いかなどを調べて決めておきましょう。

航空会社(大手航空会社or格安航空会社)

利用する航空会社を決めます。
航空会社は大まかにJAL、ANAなど大手航空会社と、格安航空会社に分けられます。
希望する区間にどの航空会社が運航しているか調べておきましょう。
運航している航空会社を把握しておけば、利用目的によって航空会社を選択できます。

変更条件(変更可能or不可能)

航空券にはいくつか種類があり、日付の変更可能な航空券と、変更ができない航空券があります。
通常であれば、普通運賃と呼ばれる航空券は日付変更が可能です。
早割など割引されている航空券は変更できない場合が多いので、日付の変更をする可能性がある場合には、変更できる航空券を選ぶようにしましょう。
格安航空会社の航空券は日程を変更できない場合が多いので、航空券種別の条件を事前に確認しておきましょう。

航空券の買い方の基本

基本的な航空券の買い方は3つあります。

インターネットで買う

インターネットやスマホの普及によって、現在はインターネットで航空券を買う人が増えました。
インターネットで航空券を予約・購入するには以下の選択肢があります。

・旅行会社のサイトから購入する
・航空会社の公式サイトから直接購入をする
・航空券比較予約サイトから購入する

いずれの方法も希望する飛行機の便を選んで、氏名などの必要情報を入力して決済まで進めば航空券を購入することができます。

旅行会社で買う

予定日や観光のプランが明確でないとき、専門的な知識があるスタッフの方に相談しながら選びたいという人は、旅行会社で買うのがおすすめです。
支払いの際にトラブルが少ないのも旅行会社で予約・購入するメリットです。
ただし、ショッピングモールや駅にある旅行会社代理店では、LCCなどの格安航空券の取り扱いをしていないことがあるので注意してください。

電話で買う

インターネットの操作をすることが苦手だったり不安だったりする方は、電話で航空券を予約・購入することもできます。
希望する航空会社の予約センターに電話して、日時と目的地を伝えると希望する時間帯の飛行機の便と運賃を教えてくれます。
支払いはクレジットカードやコンビニ支払いが利用できます。

おすすめの航空券の取り方

航空会社から直接購入

事前に利用する航空会社が決まっている場合には、直接航空会社の公式オンラインサイトから航空券の申し込みをする方法があります。
特定の航空会社のマイルを貯めている方の多くは、マイルを貯めている航空会社から直接購入しています。
会員登録してあればお客さま番号を入力するだけで、必要情報を入力する必要がなくなります。

航空券比較予約サイトから購入

航空券比較予約サイトとは航空券を比較してくれる予約サイトのことです。
航空券比較予約サイトは旅行代理店の一種で、各航空会社の座席を一定数確保していて、自社独自の価格で販売をしています。

航空券比較予約サイトを利用するメリットは、各航空会社の航空券の運賃が一覧で比較できるところです。
目的地と日時を入力すると、該当の航空会社の航空券が複数表示され、その中に気に入った便があればそのまま予約・購入まで進むことができます。

旅行会社のパッケージツアーを申し込む

パッケージツアーとは、飛行機と宿泊ホテルをセットにして販売している旅行プランのことです。
航空券だけでなく宿泊先などもまとめて予約したいという方には、旅行会社のパッケージツアーを申し込むことをおすすめします。
利便性が良いようにスケジュールが組まれているので、利用者自身が細かく決める必要がありません。
パッケージツアーによっては航空会社を指定することができるものもあるので、もし希望する航空会社があれば、旅行会社の方に相談してみましょう。

航空券をなるべく安く購入するコツ

航空券をなるべく安く購入したいという方に向けて、航空券をお得に購入できる方法を紹介します。

2ヶ月前やオフシーズンが狙い目

国内線の航空券はおおよそ2ヶ月前が一番安くなる時期と言われています。
しかし、出発日が観光のハイシーズンであれば、いくら早く予約しても運賃が下がらない可能性があります。

以下のような観光のオフシーズンを狙うと、安く航空券を購入できる可能性があります。

・お正月終了後から2月中旬まで
・4月中旬からゴールデンウィーク前まで
・ゴールデンウィーク終了後から6月末まで
・10月から11月まで

旅行日程に固執しないのであれば、観光のオフシーズンに旅行することを検討してみてください。

早割などの特別運賃をチェック

早割とは各航空会社が販売している割引率が高いお得な航空券のことです。
予約・購入のタイミングが早ければ早いほど、大幅な割引を受けることができる「早期予約割引」です。
数種類の早割航空券を販売している航空会社もあるので、早割を利用する際は事前にどのような種類があるのか確認しておきましょう。

航空券予約サイト(メタサーチ)で航空券情報を調べる

航空券比較サイト(メタサーチ)とは、各予約サイトが販売する航空券の情報を入力した内容に沿って検索し、一覧で表示してくれる比較サイトのことです。

航空券比較予約サイトとの違いはそのまま予約ができないことです。
日時と目的地を入力すると、各予約サイトが取り扱っている航空券が安い順に表示されます。
自分で予約サイトを1つひとつチェックする手間が省けるので、最も安い航空券を取り扱っている予約サイトをスムーズに見つけることができます。

LCCのメルマガに登録しておく

多くのLCCでは、会員に対して航空券のセール情報を優先的にメルマガで配信するサービスを行っています。
タイミングが合えば驚くほど安い運賃の航空券を購入することができます。
いち早く最新情報を入手できるメルマガは、登録しておくと便利です。

往路/復路のピーク曜日・時間帯を避ける

週末は運賃が高くなるというイメージを持っている方が多いかもしれません。
しかし、往路/復路によって混み具合が異なります。

往路便のピークは金曜/土曜で、復路便のピークは日曜/月曜です。
時間帯は、往路便は午前中、復路便は遅い時間帯の便が混み合います。

ピークの曜日、時間帯を避けることによって、予約が取りやすくなる上、運賃が安くなっていることがあります。

例えば、東京と地方空港を結ぶ便の場合、金曜/土曜の東京発と日曜/月曜の地方空港発は高くなる傾向があります。

航空券の買い方まとめ

航空券を購入するにはインターネット、旅行会社、電話という方法があります。
インターネットで購入する際は航空会社公式オンラインサイトや比較サイトなど、様々な選択肢があるので、使い勝手の良い方法を見つけて予約・購入をしてみてください。
お得に航空券を購入できる方法もあるので、どんな航空券があるのか調べて、楽しみながら航空券を購入してみてください。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ