『必見』マイルを上手に使うテクニック2014

飛行機を利用することによって貯めることのできるマイル。あなたはどのように利用していますか?
もしかすると、利用どころかせっかく貯まっているのにその存在を忘れてしまっている、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

かつてはマイルの使い道と言えば、航空券代の支払い程度にしか使うことができませんでした。そもそもこれがマイルが登場した当時のメインの使い方でしたのでそれは当然のことと言えるでしょう。

しかし、近年ではこのマイルもさまざまな方法で利用することができるようになっています。そこで、今回はお得なマイルの使い方についてご紹介してみたいと思います。

◆マイルは貯まっているけどそれほど航空券には使わない
不定期にしか飛行機を利用しないため、航空券の購入にはなかなかマイルを使うことができない、という方は提携店のポイントなどに交換する、という手段があります。

例えばJALのマイルの場合、東急グループと提携していますのでTOKYUポイントに交換することが可能です。
このポイントへ交換すれば東急デパートではもちろんのこと、提携している飲食店や専門店などでもポイントを使うことができるようになります。

1マイルがそのまま1TOKYUポイントに交換することができますので、貯まったマイルを無駄にすることなく使うことができるでしょう。

◆旅行もマイルで楽しむ
国内大手のJALやANAをはじめとするほとんどの航空会社は、旅行会社やホテル、飲食店などと提携していますので、旅のあらゆる場面でマイルを使用することが可能となります。

旅行会社のパック料金の支払いはもちろんのこと、旅先でのさまざまな施設の利用料金や食事代などにもマイルが使えますので、よりお得に旅を楽しむことができるでしょう。

◆航空会社のサービスに利用する
やはり、もっとも効率的にマイルを使うことができるのは航空会社のサービスで利用するという方法になります。
マイルを使うことによって、座席をお得にグレードアップすることができたり、空港のVIPラウンジを使用することもできます。

頻繁に飛行機を利用する方の場合、こういったサービスにマイルを使用するのがもっとも賢い方法であると言えるかもしれません。

各航空会社ごとにマイルで受けることのできるサービスは異なりますので、自分にとってもっともお得なサービスは何なのかをチェックしてみてはいかがでしょう?

せっかく貯めたマイルですのでできるだけ上手に使いたいものです。あなたにとってベストな使い道をしっかりと考えてみましょう。

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ