最安値を一度に検索・簡単予約!!

  • 出発地
  • 到着地
  • 行き
  • 出発地
  • 到着地
  • 帰り

稚内空港(北海道)から新千歳空港(札幌)の始発と最終の時刻表

始発 ANA(全日空) 11:50
最終 ANA(全日空) 17:30

稚内空港(北海道)から新千歳空港(札幌)おすすめの時期

札幌観光のハイシーズンは、夏に最も多くの観光客が訪れます。それぞれの季節に魅力あるイベントや見どころがありますが、冬は降雪の影響もあり観光客は減少します。欠航も出やすく、冬に訪れる際はスケジュールに余裕をもたせたほうがいいでしょう。

新千歳空港(札幌)の観光情報と地域紹介

札幌は北海道の中心都市であり、道内屈指の観光都市でもあります。道内の一次産品の集積地であり消費地でもある札幌には北海道の新鮮な食材が集まるので、札幌を訪れる観光客のお目当ての一つとなっています。市街地中心部にある大通公園では、さっぽろ雪まつりを始めとする季節ごとのイベントが開催され、1年を通して訪れる観光客を楽しませてくれます。

人気の観光スポット

さっぽろ雪まつり
札幌で50年以上にわたって開催されているさっぽろ雪まつりは、冬の恒例イベントとして札幌のイメージの一つとして定着しています。札幌市内3つの会場で行われ、大通り会場には大雪像、すすきの会場には氷像の展示、丘珠空港そばのつどーむ会場には雪の大型すべり台などが設置され雪と戯れることができるイベント会場となります。大通り会場とすすきの会場は夜になるとライトアップされ華やかな雰囲気に包まれます。
サッポロビール博物館
サッポロビール発祥の地である工場をリニューアルした博物館は、国内唯一のビール博物館です。歴史的価値のある明治時代に造られた赤レンガ造りの建物の2~3Fは、ビール産業の歴史にまつわる設備や資料が展示・解説されています。また、1Fにはビールのテイスティングができるスターホールとサッポロビールとジンギスカンが味わえるサッポロビール園があります。
北海道大学
札幌の中心部にある北海道大学は一般にも開放されており、広大なキャンパスを散策することができます。東京ドーム38個分の広いキャンパスには、大学の前身である札幌農学校時代の校舎など重要文化財に指定された明治時代の洋風建築が点在し、中央ローンやエルムの森など散策にぴったりのロケーションがたくさんあります。秋になると色づいたポプラ並木やイチョウ並木などが絵画のような美しい景色を見せてくれます。

稚内空港(北海道)から新千歳空港(札幌)の距離とフライト時間

稚内(北海道)から新千歳(札幌)までの区間距離は357km、フライト時間は55分です。

稚内空港(北海道)から新千歳空港(札幌)の就航している航空会社と運航本数

この路線はANA(全日空)が1日2便を運航しています。

稚内空港(北海道)の特徴

稚内空港は日本最北端にある空港です。就航路線は稚内(北海道)-新千歳(札幌)と稚内(北海道)-羽田(東京)の2路線で、それぞれ1日2往復しています。北海道最北端の地から広大な北海道の中心都市札幌、加えて、日本の中心である羽田(東京)とを結ぶ貴重な空港です。高緯度にあり加えて海岸沿いにあるため、冬の厳しい気候に影響されやすく、11~2月までは就航率が下がるのに比例して、11~4月までは搭乗率も低くなります。この期間の月間旅客数は5~10月の3分の1に落ち込みます。2016年度の年間乗降客数順位は、55位で19万2,000人でした。過去5年間を見ると徐々に旅客数は増加傾向にあります。フジドリームエアラインズ(FDA)のチャーター便が夏季に運航されることがその主な要因となっています。
稚内空港へは空港専用バスが運行しており、所要時間は稚内港フェリーターミナルから35分、JR稚内駅前から30分です。

新千歳空港(札幌)の特徴

新千歳空港(札幌)は、国内主要空港からの路線が乗り入れる国内の基幹空港です。それに加え、広大な北海道各地の空港と札幌を結ぶ北海道のハブ空港としての役割も果たしています。2016年度の年間乗降客数順位は、5位で2,154万人が利用しました。国内線、国際線ともに旅客数を伸ばしており、2014年から4年連続で過去最高を更新しています。国際線は中国、韓国を中心とするインバウンド需要が旅客数の伸びを牽引しています。就航路線は、国内線29路線(2018年7月現在、季節運行路線含む)、国際線17路線(2018年7月現在)。乗入れ航空会社は、国内線11社、国際線26社となっています。新千歳空港(札幌)のターミナルビルは商業エリアが充実していて、飲食物販施設のほか映画館や温泉があるのが他の空港にはない特徴です。北国の空港であることから除雪が追いつかないほどの大雪に見舞われることがあるため、冬季は欠航が出やすくなることは否めません。
国内線ターミナルビル地下1FにJR新千歳空港駅があります。新千歳空港(札幌)からJR札幌駅までの所要時間は快速エアポートで37分です。

稚内空港(北海道)から新千歳空港(札幌)路線の利用者の傾向

2015年度の航空旅客動態調査を見ると、この路線を観光目的で利用する人は少なく、ビジネスその他の利用者で占められています。月別の旅客数も5~9月が5,000~6,000人、11~4月が1,000~3,000人と繁閑の差が大きいのが特徴です。気象条件の厳しい日本最北端の地であることから観光目的の利用者は夏のシーズンに限られているようです。

まとめ

この路線は1日あたりの旅客数が60~200人と運航規模の小さい路線です。供給座席数が少なく、搭乗率も60%を超えるのが5~9月と、需要も限られることから早期購入割引運賃の価格もそれほど大きなバラツキはないようです。早期割引運賃は、ANA(全日空)の3日前までの予約が可能な特割3と21~75日前までの予約が可能な旅割が設定されています。

稚内空港

北海道稚内市声問村声問6744

大きな地図で見る

バスを利用

  • 稚内空港「稚内駅前」約30分・590円

タクシーを利用

  • 稚内空港「稚内駅前」約25分・4,000円

新千歳空港

北海道千歳市美々987-22

大きな地図で見る

電車を利用

  • 新千歳空港札幌駅間はJR線「快速エアポート」が運行。
    15分間隔(※) 所要時間36分(最速)
  • ※時間帯によって異なりますので、詳しくはJR新千歳空港駅にお問い合わせください。
  • 新千歳空港小樽 所要時間1時間12分(最速)
  • 新千歳空港帯広 所要時間約2時間30分 ※南千歳乗り換え
  • 新千歳空港旭川 所要時間2時間01分(最速)
  • 新千歳空港苫小牧 所要時間約30分 ※南千歳乗り換え

自動車を利用

  • 札幌都心約1時間
  • 苫小牧約30分

バスを利用

  • 札幌都心約1時間20分
  • 地下鉄東西線「大谷地駅」約40分
  • 苫小牧約45分
  • 室蘭約1時間45分
稚内空港発着の空港情報へ

PAGE TOP