ピーチの予約ができない!ピーチの航空券予約画面でエラーが出たときの対処方法

Peach Aviation(ピーチ・アビエーション)は、関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)の一つです。国内主要路線を網羅しており、なおかつ格安な料金で飛行機を利用できることから高い人気を誇っています。
そんなピーチで航空券を予約しようすると、「エラーが出て予約できない」「予約したはずなのに予約確認画面に表示されない!」など予約システムに関わるエラーを経験した人が多いようです。
格安航空会社であることが関係しているかは不明ですが、ピーチの航空券予約の際発生するエラーとそのエラーが出た場合の対処方法について、この記事ではご紹介します。

ピーチの予約でシステムエラーが出るケース

ピーチ_ロゴ” class=

ピーチの航空券を予約しようとした際に、システムエラーが発生し予約が正常に完了しないことがあります。またそれだけではなく、ちゃんと予約できたのかよくわからないというケースもあるようです。せっかく予約したのに実際は予約できておらず、飛行機に乗れなかったということになれば目も当てられません。

ピーチで起こるシステムエラーの発生事例には、主に以下のようなものがあるようです。
・予約購入画面で「エラーE60」、「エラーE70」と表示される
・予約確認画面で予約したはずの航空券が表示されない
・ピーチの予約サイトにログインできない

それぞれのケースにおける処方法を見ていきましょう。

予約購入画面で「エラーE60」、「エラーE70」と表示されたらクレジット決済エラー

航空券を予約し、最終の購入画面で「エラーE60」や「エラーE70」と表示される場合があります。このエラーはすべてクレジット決済に関するエラーです。
この表示が出たということは、なんらかの理由で決済が完了していない可能性があります。ピーチの航空券は決済が完了していないと、48時間以内に自動的にキャンセルされてしまうため、確実に支払いを終えておく必要があります。
また、決済エラーが出ていても予約手続き終了直後に予約確認画面を見ると、予約した航空券が表示される場合があるようです。予約確認画面に購入履歴が表示されたからと安心していると、48時間後に自動キャンセルされていて知らないうちになくなっていたということもありえますので、予約から3日後に再度確認しておくことをおすすめします。

クレジットカード決済のエラーが起こる原因

クレジットカード決済でエラーが発生する原因として、次のようなことが考えられます。
・クレジットカードの上限額をオーバーしている
・なんらかの理由でクレジットカードにロックが掛かっている
・入力したクレジットカード情報と申込者情報が相違している

クレジット決済に関するエラーは多くの場合、クレジットカードの設定や登録情報に原因があることが多いようです。状況によって対処方法が違いますが、必ずエラーは回避できますので、落ちついて対処してください。

クレジットカードの決済エラーが出た際の対処法

クレジットカードの決済エラーが出た場合は、以下の対処法を採ってみてください。
・クレジットカードの利用限度額を上げる
・クレジットカードの登録情報と利用者情報を一致させる
・推奨ブラウザを使用する

クレジットカードの利用限度額を上げる

航空券の決済金額が加算されたことで、クレジットカードの利用上限額を超えてしまった場合、決済は完了しません。上限額超過が決済エラーの原因であれば、クレジットカード会社に連絡し上限額を引き上げることで利用できるようになります。

ただし、上限額の引き上げには審査が必要な場合があります。実際に限度額が引き上げされるまでには、1~2週間程度かかることがありますので、事前に確認しておくようにしてください。引き上げが難しい場合は、他のクレジットカードで決済する、コンビニ決済など他の支払い方法に変更するなどで対処するとよいでしょう。

また、何らかの理由でクレジットカードにロックが掛かっている可能性も考えられます。最近ではクレジットカード会社のセキュリティが強化されていて、多額の決済があった場合、不正利用防止のため自動的にロックが掛かり、利用者に確認してからでないと決済しないというケースもあるようです。

この場合は、クレジットカード会社に不正利用でない旨を連絡するとロックは解除されます。

クレジットカードの登録情報と利用者情報を一致させる

航空券を予約する際、搭乗者のローマ字氏名や住所などを入力する欄があります。これらの情報がクレジットカードの登録情報と相違していると、決済エラーとなることがあります。

氏名入力が原因で起きるエラーの多くは、ローマ字氏名をすべて大文字で入力していないからです。

クレジットカードに印字されているローマ字氏名は、基本的にすべて大文字で表記されています。ピーチの予約決済をクレジットカードで行うと、利用者情報の表記がそのままクレジットカード名義として自動的に入力されるようになっています。したがって、予約の際の氏名をすべて大文字で入力しておかないと、クレジットカードと氏名表記が相違しエラーとなってしまいます。この場合、「利用者情報を大文字で入力する」か「クレジットカード名義をカードに印字されている表記に訂正する」のいずれかでエラーを回避できるでしょう。

またクレジットカードの登録住所が利用者情報の住所と異なっていることが原因となっていることもあります。利用者情報の登録住所には現住所を入力する必要がありますので、転居などで住所が変わっている場合は、クレジットカードの住所変更の手続きをしておきましょう。

推奨ブラウザを使用する

航空券の予約システムとブラウザの相性が悪いことでエラーが表示されることもあります。
ピーチでは以下のブラウザの使用を推奨しています。
・Microsoft Internet Explorer 11以上(Windows版)
・Safari 最新版
・Google Chrome 最新版

推奨ブラウザ以外のブラウザを使用して予約した場合は、推奨ブラウザを使用して予約し直すとエラーが解消する可能性があります。
また、推奨ブラウザであってもGoogle Chromeはエラーが出る場合があるようです。もしGoogle Chromesでうまく行かない場合には別のブラウザを使用してみてください。

「予約お知らせメール」がきても予約できているとは限らない

ピーチの予約システムでは、予約が完了した時点で「予約お知らせメール」が利用者の登録メールアドレス宛に送信されます。ここで注意しなければならないのが、「予約お知らせメール」が送信されるタイミングです。
ピーチの「予約お知らせメール」は予約確定時ではなく、予約申込時に送信されてきます。つまり、クレジットエラーなどなんらかの理由で決済できず、予約が確定していなくてもメールが届いてしまいます。
先程ご説明したとおり、予約は決済が行われなければ48時間以内に自動的にキャンセルされてしまいます。メールが来ているからと安心していると、実際はできていなかったということも起こりえます。メールが来ているからと安心せず、予約が確定したことをしっかり確認するようにしてください。

予約確認画面で予約したはずの航空券が表示されない

予約確認画面で予約したはずの航空券が表示されない場合は、先程紹介したクレジット決済エラーで予約自体が自動キャンセルになってしまい、予約が確定していなかった可能性があります。
ピーチでは決済が正常に完了し予約が確定した場合、旅程確認メールが登録したメールアドレス宛に届きますので確認するようにしてください。

旅程確認メールは迷惑メールに届く可能性もある

予約や決済は確実に完了しているのに、旅程確認メールが届かない場合はなんらかの理由でメールが受信できていない可能性があります。
最も多いのは、旅程確認メールが迷惑メールボックスに入ってしまっているケースです。登録メールアドレスをgmailなどのフリーメールにしていると、迷惑メールボックスに振り分けられてしまっていて、届いているのに気づかないことがあります。旅程確認メールが届いていない場合は迷惑メールボックスをまず確認してみましょう。
また、登録メールアドレスを携帯キャリアのメールアドレスに設定している場合は、受信設定によっては受信できない場合があります。例えば、迷惑メールアドレス対策でドメイン指定受信を設定していると、ドメイン登録していない先からのメールは受信できません。
この場合は携帯で受信できるよう設定した後に、ピーチに旅程確認メールの再発行を依頼しましょう。旅程確認メールの再発行はピーチのホームページのチャットで依頼できます。

ピーチの予約サイトにログインできない

ピーチの予約サイトにログインできないというエラーも発生します。
ログインできない場合は、ログイン情報の誤入力か、ピーチのシステム自体に障害が発生している可能性が考えられます。システム障害が発生している場合は、ピーチのホームページの上部に記載されていますので確認してください。
またピーチのログインについては、2018年にピーチの予約サイトの更新が行われ、ログイン時に入力する情報が「ユーザーID」から「登録メールアドレス」に変更されました。2018年以前から使用されている方は、ユーザーIDではログインできなくなっているため、注意しましょう。

まとめ

格安で利用することができるピーチは、全国各地に路線がある便利な航空会社です。しかし、残念ながら予約サイトではよくエラーが起こります。
エラーの中には、予約ができていないにも関わらず、予約メールが送られてくるなど勘違いしてしまうような内容のものもあります。問い合わせしようにも、コールセンターが混雑していて繋がらないということもあるようです。予約できたかどうか確認できないまま放置していたばかりに、搭乗日当日に予約できていないことが発覚し、搭乗することができなかったというような最悪な事態も起こりえます。
多くの場合、今回紹介した対処方法でエラーを解消することができるでしょう。また、ピーチはホームページでチャットによる問い合わせに対応しています。電話が繋がりにくい場合は、まずチャットで問い合わせしてみてもよいでしょう。
今回紹介したエラーの原因や対処方法を参考にしていただき、確実に予約できていることを確認し、安心してピーチの快適な空の旅を楽しんでください。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ