LCC利用時の受託手荷物、重量制限、追加料金などに要注意?!

新幹線や高速バスと並ぶ、国内旅行や出張の選択肢としてすっかり定着した感のある、LCCの格安航空券。
この超格安な飛行機チケットを販売するため、各LCCの格安運賃タイプでは徹底的なコストダウンが図られ、燃料費に大きく影響する荷物の重量にも厳しい制限が設けられています。

関連コンテンツ

機内への持込み、特別な注意が必要な手荷物などの詳細は各航空会社ページをご確認ください。

ジェットスターの手荷物についての詳細
ピーチの手荷物についての詳細
スターフライヤーの手荷物についての詳細
エアドゥの手荷物についての詳細
バニラエアの手荷物についての詳細
フジドリームの手荷物についての詳細
アイベックスの手荷物についての詳細

※ANAやJALなど大手レガシーキャリアに搭乗する感覚で荷造りをすると、空港に到着してから思わず追加料金が発生してしまうことも!
ANAの手荷物について確認する。
JALの手荷物について確認する。

今回は、国内線のLCCを代表するピーチ、バニラエア、ジェットスター、春秋航空の標準的な運賃タイプから、搭乗前に必ずチェックしておきたい手荷物の重量・サイズ制限についてまとめました。

■ピーチ航空(peach)…運賃タイプ「ハッピーピーチ」の手荷物は?

ピーチ航空(peach)の標準的な運賃となる「ハッピーピーチ」には、受託手荷物の料金は含まれていません。荷物を預けたい場合、追加料金を支払い、空港で預けることになります。

【個数・重量・サイズの制限は?】
手荷物+身の回りの品の2個まで。2つの荷物の合計が10kgまでは無料です。
荷物のサイズは、高さ・幅・奥行きの合計が115cm以内、各辺が55×40×25(cm)以内に限られます。

【制限を超過した場合の、受託手荷物料金は?】
Peachの受託手荷物料金は、路線(Zone)によって異なります。

※国内線各路線の受託料金は、こちらをご覧ください。
>>⇒ピーチ航空(Peach)特集|格安航空券センター

★ピーチで荷物を預けるときの注意点…当日、空港で受託手荷物料金を支払う場合、取り扱いとなるのはクレジットカード決済のみ。クレジットカードがない場合は、webやコンタクトセンターから事前にお申しこんでおくか、はじめから受託手荷物1個分が運賃に含まれている「ハッピーピーチ プラス」運賃を選んでおけば安心です。

【他の運賃タイプの場合は?】
「ハッピーピーチ プラス」では、受託手荷物が1個まで運賃に含まれています。
ふたつの運賃は片道運賃が安い場合は差額が2,000円代ですが、チケット料金が1万円代後半になると5,000円以上の差額になることも。
チケット料金をなるべく安く抑えるなら、手荷物が多く、1万円以下のチケットならハッピーピーチプラス、手荷物が少ない場合、または差額が受託手荷物の手数料を上回る場合はハッピーピーチと、使い分けましょう。

■バニラエア(Vanilla air)・運賃タイプ「シンプルバニラ」の手荷物制限は?

バニラエア(Vanilla air)の「シンプルバニラ」も、受託手荷物は有料です。

【個数・重量・サイズの制限は?】
手荷物+身の回りの品の2個まで。2つの荷物の合計が10kgまでは無料です。
荷物のサイズは、高さ・幅・奥行きの各辺が56×36×23(cm)以内です。

【制限を超過した場合の、受託手荷物料金は?】
ピーチと同じく、バニラエアの受託手荷物料金も、路線(エリア)で異なります。
東京(成田空港)と札幌・奄美大島・沖縄を結ぶ国内線「エリア1」の場合、20kgまで一律2,000円の追加料金。以降最大100kgまで、1,000円/5kg毎の超過料金がかかります。

※国内線各路線の受託料金は、こちらをご覧ください。
>>⇒バニラエア(Vanilla air)特集|格安航空券センター

【他の運賃タイプの場合は?】
シンプルの他、バニラエアが常時販売している運賃タイプ「コミコミバニラ」は、20kgまでの受託手荷物が運賃に含まれています。不定期に登場するお得なキャンペーン運賃「わくわくバニラ」の場合の手荷物制限は、シンプルと同様です。

■ジェットスター(Jetstar)・運賃タイプ「Starter(スターター)」の手荷物制限

ジェットスターのエコノミー運賃(Starter)では、2015年2月から、持ち込み手荷物の重量制限が10kgから7kgに変更されました。以前ジェットスターをご利用されていた方は注意が必要です。またStarterでは、受託手荷物は全て有料です。

【個数・重量・サイズの制限は?】
手荷物+身の回りの品の2個まで。2つの荷物の合計が7kgまでは無料です。
荷物のサイズは、高さ・幅・奥行きの各辺が56×36×23(cm)以内、もしくは114×60×11(cm)以内のスーツカバーなどが持ち込めます。

【制限を超過した場合の、受託手荷物料金は?】
上記の重量・サイズ規定を超過した場合、受託手荷物として預けることになり、追加料金が発生します。
・15kg以下は、当日申しこめば一律2,600円の追加料金です。
ただし、フライトと同時予約なら1,440円と、LCC各社の中でも格安で荷物を預けられます。
・15kg超過分は、1kgあたり800円(~40kgまで。5kg毎に計算)と、結構高額。

※国内線各路線の受託料金は、こちらをご覧ください。
>>⇒ジェットスター(Jetstar)特集|格安航空券センター

【他の運賃タイプの場合は?】
上位プランにあたる「ちゃっかりPlus」では10kgまで、「しっかりMax(30kgまで)」、またはビジネス運賃では30kgまで受託手荷物の料金が運賃に含まれ、機内持ち込みも14kgまでOkです。

■春秋航空(Spring Japan)…運賃タイプ「スプリング」の手荷物制限

春秋航空のスプリング運賃は、2015年10月から、機内に持ち込める荷物の重量制限が7kgから5kgと厳しくなりました。
しかし、10kg以内の受託手荷物も運賃に含まれているので、合計すれば15kgまでOKです。
今回比較したLCC各社のスタンダードな運賃の中では、もっとも多くの手荷物が追加料金無しで持ち運べます。

【個数・重量・サイズの制限は?】
手荷物+身の回りの品、2個の合計が5kgまでは、機内に持ち込めます。
荷物のサイズは、高さ・幅・奥行きの3辺の合計が115cm以内、各辺56×36×23(cm)まで。

【制限を超過した場合の、受託手荷物料金は?】
国内線で手荷物を預ける場合、web申し込みなら5kg毎に750円、コールセンター申し込みなら5kg毎に1,000円、空港で申し込むと5kg毎に1,500円の受託手荷物料金がかかります。
30kgの荷物を当日空港で預けようとすれば、その追加料金は9,000円。スプリング運賃で10kg以上の荷物を預けるなら、なるべく事前にwebから申し込んでおきましょう。

【他の運賃タイプの場合は?】
春秋航空で最も高い運賃タイプとなる「スプリングプラス」では、機内持ち込み手荷物の制限はそのまま、20kgまでの受託手荷物が運賃に含まれています。
スプリング以上の超格安料金で販売される不定期のキャンペーン運賃「ラッキースプリング」の場合、運賃に含まれるのは機内持ち込みの5kgのみ。受託手荷物はすべて別料金となるので注意が必要です。

■LCCの手荷物についてまとめると…

春秋航空のスプリング運賃を除き、受託手荷物は全て有料となる各LCCの格安プラン。

7kg、10kgの手荷物といえば、2、3泊分の洋服だけでもいっぱいいっぱい。また、サイズ制限も結構厳しく、ハンドルの突起やポケットの膨らみも含まれます。
搭乗前には、持ち込む荷物の重量とサイズをしっかりチェックしておきましょう。

チケット料金だけで選ぶと、思わぬ出費につながります。
長期の旅行や、帰りのお土産で荷物が多くなる場合は、事前にホテルや帰省先に荷物を届けたり、預ける荷物も運賃に含まれているチケットを購入することも検討して、LCCの格安航空券を賢く・お得に使いこなししましょう!

関連記事

格安航空券の検索はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

格安航空券センターはANA・JALの国内発着便(札幌、羽田、中部、小松、伊丹、関空、神戸、福岡、鹿児島、沖縄を中心に)をメインに格安航空券を販売しております。当日の最大3時間前まで格安航空券が購入可能です。

このページの先頭へ