スカイマークが運航するピカチュウジェットを徹底解明!グッズやイベントも紹介

2022年08月19日

スカイマークが運航するポケットモンスターの人気キャラクター「ピカチュウ」をデザインした特別塗装機をご存知でしょうか。
鮮やかな色合いのピカチュウジェットは空の上でも圧倒的な存在感を放っています。
この記事ではピカチュウジェットの特徴や機内サービス、ピカチュウ関連のグッズ販売について解説します。
運航路線や中部国際空港セントレアで行われる見学イベントについても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

ピカチュウジェットとは?

ピカチュウジェットとは、スカイマークが運航するピカチュウをデザインした特別塗装機のことです。
ピカチュウジェットは、株式会社ポケモンとスカイマークによる「そらとぶピカチュウプロジェクト」の一環として運航を開始しました。
新型コロナウイルスの蔓延による閉塞感を吹き飛ばして、少しでも日本の空を明るく彩るために立ち上げられたプロジェクトは、2021年6月21日より運航を開始。現在も日本の空を盛り上げてくれています。
1号機に続き、2022年5月30日より新たに「ピカチュウジェットBC」の2号機が運航を開始し、旅客やポケモンファンを湧かせています(BCとはスカイマークの航空会社コードのこと)。
1号機、2号機ともに那覇、下地島(宮古)発着の路線を中心に、約5年間の運航が予定されています。

ピカチュウジェットの塗装

ピカチュウジェット1号機の塗装は、ピカチュウのカラーであるイエローを背景にして、カラフルな風船の束を持ったたくさんのピカチュウが空を飛んでいる様子がデザインされています。
ピカチュウジェットのイエローを基調にしたボデーカラーは、見る人の心を元気にしてくれます。
機体の底面にもピカチュウが描かれているので、空の上を飛ぶピカチュウジェットを見つけた時には、窓から顔を覗かせる愛らしいピカチュウを発見できるかもしれません。
垂直尾翼にはスカイマークのシンボルであるスターと「Pokemon」の文字が入っています。
新たに運航を開始したピカチュウジェット2号機の機体には、くじらの形をしたホエルオーが大きく描かれています。
まるで大海原を泳いでいるかのようなホエルオーの横には、風船の束を持って空を飛ぶピカチュウとシェイミ、コイキング、サニーゴ、タッツー、ヨワシなどポケットモンスターのキャラクターたちが勢揃いしています。
さらに注目してほしいのが、翼の先にちょこんと描かれたピカチュウの小さな顔です。細部まで遊び心満載のピカチュウジェットBC2号機も、1号機に劣らず多くの人の話題となっています。

ピカチュウジェットの機内

ピカチュウジェットの魅力は機体の塗装だけではなく、機内にもピカチュウのデザインが施されています。
機内に入って、最初に目を引くのは座席のヘッドレストです。ヘッドレストカバーには描かれた可愛いピカチュウがお出迎えしてくれます。
座席前のシートポケットにピカチュウ柄のエチケット袋が用意されているほか、ドリンクサービスの紙コップや機内で配付される「キットカットミニ」の外装、マスクにもピカチュウが描かれるなど、ピカチュウにこだわった機内サービスに感動すること間違いありません。
ただし、マスクについては運航後しばらくの間機内で提供していましたが、現在は配付を終了しています。
さらに、ピカチュウジェットの客室乗務員は、機内サービスを提供する時ピカチュウデザインのエプロンを着用していますので、チェックするのを忘れないでください。
小さなお子様を対象に配付されるぬり絵もピカチュウ仕様で、貸し出しのクレヨンが用意されているので運航中も楽しく過ごせるでしょう。
さらに機内で耳をすますと、ポケモンの音楽やピカチュウのお馴染みの声で愛らしいアナウンスがあるかもしれませんよ。
2号機では、座席頭上にモンスターボールをデザインした読書灯が設置されています。ふと上を見上げた時に目に入るモンスターボールに思わず微笑んでしまうかもしれません。

ピカチュウジェットおすすめの座席

ポケモンファンならぜひチェックして欲しいのが25列目の座席です。
ピカチュウジェット25列目の座席案内プレートはイエローのプレートにピカチュウのイラストが描かれたピカチュウ仕様となっています。
さらに、座席テーブルの裏側にはピカチュウのシール、窓側の席からはエンジンに描かれたピカチュウやポケモンキャラクターのイラストを見ることができます。
これはピカチュウがポケモン図鑑の「25」番目に登場することから、25列目の座席にだけ特別な装飾が施されているのです。
ポケモン好きなお子様なら到着するまで興奮が収まらないかもしれません。

那覇空港の特別デザイン

那覇空港のスカイマークのカウンターでは、ピカチュウの特別デザインで乗客を出迎えてくれます。
自動チェックイン機には画面をタッチすると可愛いピカチュウが現れ、操作をアシストしてくれます。
搭乗券や手荷物タグにもピカチュウがいるので、大切に取っておくと旅の記念になるでしょう。
ピカチュウ仕様の搭乗券には全部で15種類のデザインがあり、なかでもパイロットの制服を着たピカチュウバージョンが出たらラッキーです。
また、「スカイキッズ」というお子様のひとり旅をサポートするサービスでは、対象のお子様にピカチュウの特製ストラップが配られます。
ひとり旅で不安に思っているお子様の心を、ピカチュウが勇気づけてくれるでしょう。
ピカチュウたちに会えるのはカウンターだけではありません。
ピカチュウジェットのそばで働く空港車両もピカチュウデザインになっています。
チェックインから搭乗前までたっぷりとピカチュウを堪能できるので、小さなお子様も飽きることがありません。

ピカチュウジェットの搭乗者だけがもらえるグッズ

ピカチュウジェットには、搭乗者だけが購入できるグッズや、搭乗者にしか配付されないノベルティなど特典が満載です。
ピカチュウジェットで購入できるグッズやノベルティは希少価値が高く、メルカリなどのフリマアプリで高値で取引されることもあるようです。
どのようなグッズやノベルティがあるのかみていきましょう。

特別機内販売

ピカチュウジェットの機内で購入できるグッズは2種類あり、1号機と2号機でデザインが異なります。
1つ目はピカチュウジェット搭乗記念メダルです。
● ピカチュウジェットBC1搭乗記念メダル 1,000円(税込)
金色のメダルにはパイロットの制服を着たピカチュウと「ピカチュウジェット搭乗記念メダル」の文字が入っています。
● ピカチュウジェットBC2搭乗記念メダル 1,000円(税込)
2号機のメダルのデザインは3種類あり、「記念メダル」の文字が入っているもの、2号機の機体のイラスト入り、モンスターボールデザインの3種類です。

2つ目はピカチュウジェットミニポーチです。
● ピカチュウジェットBC1ミニポーチ 1,000円(税込)
丸型の使いやすいサイズで、ピカチュウジェットのイラストが描かれています。
モコモコ素材のポーチは、ずっと触っていたくなるような柔らかさです。
● ピカチュウジェットBC2ミニポーチ 1,000円(税込)
2号機のポーチは角形で、パイロットになったピカチュウが描かれています。

どのグッズも魅力的でポケモンジェットの搭乗者しか手に入れられない希少なアイテムです。
ポケモンジェットに搭乗した際は、記念に購入してみてはいかがでしょうか。

お子様向け機内ノベルティ

ピカチュウジェットのお子様向け機内ノベルティは「スポンジキーホルダー」です。
ピカチュウジェットが描かれたキーホルダーは、旅の記念品となるでしょう。
搭乗した飛行機によってデザインが異なり、1号機のものには1号機が、2号機のものには2号機が描かれています。

空港販売

スカイマークが就航している一部の空港で購入できるグッズは、ピカチュウジェットの「モデルプレーン」です。
1号機2号機それぞれの塗装がデザインされたモデルプレーンは、細部まで忠実に再現されており、大人の鑑賞にも堪えられる精巧な作りとなっています。
● ピカチュウジェットBC1モデルプレーン 8,800円(税込)
● ピカチュウジェットBC2モデルプレーン 11,440円(税込)
※原材料高騰により後から発売された2号機モデルの方が高くなっています。

いずれも1/130スケールのモデルプレーンで、大きさは304㎜×264㎜です。
このモデルプレーンは下記の空港で販売されていますので、これらの空港を訪れた際は、ぜひチェックしてみてください。

  • 新千歳空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 福岡空港
  • 奄美空港
  • 那覇空港
  • 下地島空港

ピカチュウジェットが運航する路線は?

ピカチュウジェットBC1が運航する路線は、沖縄発着便が中心となっています。
ピカチュウジェットBC2が運航しているのは、宮古・那覇・福岡・神戸・名古屋中部・羽田・茨城の各空港発着便です。
運航路線は期間によって異なるので、確実に見たいのであれば、スカイマークの公式ホームページで運航情報をチェックする必要があります。
「今日・明日の運航予定」で確認できるので、タイミングを合わせれば空港で駐機しているピカチュウジェットを見られるでしょう。

ピカチュウジェットが見学できる!イベントの詳細

スカイマークとセントレア空港共催の「ピカチュウジェット見学イベント」が開催されます。
セントレア空港立ち入り制限エリア内の駐機場に駐まっているピカチュウジェットを間近で見られるまたとないチャンスです。このイベントは、機体を外から見るだけでなく、機内見学やスカイマークスタッフによる航空教室など盛りだくさんの内容になっています。
申し込みはすでに終了してしまっていますが、運が良ければイベントのためにセントレア空港にやってくるピカチュウジェットを見られるかもしれません。
お近くの方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

ピカチュウジェットとはスカイマークが運航するピカチュウデザインの特別塗装機です。
1号機と2号機の2つの機体があり、沖縄路線を中心に運航しています。
ピカチュウがデザインされているのは機体だけではなく、機内や空港でもたくさんのピカチュウが出迎えてくれます。
搭乗者だけが購入できる機内販売のグッズや、機内でもらえるノベルティなど盛りだくさんの特典が乗客を喜ばせています。
一部の空港で販売されているモデルプレーンもありますので、搭乗予定がない方でもピカチュウグッズをゲットできる可能性があります。
運航路線は期間によって異なるため、「ピカチュウジェットを見てみたい!」という方はスカイマークの公式ホームページで運航情報を確認しましょう。
空の上を飛んでいるピカチュウジェットを発見した際は、ぜひ機体底面のデザインもチェックしてみてください。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ